あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ラグビーrugby

【ラグビーのルール】トライでの得点について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/25

更新日 :2019/07/27

ラグビーの最大の醍醐味は「豪快なトライ」ですよね!

本記事では、そんなトライに関するルールや名前の由来。トライに関する記録等に関して解説していきます。

ラグビーの観戦をより楽しみたい方には必見の内容です。

是非ご覧ください。

目次

スポンサードサーチ

トライとは

ラグビーのトライとは、ゴールライン上もしくはゴールライン後方にボールを接地することで決まるラグビーの得点方法の一つになります

一度の得点として一番大きく、5点が加点されます。さらにコンバージョンキックの機会も与えられます。

コンバージョンキックを決めると追加で加点がされます。

多くの場合両チームがこのトライを狙って試合を運んでいくことになります。

トライの名前の由来

トライとは英語の”Try”であり、そのままの意味で”挑戦する”という意味です

昔のラグビーのルールではトライ自体には得点はなく、トライ後のキックにより勝利を得ることができるためキックに挑戦する権利を得る意味でトライと名付けられていました。

極端な例ですが昔のルールではいくらトライを決めてもトライの後のキックを決めれなければ試合は決まらず、逆に一度のトライでもトライ後のキックを決めれば勝利となっていました。

現在ではトライ自体にも得点があり、トライ後のキックによりさらに加点されるルールになっていますが、昔のルールのままトライという名前が使われています。

トライで重要なこと

ラグビーのトライはアメリカンフットボールとはちがいボール又は、ボールを持った手あるいは腕で「下方への圧力」をかけゴールラインまたはゴールライン後方に接地する事でトライとなります

しかしボールを運ぶ腕がゴールラインに達さず接地してしまい、そこからさらにトライを決めるために腕を伸ばす行為は「ダブルムーブメント」という反則になるので注意が必要です。

スポンサードサーチ

トライを決めるとどうなるか

トライ後にはコンバージョンキックというキックの機会を与えられます。

時間を節約するためにドロップキックを選択する場合もあります。

トライ後のコンバージョンキックはトライした地点からタッチラインに平行な線上からのキックになります

より簡単にコンバージョンゴールを決めるためにインゴールエリアの中央に近い位置にトライを決めようとします。

ラグビートライの得点は何点

トライを決めるとトライを決めたチームに5点の加点がされ、コンバージョンキックの機会を与えられます。

コンバージョンキックを決める事で5点の加点に2点を加えた7点に変換され加点されることになります。

5点が7点に変換(コンバージョン)されるのでコンバージョンキックといいます

スポンサードサーチ

スクラムトライとは

スクラムのままボールを保持してインゴールまで押し込みトライをすることを言います。

スクラム中ナンバーエイトが足でボールを保持している場合は防御側のプレイヤーがボールを取りに行くことができないため、スクラムのまま押し込むことで安全に、また確実にトライをすることができます。

スクラムトライので重要なこと

スクラムトライにおいて最も重要なことはスクラムの強さです。

スクラムの強さが相手チームより勝っていると判断した場合はゴール近くでのペナルティをもらった場合スクラムを選択して積極的にスクラムトライを狙っていくことになります。

スクラムで優勢をとられる防御側のチームはゴール近くでのペナルティがトライにつながってくるため、ミスのできないプレッシャーを感じながらのプレーになります。

どんな時にスクラムトライは決めやすいか

安全にトライを決めることができるスクラムトライですがスクラムで押し込むことのできるパワーの差がなくては難しいトライになります。

逆にスクラムで押し込むことのできるチームは決めやすいトライとなります

スクラムが優勢でなくても相手プレイヤーが一時的に退場していたりレッドカードで人数差が出来ているときなどはスクラムトライのチャンスになります。

スポンサードサーチ

おすすめトライ動画

2015ラグビーワールドカップ イングランド大会におけるスーパートライ集です。

華麗なパスワークからの組織的なトライや、個人技で独走してのトライなど「これこそトライだ!」と言わんばかりの見応えある動画となっています。

まとめ

ラグビーの得点方法の一つ、トライについて紹介しました。

ラグビーのトライは試合中で最も盛り上がる場面でもあり、また駆け引きを知ることで観戦する時の楽しみ方が増えます。

トライへの駆け引きに注目して今まで以上に楽しいラグビーの観戦をしましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
Cross country
volleyball
soccer
tennis
baseball
running
basketball
golf
badminton
rugby
road bike