あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

ジュニア用テニスラケット人気おすすめ10選!知っておきたい選び方も解説

スポシル編集部

公開日 :2018/06/30

更新日 :2019/09/11

この記事ではおすすめのジュニアテニスラケットについて紹介します。

また、紹介の過程で軟式と硬式ラケットの違いやラケットを選ぶ時のポイントも解説します。

この記事を読んで自分に合ったラケットを選びましょう。

【ウィルソン】テニスラケット人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

軟式と硬式のラケットの違い


出典:amazon.co.jp
軟式と公式のテニスラケットは、見た目ではそれほど違いがありません。
しかし、実は性能が全く異なっています。
主にガット・シャフト・グリップに違いがあります。
また、ラケットの形状の違いから打面やラケットの持ち方にまで違いが出てきます。
軟式と硬式では、それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

  • 軟式用ラケットの特徴
  • 硬式用ラケットの特徴

軟式用ラケットの特徴

軟式用ラケットはガットのテンションが柔らかく、強度は18~35で張ってあります。
ちなみにガットとはテニスラケットのフェイス部分に張る糸のことを言います。
軟式ラケットのガットは柔らかいため自分で張ることが可能です。

また、軟式は硬式ラケットと比べてシャフト(スロート)と呼ばれるフェイス下の三角形の部分が長く作られています。
加えて、硬式には2本シャフトのものしかありませんが、軟式にはシャフトが1本のものと2本のものとがあります。
軟式ラケットのグリップは2つの面が広い八角形であるという特徴もあります。

しかも、軟式のラケットには面とグリップの境目に公認マーク(緑色のSTA)が付いているため判別しやすくなっています。
以上がラケット本体についての話でしたが他の特徴として、軟式テニスは片面しか使用せず、フォアハンドもバックハンドも同じ側の面で打つことになります。
ラケットの持ち方もイースタングリップという手の甲を上にすることでラケットが地面と平行状態にある持ち方をします。

硬式用ラケットの特徴

硬式用ラケットはフレームの強度が強く重く作られています。
理由は、硬式のボールは硬くて重いため、返球時にかかる大きな負担にも耐えられるようにするためです。

また、ガットのテンションが硬く、強度は40~70で張ってあります。
硬式のガットはかなり硬いため自分で張ることは非常に難しいです。

そのため、スポーツ店などで張ってもらう必要があります。
硬式ラケットのその他の特徴としては、2本シャフトのものがない、グリップは正八角形であるといったことが挙げられます。
硬式ラケットは両面を使ってボールを打ち返すことができることや、ウエスタングリップという地面に対して垂直にラケットを構えるという特徴もあります。

ジュニア用ラケットの選び方


ジュニアラケットを選ぶ際に気をつけるポイントをご存知ですか?
身長はもちろんですが、それだけでは自分にピッタリのラケットを選ぶことはできません。
また、自分に合っていないことによるデメリットは大人よりも子供のほうが顕著に表れると言われています。

テニスプレイヤーは1000回くらい平気で打ち続けることができなければいけません。
1000回も一生懸命に打つことはジュニアプレイヤーには体力的に考えてかなり難しいことです。
そのため、一生懸命に打たなくてもいいショットが生み出せる自分に合ったラケットが必要になってくるのです。
ジュニアラケットを選ぶ際のポイントをしっかりと抑えて、自分にあったラケットを見つけてください。

身長に合ったラケットを選ぶ

自分に合ったテニスラケットを選ぶ1つ目のポイントは「身長に合ったラケットを選ぶこと」です。
ジュニア用のテニスラケットの長さは、5種類あります。

長さによって19インチ、21インチ、23インチ、25インチ、26インチと名前が付けられています。
それぞれのインチの目安となる身長は、19インチ:身長95cm~105cm、21インチ:身長95cm~115cm、23インチ:身長105cm~125cm、25インチ:身長115cm~135cm、
26インチ:身長125cm~145cmです。

重さのあったラケットを選ぶ

自分に合ったテニスラケットを選ぶ2つ目のポイントは「重さの合ったラケットを選ぶこと」ことです。
体格にもよりますが、ジュニアであれば270g以下を基準に選びましょう。

ただ、実際に振ってみると感じる重さは変わってくるため、体格がよかったりレベルによっては300g前後のラケットを試してみましょう。
大人用のボールで試合ができるレベルであれば、これぐらいの重さであれば振れるはずです。

スポンサードサーチ

ジュニア用テニスラケットの人気おすすめ10選

ヨネックス(ヨネックス) 硬式用テニスラケット Vコアエスアイ23ジュニア VCSI23JG-705 (Jr)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る





Prince(プリンス) [ガット張り上げ済] ジュニア 硬式テニス ラケット シエラ ガール21 7TJ059

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る




SRIXON(スリクソン) 硬式テニスラケット REVO 23(張り上げ) SR21406

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る




Wilson(ウイルソン) ジュニア用硬式テニスラケット [ガット張り上げ済] Burn Team 23 (バーン チーム 23) WRT209700

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る









Prince(プリンス) [ガット張り上げ済] ジュニア 硬式テニス ラケット ツアー26 7TJ049

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る





ヨネックス ラケット テニス ジュニア 硬式テニス用ラケット(2~3歳向け) VCORE Vコアジュニア19(張り上り) (国内正規品)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る






Kaiser(カイザー) JR (ジュニア) テニス ラケット セット KW-925 ケース付 レジャー ファミリースポーツ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る






Wilson(ウイルソン) ジュニア用硬式テニスラケットセット [ガット張り上げ済] BEAR RACKET SET (ベアーラケットセット) WRT6164E

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る






サクライ貿易(SAKURAI) CALFLEX(カルフレックス) テニス 硬式 ラケット KIDS用 ステージ2 ステージ3 イエローxブルー CAL-23III BL

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る




自分にあったラケットを選ぼう

ソフトテニス ラケット おすすめ
ジュニアテニスプレイヤーのラケット選びが難しい理由は、「子供は大人と比べて体格に差があり筋力も十分に発達していないにも関わらず、試合で使うコートとボールは大人と同じ」だからです。
むしろ、だからこそラケットだけは自分に合ったものを選ぶ必要があります。
この記事からジュニアテニスラケットを選ぶ際のポイントを学び、自分に合ったラケットをぜひ手に入れてください。

テニスナイロンガットの選び方と人気おすすめ10選!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定