あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ロードバイクroad bike

ブリヂストンのロードバイク人気おすすめ10選!

スポシル編集部
更新日 :2018/08/03

安全性がとても高く、シティサイクルやママチャリとしても有名となっているブリヂストンですが、これからブリヂストンを購入してみたい、ぜひブリヂストンの自転車に乗ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

ブリヂストンのロードバイクブランド

  • レースやロングライドに挑戦をしたいのなら「ANCHOR」
  • 街乗りに適した「グリーンレーベル」
  • ファッションアイテムとして選ぶなら「HELMZ(ヘルムズ)」

ブリヂストンのロードバイクとは言っても、様々あるのをご存知でしょうか。
用途に合わせてブランドを選ぶ事が重要なのですが、ブリヂストンには大きく分けて2つのロードバイクブランドがあります。
そこで、用途に合わせてロードバイクを選ぶことが重要になってきます。

レースやロングライドに挑戦をしたいのなら「ANCHOR」

ANCHORはブリヂストンのロードバイクと言っても過言ではないです。

実際、ブリヂストンについてあまりよく知らないけれども、ANCHORは知っているという人も少なくはなく、ANCHORは本格派のロードバイクを製造しています。

レースやロングライド向きとなっていて、長時間乗っていても疲れにくい性能となっています。

街乗りに適した「グリーンレーベル」

ブリヂストンのグリーンレーベルは服を着るように、靴を履くように、自然と乗れる自転車を追求するブランドとなっており、伝統的なクラシックデザインを活かしたクエロだけではなく、スタイリッシュ、スポーティー要素が入っているフィットネスバイク・シルヴァといったように、まさに街乗りに適しているモデルもあります。

その他にも28~32mmのタイヤを装備しているので、多少の段差も気軽に乗り越えていく事ができるようになっているため、どんな街でも気軽に乗ることができます。

ファッションアイテムとして選ぶなら「HELMZ(ヘルムズ)」

narifuriとタッグを組んだヘルムズとして一躍有名にもなっているのですが、街乗りも良いけれど、見た目にしっかりとこだわりたいという人向けに作られており、見た目の良さやモデルコンセプトに惹かれて選びたいと思っている人ならこの自転車なのではないでしょうか。

ロードバイクのタイヤに関する記事はこちら!↓
【用途別】ロードバイクのタイヤの選び方とおすすめタイヤ10選

フレームの素材

  • 軽量かつ低コスト、定番素材の「アルミ」
  • 重量はあるがしなやかで乗り心地の良い「クロモリ」
  • コンペティションスペックの「カーボン」

次に、フレームの材質、素材で自転車を選ぶことが大切なのですが、この素材については価格と相談をしながら決めることが重要ではありますが、人によって好みが大きく分かれます。

軽量かつ低コスト、定番素材の「アルミ」

重量の軽さや乗り心地ではカーボンに及ばないですが、それでも高いフレーム剛性を実現し、耐久性もとても高いため、あまりお金がない、安く抑えたいという人にはオススメです。アンカーでは、アルミフレームの弱点である路面からの衝撃を緩和するため、フロントフォークにカーボンが採用されており、安いながらも十分過ぎる程の機能を発揮してくれます。

初心者ならば迷わずこちらを選ぶと良いかもしれません。

重量はあるがしなやかで乗り心地の良い「クロモリ」

クロモリは最も伝統のある素材としても知られているのですが、耐久性、しなりのある剛性、乗り心地、価格面でバランスのとれた素材となっています。

それだけでも信頼を得るのですが、さらにはブリヂストンが誇る「NEO-COT」成型技術によって作られているため、とても美しいフォルムを演出してくれて、乗り心地だけではなく、機能美をより追求したいという人にはオススメです。

コンペティションスペックの「カーボン」

一度は聞いたことがあるという人も多いのがこのコンペティションスペックの「カーボン」です。

カーボンはとても高価で、カーボンフレームの魅力は、重量の軽さとパワーロスを防ぐ高い剛性、乗り心地の良さをバランスよく実現しているものの、やはり傷に弱いという弱点はあります。

カーボンで高価とはなっているものの、レースやヒルクライムに挑戦するなら迷わずコンペティションスペックの「カーボン」ではないでしょうか。
【ロードバイク】男女別の服装人気おすすめ20選

スポンサードサーチ

ロードバイクの選び方!

  • 慎重にあったサイズ
  • コンポーネントのグレード
  • デザイン

次に、ロードバイクはどのように選んだら良いのか自分にあったロードバイクの選び方を紹介します。デザイン、サイズ、グレード、素材などを決めていき自分にあったロードバイクを探しましょう。

身長に合ったサイズ

見た目、機能性を重視するのも良いですが、最も重視しなければいけないのが身長に合ったサイズを選ぶことです。

どんな見た目が美しく、機能性がとても良いものだとしても、自分の身長に合ったサイズではなければそれは無駄な出費と言えるのではないでしょうか。

そこで、身長、股下、腕の長さや体力、用途にあったものを選ぶことが大切です。

そして、購入する際は見た目や説明だけで判断をしてしまうのではなく、実際にサイクルショップでトップチューブを跨いで試乗し、自分に合っているか、これで大丈夫なのかを判断することが大切です。

コンポーネントのグレード

ギア周りの駆動部やブレーキなどをまとめた呼び方で、フレームの次に価格を構成し、走行性能に直結するコンポーネントですが、ブリヂストンのロードバイクは、メインのコンポーネントには世界的にも評価の高いシマノのコンポーネントを採用している事でも知られていますが、何といっても、ュラエース・アルテグラ・105(以上11速)・ティアグラ(10速)、ソラ(9速)、クラリス(8速)となっていて、ハイグレードのものほど、正確かつスムーズな操作性があり、こだわりたい点ではないでしょうか。

また、軽量化されているため、このコンポーネント選びは慎重に選ぶことが大切です。

しっかりと自分に合ったコンポーネントを選ぶことで、ロードバイクの確かな走りを引き出してくれます。

デザイン

ロードバイクを購入する際にデザインを重視したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

実際にデザイン選びというのはとても大事なことで、このロードバイクのデザインを適当に選んでしまうと「飽きてしまう」という事に繋がるので慎重にデザインを選ぶことが大切です。

ロードバイクのグローブに関する記事はこちら!↓
ロードバイクのグローブ人気おすすめ10選

人気おすすめブリジストンロードバイク10選

BRIDGESTONE(ブリヂストン) CHERO700 DROP(クエロ700 ドロップ) ロードバイク 2015年 510サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) ロードバイク CYLVA(シルヴァ) D16 マット&グロスホワイト D1649 490mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


フェンダーやスタンドをカスタムすることができ、D16が2×8段の計16段に対し、D18は2×9段の計18段となっているため、コスト優先にしたいという人はD16がオススメです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ヘルムズ HELMZ H2X フラットロードバイク(1x10段) 510mm Tストロングデザート 1B54AB 完成車

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


HELMZ(ヘルムズ) ピストバイク 550mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


しかし、ギアを変えることができないので坂には弱く、更にH2Xと同じく32mm幅のブロックタイヤを履いているため、スピード感もほどほどとなっています。

初心者向けで、初めてロードバイクを購入する人にはぜひ乗って欲しいロードバイクです。

C) ANCHOR(アンカー) RS6 SPORT(RS6 スポーツ) ロードバイク 2016年 460サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


申し分ないスペックで、レースへ挑む方へ安心しておすすめできるモデルとなっています。

ANCHOR(アンカー) RFA3 EX(RFA3 EX) ロードバイク 2016年 440サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


ハンドルにはセーフティーレバーも付いていたりと、安全面ではしっかりとしている優れものです。

ANCHOR(アンカー) RL6(RL6) ロードバイク 2017年 -サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


また、長く付き合える自転車としても愛されています。

ANCHOR(アンカー) RNC7(RNC7) ロードバイク 2015年 520サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


390mmという小さなフレームサイズにも対応しているため、小柄な人でも安心して乗ることができます。

ANCHOR(アンカー) RNC7 EQUIPE(RNC7 エキップ) ロードバイク 2009年 570サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


長く乗っても疲れにくい構造は、ロードバイクを純粋に楽しみたい人にはぴったりとも言えるのではないでしょうか。

ANCHOR(アンカー) RNC3 SPORT(RNC3 スポーツ) ロードバイク 2012年 550サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


また、身近にアレンジした「ネオコットスタンダード」となっているため、安全性は優れていて、初心者から上級者まで楽しむことができます。

スポンサードサーチ

まとめ

ロードバイクの性能や機能面からオススメのロードバイクまで幅広く紹介をしましたがいかがでしたか。

紹介したロードバイクはどれも初心者から上級者まで安心して利用をすることができ、比較的値段が安いものの、機能面や安全性は申し分なく、長年使い続けることが出来る優れものになっています。

そして、もっとグレートアップしたい、もっとプロに近づけたいという人は、まずは初心者のロードバイクに乗ってから検討してみても良いのではないでしょうか。

合わせて読みたい!

 

安全性がとても高く、シティサイクルやママチャリとしても有名となっているブリヂストンですが、これからブリヂストンを購入してみたい、ぜひブリヂストンの自転車に乗ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

スポンサードサーチ

ブリヂストンのロードバイクブランド

レースやロングライドに挑戦をしたいのなら「ANCHOR」

・街乗りに適した「グリーンレーベル」
・ファッションアイテムとして選ぶなら「HELMZ(ヘルムズ)」
・ブリヂストンのロードバイクとは言っても、様々あるのをご存知でしょうか。
・用途に合わせてブランドを選ぶ事が重要なのですが、ブリヂストンには大きく分けて2つのロードバイクブランドがあります。
そこで、用途に合わせてロードバイクを選ぶことが重要になってきます。

レースやロングライドに挑戦をしたいのなら「ANCHOR」

ANCHORはブリヂストンのロードバイクと言っても過言ではないです。

実際、ブリヂストンについてあまりよく知らないけれども、ANCHORは知っているという人も少なくはなく、ANCHORは本格派のロードバイクを製造しています。

レースやロングライド向きとなっていて、長時間乗っていても疲れにくい性能となっています。

街乗りに適した「グリーンレーベル」

ブリヂストンのグリーンレーベルは服を着るように、靴を履くように、自然と乗れる自転車を追求するブランドとなっており、伝統的なクラシックデザインを活かしたクエロだけではなく、スタイリッシュ、スポーティー要素が入っているフィットネスバイク・シルヴァといったように、まさに街乗りに適しているモデルもあります。

その他にも28~32mmのタイヤを装備しているので、多少の段差も気軽に乗り越えていく事ができるようになっているため、どんな街でも気軽に乗ることができます。

ファッションアイテムとして選ぶなら「HELMZ(ヘルムズ)」

narifuriとタッグを組んだヘルムズとして一躍有名にもなっているのですが、街乗りも良いけれど、見た目にしっかりとこだわりたいという人向けに作られており、見た目の良さやモデルコンセプトに惹かれて選びたいと思っている人ならこの自転車なのではないでしょうか。

フレームの素材

・軽量かつ低コスト、定番素材の「アルミ」
・重量はあるがしなやかで乗り心地の良い「クロモリ」
・コンペティションスペックの「カーボン」
次に、フレームの材質、素材で自転車を選ぶことが大切なのですが、この素材については価格と相談をしながら決めることが重要ではありますが、人によって好みが大きく分かれます。

軽量かつ低コスト、定番素材の「アルミ」

重量の軽さや乗り心地ではカーボンに及ばないですが、それでも高いフレーム剛性を実現し、耐久性もとても高いため、あまりお金がない、安く抑えたいという人にはオススメです。アンカーでは、アルミフレームの弱点である路面からの衝撃を緩和するため、フロントフォークにカーボンが採用されており、安いながらも十分過ぎる程の機能を発揮してくれます。

初心者ならば迷わずこちらを選ぶと良いかもしれません。

重量はあるがしなやかで乗り心地の良い「クロモリ」

クロモリは最も伝統のある素材としても知られているのですが、耐久性、しなりのある剛性、乗り心地、価格面でバランスのとれた素材となっています。

それだけでも信頼を得るのですが、さらにはブリヂストンが誇る「NEO-COT」成型技術によって作られているため、とても美しいフォルムを演出してくれて、乗り心地だけではなく、機能美をより追求したいという人にはオススメです。

コンペティションスペックの「カーボン」

一度は聞いたことがあるという人も多いのがこのコンペティションスペックの「カーボン」です。

カーボンはとても高価で、カーボンフレームの魅力は、重量の軽さとパワーロスを防ぐ高い剛性、乗り心地の良さをバランスよく実現しているものの、やはり傷に弱いという弱点はあります。

カーボンで高価とはなっているものの、レースやヒルクライムに挑戦するなら迷わずコンペティションスペックの「カーボン」ではないでしょうか。

スポンサードサーチ

ロードバイクの選び方!

・慎重にあったサイズ
・コンポーネントのグレード
・デザイン
次に、ロードバイクはどのように選んだら良いのか自分にあったロードバイクの選び方を紹介します。デザイン、サイズ、グレード、素材などを決めていき自分にあったロードバイクを探しましょう。

身長に合ったサイズ

見た目、機能性を重視するのも良いですが、最も重視しなければいけないのが身長に合ったサイズを選ぶことです。

どんな見た目が美しく、機能性がとても良いものだとしても、自分の身長に合ったサイズではなければそれは無駄な出費と言えるのではないでしょうか。

そこで、身長、股下、腕の長さや体力、用途にあったものを選ぶことが大切です。

そして、購入する際は見た目や説明だけで判断をしてしまうのではなく、実際にサイクルショップでトップチューブを跨いで試乗し、自分に合っているか、これで大丈夫なのかを判断することが大切です。

コンポーネントのグレード

ギア周りの駆動部やブレーキなどをまとめた呼び方で、フレームの次に価格を構成し、走行性能に直結するコンポーネントですが、ブリヂストンのロードバイクは、メインのコンポーネントには世界的にも評価の高いシマノのコンポーネントを採用している事でも知られていますが、何といっても、ュラエース・アルテグラ・105(以上11速)・ティアグラ(10速)、ソラ(9速)、クラリス(8速)となっていて、ハイグレードのものほど、正確かつスムーズな操作性があり、こだわりたい点ではないでしょうか。

また、軽量化されているため、このコンポーネント選びは慎重に選ぶことが大切です。

しっかりと自分に合ったコンポーネントを選ぶことで、ロードバイクの確かな走りを引き出してくれます。

デザイン

ロードバイクを購入する際にデザインを重視したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

実際にデザイン選びというのはとても大事なことで、このロードバイクのデザインを適当に選んでしまうと「飽きてしまう」という事に繋がるので慎重にデザインを選ぶことが大切です。

人気おすすめブリジストンロードバイク10選

BRIDGESTONE(ブリヂストン) CHERO700 DROP(クエロ700 ドロップ) ロードバイク 2015年 510サイズ

BRIDGESTONE(ブリヂストン) CHERO700 DROP(クエロ700 ドロップ) ロードバイク 2015年 510サイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) クロスバイク CYLVA(シルヴァ) F24 VF2439 マットグロスブラック 390mm

ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) クロスバイク CYLVA(シルヴァ) F24 VF2439 マットグロスブラック 390mm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

フェンダーやスタンドをカスタムすることができ、D16が2×8段の計16段に対し、D18は2×9段の計18段となっているため、コスト優先にしたいという人はD16がオススメです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ヘルムズ HELMZ H2X フラットロードバイク(1x10段) 510mm Tストロングデザート 1B54AB 完成車

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ヘルムズ HELMZ H2X フラットロードバイク(1x10段) 510mm Tストロングデザート 1B54AB 完成車

Amazonで詳細を見る
HELMZ(ヘルムズ) ピストバイク 550mm

HELMZ(ヘルムズ) ピストバイク 550mm

Amazonで詳細を見る

しかし、ギアを変えることができないので坂には弱く、更にH2Xと同じく32mm幅のブロックタイヤを履いているため、スピード感もほどほどとなっています。

初心者向けで、初めてロードバイクを購入する人にはぜひ乗って欲しいロードバイクです。

C) ANCHOR(アンカー) RS6 SPORT(RS6 スポーツ) ロードバイク 2016年 460サイズ

C) ANCHOR(アンカー) RS6 SPORT(RS6 スポーツ) ロードバイク 2016年 460サイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

申し分ないスペックで、レースへ挑む方へ安心しておすすめできるモデルとなっています。

ANCHOR(アンカー) RFA3 EX(RFA3 EX) ロードバイク 2016年 440サイズ

ANCHOR(アンカー) RFA3 EX(RFA3 EX) ロードバイク 2016年 440サイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ハンドルにはセーフティーレバーも付いていたりと、安全面ではしっかりとしている優れものです。

ANCHOR(アンカー) RL6(RL6) ロードバイク 2017年 -サイズ

ANCHOR(アンカー) RL6(RL6) ロードバイク 2017年 -サイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

また、長く付き合える自転車としても愛されています。

ANCHOR(アンカー) RNC7(RNC7) ロードバイク 2015年 520サイズ

ANCHOR(アンカー) RNC7(RNC7) ロードバイク 2015年 520サイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

390mmという小さなフレームサイズにも対応しているため、小柄な人でも安心して乗ることができます。

ANCHOR(アンカー) RNC7 EQUIPE(RNC7 エキップ) ロードバイク 2009年 570サイズ

ANCHOR(アンカー) RNC7 EQUIPE(RNC7 エキップ) ロードバイク 2009年 570サイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

長く乗っても疲れにくい構造は、ロードバイクを純粋に楽しみたい人にはぴったりとも言えるのではないでしょうか。

ANCHOR(アンカー) RNC3 SPORT(RNC3 スポーツ) ロードバイク 2012年 550サイズ

ANCHOR(アンカー) RNC3 SPORT(RNC3 スポーツ) ロードバイク 2012年 550サイズ

Amazonで詳細を見る

また、身近にアレンジした「ネオコットスタンダード」となっているため、安全性は優れていて、初心者から上級者まで楽しむことができます。

スポンサードサーチ

まとめ

ロードバイクの性能や機能面からオススメのロードバイクまで幅広く紹介をしましたがいかがでしたか。

紹介したロードバイクはどれも初心者から上級者まで安心して利用をすることができ、比較的値段が安いものの、機能面や安全性は申し分なく、長年使い続けることが出来る優れものになっています。

そして、もっとグレートアップしたい、もっとプロに近づけたいという人は、まずは初心者のロードバイクに乗ってから検討してみても良いのではないでしょうか。

合わせて読みたい!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike