あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

着圧衣類の効果を徹底解説! 

スポシル編集部

公開日 :2018/06/28

更新日 :2019/09/11

着圧効果とはどのような効果なのでしょうか。プロの方や一般の方を問わず、着圧衣類をスポーツシーンで着用している人が多くなりました。しかし、着圧衣類を使ってみたいけれど着用するタイミングがわからない人が多いのではないでしょうか。

今回は着圧衣類の効果や効果が表れるまでの時間、着用するときの注意点まで、これから着圧衣類を使ってみたい人に向けてわかりやすく紹介します。

加圧シャツの効果や選び方に関する記事はこちら↓↓

【今話題のシャツ!!】加圧シャツの効果や選び方と人気おすすめ9選

目次

スポンサードサーチ

着圧衣類の効果!

着圧 効果
着圧衣類と聞いて最初に思い浮かぶのがタイツではないでしょうか。タイツのように体に適度な圧力をかけることで、さまざまな効果があると言われています。スポーツシーンで見かける着圧衣類はコンプレッションウェアと呼ばれていて、下半身を覆うタイツタイプ、上半身に身に着けるボディスーツタイプ、ふくらはぎと腕にそれぞれ圧力をかけるカバータイプなど、目的に合わせたタイプの着圧衣類が販売されています。

ここでは着圧衣類の効果について以下の三点をご紹介致します。

  • 着圧衣類にはどんな効果がある?
  • 腕の着圧効果
  • 脚の着圧効果

着圧衣類にはどんな効果がある?

着圧衣類を着ることでさまざまな効果が期待できます。大きく分けると3つのメリットがあるため、順番に紹介していきます。

疲れにくい

1つ目は、疲れにくくなることです。例えば、ランニングや長時間の立ち仕事でふくらはぎに疲れを感じる人が多いのではないでしょうか。そこでタイツタイプの着圧衣類を着ることで、心臓から遠いふくらはぎを適度に圧迫し、血液が心臓に戻りやすくします。血液の循環が良くなることでふくらはぎの疲労を抑えて、回復を早くする効果が期待できます。

また、筋肉に適度な圧力をかけることで、筋肉の揺れを抑えることができます。筋肉の無駄な動きを抑えることによって、筋肉が持つ本来の力を使うことができ、疲労軽減に役立ちます。

姿勢維持



2つ目は、正しい姿勢を維持しやすくなることです。着圧衣類にはテーピングのようにケガを防いでくれたり、関節の動きをサポートしたりする効果があると言われています。例えば、猫背が気になる人はボディスーツタイプの着圧衣類がおすすめです。背筋と腹筋に適度な圧力をかけながら肩甲骨周辺のサポートをしてくれるため、正しい姿勢を維持しやすくなります。

また、ランニングをしていて疲れやすい方にはタイツタイプがおすすめです。タイツタイプは骨盤周りのサポートをしてくれるため、体のブレを抑えて姿勢を安定させてくれます。骨盤周りが安定しないと足に余計な力が入ってしまい、長時間のランニングでは膝や足首を痛めてしまう可能性があります。タイツタイプで骨盤周りをサポートすることで、正しいフォームを保ちながら楽にランニングができるようになるでしょう。

快適性

3つ目は、スポーツ時の快適さをサポートすることです。スポーツをしていて気になることと言えば、汗をかいたときの不快さではないでしょうか。汗を吸収したウェアを着たままにしておくと汗冷えしてしまい、体調を壊してしまう可能性があります。着圧衣類には速乾性のある素材が使われていることが多く、汗をかきやすい夏場でも使うことができます。

また、肌に密着して冬場の冷たい空気に触れにくくするため、防寒対策でインナーとして使うのもおすすめです。

腕の着圧効果

腕に適度な圧力をかけることで、さまざまな効果があると言われています。1つは筋肉や関節を動きやすくする効果です。腕の筋肉に圧力をかけて適度な刺激を与えることによって、筋力を発揮しやすくなると言われています。また、肘関節を覆うことで関節の動きをサポートし、可動域を広げてくれる効果が期待できます。

もう1つは疲労を軽減する効果です。心臓からの血液を循環しやすくすることによって、腕の疲労を軽減し、回復を早めてくれると言われています。腕を酷使する野球選手やバレーボール選手、NBAの選手が利き腕だけに着用する姿も増えてきました。腕を長時間降り続けるマラソン選手も愛用していることから、疲労回復効果を狙っていると言えるでしょう。

脚の着圧効果



どんなスポーツでも脚には多くの負担がかかり、疲労を感じることが多いのではないでしょうか。足に疲労が溜まってくると姿勢が崩れて他の部位にも痛みや疲れを感じる原因になってしまいます。
そこで脚に適度な圧力をかけることによって、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎのポンプ機能を促す働きがあると言われています。ふくらはぎの血流が良くなることによって心臓に血液が戻りやすくなり、全身に血液が循環しやすくなることが期待できます。

また、リカバリー用の着圧衣類も販売されていて、タイツタイプやふくらはぎからかかとにかけて覆うカバータイプがあります。リカバリー用の着圧衣類を着て寝ると、朝起きたときに脚の疲労感が軽減すると言われています。

加圧ベルトに関する記事はこちら↓↓
【トレーニングをより効果的に!!】加圧ベルトの選び方と人気おすすめ9選

着圧効果が表れるまで時間がかかる?

着圧 効果
着圧効果が表れるまでの期間は人それぞれです。着圧衣類を使うスポーツシーン、時間帯によっても変わってくると言えるでしょう。効果を実感したい体の部位によって正しい使い方をすれば、早い段階での効果が期待できます。

ここでは着圧の効果が表れるまでの時間について以下の点でご紹介致します。

    • 着圧衣類を着用して効果が表れる期間
  • 着圧の注意すべき点

着圧衣類を着用して効果が表れる期間



着圧効果が実感しやすい場所は脚と言われています。特にリカバリー用の着圧衣類を着けて寝ると、脚の疲れが楽になっていたという人もいます。睡眠中にふくらはぎを着圧することによって血行が良くなり、むくみの原因となる水分や老廃物を押し出してくれる効果が期待できます。

睡眠中にリカバリー用の着圧衣類を使うときは、ふくらはぎからかかとの部分をクッションなどで10cm程度高くするのがおすすめです。すると血液が心臓に戻りやすくなり、血液の循環が良くなることが期待できます。
SIX-CHANGE(シックスチェンジ)のサイトはこちら

着圧の注意すべき点

着圧衣類には疲労回復や疲労軽減の効果が期待できますが、着用時に注意すべき点があります。
まず1つは、長時間同じ姿勢で座ったりしゃがんだりする時には着用を控えた方がいいでしょう。着圧衣類を着たまま長時間同じ姿勢でいると、ひざなどに集中して圧力がかかってしまいます。すると神経障害などを引き起こす可能性があります。

もう1つは、血行障害などがある人です。着圧衣類は筋肉に適度な圧力をかけるため、血行障害や神経障害がある人が着用すると、しびれや痛みを引き起こす可能性があるため、着用を避けた方がいいでしょう。また、着圧衣類は体に密着するように作られているため、着脱する時に面倒という方も多いのではないでしょうか。そこで着用時に体にワセリンなどを塗っておくと着やすくなり、脱ぐときもスムーズになるためおすすめです

スポンサードサーチ

着圧 効果 まとめ

今回は、着圧衣類の効果や注意点について紹介しました。着圧効果は本当にあるのか疑問に感じていた方にも安心して使ってもらえれば幸いです。着圧衣類を正しく使うことでスポーツや毎日の生活での効果が期待できるでしょう。着圧衣類にはさまざまな種類が販売されているため、まずは気になる体の部位に合わせた着圧衣類を使ってみることをおすすめします。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定