あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

着圧タイツの効果や選び方の解説と人気おすすめ5選紹介

スポシル編集部

公開日 :2018/06/28

更新日 :2020/06/29

着圧タイツは多くのメーカーから販売されているため、どれを買ったらよいのか迷う方も少なくありません。

どのような効果が期待され、選ぶ際に気をつけたいポイントなども紹介していきます。

また、おすすめの着圧タイツ5選なども紹介しますので、今回の記事でしっかりと疑問を解決していきましょう。

目次

スポンサードサーチ

着圧タイツとは?

着圧タイツとは脚に圧を加えることで、むくみやだるさなどの不快感を和らげたり、予防してくれたりするタイツのことをいいます。

気軽にむくみ解消やむくみ対策として着用でき、履くだけと簡単で便利な商品です。

しかし、着圧タイツを着用するにあたっての注意点もいくつかあります。
注意点をしっかり守り、安全に使用しましょう。

着圧タイツの効果


  • むくみ解消

  • 保温効果があり暖かい!

  • ダイエット

  • 寝る時でも履けるのか?

むくみ解消

そもそも、むくみとはどのような状態なのでしょうか。本来、正常な働きをしている体では、水分血管リンパ管などから吸収しています。

しかし、その機能が正常に働かなくなると、血管やリンパ管から吸収できなかった水分が、細胞と細胞の間にたまってしまいます。これが”むくみ”です。

むくみの原因として最も多いのが、立ち仕事や、デスクワーク、妊娠、産後です。

立ち仕事やデスクワークをしている方は、脚の血液が滞りやすくなります。
足は心臓から離れているのと、重力の影響を受け血液が下にたまりやすくなるためです。

そのため、血液の滞りが原因で立ち仕事やデスクワークの方はむくみが起こりやすくなります。

また、妊娠中は血液の循環量が増えることと、子宮が大きくなり静脈が圧迫されるこが原因でむくみが起こりやすくなります。

これらのむくみを抱える方々には、着圧タイツの着用が効果的です。

保温効果があり暖かい!

冷え性に悩まされている女性は少なくありません。そんな女性にも着圧タイツは強い味方です。
タイツは冬に履くことが多いため、裏起毛やデニール(タイツを編んでいる糸の太さ)が高く厚手のものなど、保温性のある着圧タイツが多く販売されています

また、普通のタイツと違い、着圧が強いため肌により密着します。
肌により密着することで体温を逃がしにくく、暖かいのです。

ダイエット

ダイエット効果を求めるのであれば、エクササイズ効果がうたわれたスポーツ・フィットネスタイプを選ぶとよいでしょう。

本来、むくみを改善したり引き締め効果でスタイルをすっきり見せたりというのが着圧タイツの目的。したがって、直接的にダイエット目的ということであれば、多少遠回りですね。

しかし、スポーツ・フィットネスタイプなら、筋肉の動きに負荷をかけて消費カロリーをアップさせる効果が期待できます
ウォーキング、ランニングをはじめ、ヨガやピラティスなどのときに使うと、よりいっそうシェイプアップ効果がありそうです。

寝る時でも履けるのか?

寝る時には「おやすみ用」「夜用」の表示があるものを履いたほうがよいでしょう。こちらもメーカーによってさまざまですが、通気性をよくする編み方や素材を用いるなど、多くの工夫がなされています。

一般的なものに比べ、接触冷感素材によるひんやり感をアップさせ、通気性をより高めてサラサラ感を求めています。
さらに、太もも、ヒップなどに引き締め効果を特化したタイプもあります

昼も夜も同じものであれば、蒸れたり圧迫感を感じたりして、ぐっすり眠れないこともあるようです。
圧力設計も綿密に計算してあるので、寝る時は「おやすみ用」「夜用」がおすすめです。

スポンサードサーチ

選び方

着圧タイツには様々な種類があります。
着用時の圧の強さUVカット加工がされているか、厚手が良いのか薄手が良いのかなど、使用する用途や場面を想像しながら選ぶと選びやすいです。

例えば、夏場に外で着用するのであれば、薄手で通気性が良く、UVカット加工のされている着圧タイツが良いでしょう。

一方で冬場に家の中で寝るときに着用するのであれば、裏起毛や元からもこもこの糸でつくられているもの、就寝時専用の着圧タイツまたは、着圧ソックスが良いでしょう。

このように、自分がどの特徴を優先したいかを決めるだけでも、選ぶ幅は狭まってきます。
次は着圧タイツをタイプ別に紹介していきます。


  • 機能性で選ぶ!

  • 圧力の強さで選ぶ!

  • デニール数で選ぶ!

  • 夏は素材で選ぶ

機能性で選ぶ!

着圧タイツを機能性で選ぼうとすると主に骨盤矯正裏起毛UVカット消臭・抗菌4つの特徴があります。

骨盤矯正

骨盤の歪みの原因は足を組んだりいつも片方の肩に鞄をかけているなどの些細な日常の動作です。

日常の動作は癖になっていることが多く、中々意識しても治すことが難しいことが多いです。

さらに、骨盤の歪みはヒップが下がる原因でもあります。
そんな厄介な骨盤の歪みを履くだけで簡単にサポートしてくれるのが骨盤矯正つきの着圧タイツです。

普段用と就寝時専用の二種類が販売されています。
仕事中にむくみを予防しながら骨盤矯正をしたい方は普段用を、就寝時にむくみを改善しながら骨盤矯正をしたい方は就寝時専用がおすすめです。

裏起毛

冬場に大活躍する裏起毛の着圧タイツは、裏起毛で暖かいタイツだけでなく、発熱加工の施しているタイツもあります。

また、編み方を部分的に変えることにより冷えやすいつま先を特に暖かくつくっているタイツもあります。

むくみやすい方は冷え性であることが多いため、冷えが気になる方は特に発熱加工や裏起毛の着圧タイツを選ぶと良いです。
むくみ防止だけでなく、冷え防止にも効果があります。

UVカット

美白を重視する女性にとって、夏場の日焼け対策は欠かせません。
しかし、毎日忙しい朝に脚にまで日焼け止めを塗るのは大変ですよね。

そんな方におすすめなのが、UVカット加工つきの圧着タイツです。履くだけで日焼け対策ができ、さらに着圧で足を細く見せてくれるため、夏場に大活躍する着圧タイツです。

消臭・抗菌

女性はブーツやパンプスを履く機会が多いため、臭いには気を付けている方が多いのではないでしょうか。

着圧タイツにも消臭効果や抗菌効果のあるものなど多くの着圧タイツが販売されています。
汗をかきやすい夏場だけでなく、ブーツをはく冬場にも消臭・抗菌効果のある着圧タイツは大活躍します。

圧力の強さで選ぶ!

着圧タイツは圧力が強ければ強いほど良い効果が得られる訳ではありません
むくみの度合いなどによっても、どの程度の圧力を加えればよいかが変わってきます。

着圧タイツの圧力の表示はどのように見分ければよいのでしょうか?
着圧タイツの圧力表示には「hPa(ヘクトパスカル)」と「mmHg(ミリエイチジー)」という二種類の単位が使われています。
1mmHgは約1.3hPaです。数字が大きくなるほど圧力が高くなり、一般的なむくみの改善には20~30hPaが適しているとされています。

はじめて着圧タイツを着用する場合や、軽いむくみや疲れを改善する場合には、15~20hPaが適しています。

デニール数で選ぶ!

デニールは数が大きくなるほど生地が厚くなり、締め付けも強くなります。

また、当然ですが温かさも増します。基本的に70デニール以下だと透け感があり、70デニール以上だと透け感が無くなります
70~140デニールではストッキングより圧力が強くなりため、むくみや冷え性、血行の改善などの効果が期待できます。

夏は素材で選ぶ

夏向きの着圧タイツの多くは、いわゆる接触冷感素材を利用してつくられています。触るとひんやりと感じる生地ということですね。

従来の素材ではレーヨンやキュプラが接触冷感に優れているといわれていますが、最近ではメーカーによってさまざまな新素材を用いています。
接触冷感だけでなく、吸放湿性、UVカットなどの機能を盛り込んだものもあります

反対に冬用では温熱、保温効果のある素材や裏起毛のものを用いています。これでは暑い季節にはさすがに無理がありますね。

おすすめの着圧タイツ5選

【2個】スリムウォーク 美脚タイツあったか満足プラス S-Mサイズ ブラックx 2個

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

消臭繊維を使用

着圧は足首:21hPa、ふくらはぎ:16hPa、ふともも:11hPaです。80デニールで発熱加工がされています。

つま先と腰回りにのみ裏起毛を使用しており、120デニールになっています。
つま先が厚手だと臭いが気になりますが、スリムウォーク 美脚タイツあったか満足プラスでは消臭繊維を使用していて安心です。

寝ながらメディキュット ボディシェイプ スパッツ 骨盤サポート

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

横になった姿勢での骨盤を優しくサポート

着圧は足首:21hPa、ふくらはぎ:16hPa、ふともも:11hPaです。就寝時専用の骨盤ケア圧着タイツです。
足首の部分はタック編み、ひざの裏の部分はソフト編みと場所によって適した圧になるよう、編み方が変えてあります。

就寝時に快適な骨盤テーピンク加工がされていて、横になった姿勢での骨盤を優しくサポートしてくれます。
@cosmeで一位を獲得したこともある、おすすめの着圧タイツです。

【着圧・弾性ソックス140デニール】美脚・むくみ対策の 魔法のキュットスリム

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

切り返しが目立たなくなっている

着圧は足首:29hPa、ふくらはぎ:19hPa、ふともも:12hPa、です。140デニールで発熱加工などの機能は特にありません。

しかし、他の着圧タイツより強めの圧力による、引き締め感とヒップアップ効果、ウエスト引き締め効果が最大の魅力です。
履き口が見えてしまっても大丈夫なように、切り返しが目立たなくなっています。

脚の部分の生地をそのまま延長したかのような自然な仕上がりです。

スリムウォーク (SLIM WALK) サイズダウンシアータイツ S~Mサイズ ブラック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

より細く見せる効果がある

着圧は足首:21hPa、ふくらはぎ:16hPa、ふともも:11hPaです。50デニールでほんのり透け感があります。

ウエストから足首までのトータルでマイナス6.7センチになることを売りにしている着圧ソックスで、透け感とふとももの間にすきまをつくるように引き締める構造で、より細く見せる効果があります。

お腹抑えから骨盤サポート、美尻メイク、すき間メイクの4つが魅力でどれも女性に嬉しい機能です。

[ZokkoN] モテタイツ 裏起毛 履くだけ-5kg 着圧タイツ 160D 消臭 抗菌

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

冷え対策にはもってこい

着圧は足首:24hPa、ふくらはぎ:16hPa、ふともも:13hPaです。
160デニールで骨盤サポート、UVカット、裏起毛、消臭・抗菌、ハラマキ加工と全ての要素をあわせもつ万能着圧タイツです。

つま先だけではなく、全体が裏起毛のため、冷え対策にはもってこいの着圧タイツです。
160デニールと厚手ですが、見た目以上に履きやすいのが特徴です。

スポンサードサーチ

注意点

持病のある方は着用前に注意が必要です。
糖尿病の患者さんや痛みやしびれなどの感覚を正常に認識できない可能性のある方は着用しないようにしましょう

その他にも、脚に神経障害、血行障害、炎症などがある場合は悪化させる場合があるため、着用前に医師に相談しましょう。

また、サイズは自分にあったものを選ぶようにしましょう。市販の着圧タイツでは、身長や足首の太さなどを基準に選ぶようになっているため、事前に測定していき自分に合うサイズを選ぶと、より効果が期待できます。

逆に圧を強めようと、きついサイズのものを選んでしまうと、痛みやしびれが生じることがあります
そのような症状が現れた場合には直ぐに着用を中止しましょう。

まとめ

どのメーカーを購入しようか迷われている方必見!圧着タイツの選び方をタイプ別に、おすすめの圧着タイツ5選と圧着タイツを履く際の注意点も紹介しました。

機能性で選ぶのなら骨盤矯正、裏起毛、UVカット、消臭・抗菌4つの特徴がありました。

また、着圧の強さは一般的なむくみ改善に着用する場合は20~30hPa、はじめて着圧タイツを着用する場合や軽いむくみの場合は15~20hPaが適しています。

自分の体にあった着圧タイツや着圧ソックスを上手に利用して、むくみや疲れを安全に取り除きましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定