あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
climbing

クライミングのハーネス人気おすすめ10選

スポシル編集部

公開日 :2018/06/26

更新日 :2019/09/11

クライミングハーネスは、大人気のボルダリングから、リードクライミングへとステップアップする際に必要なツールです。特徴により三つのタイプがあるクライミングハーネスの選び方や、人気おすすめ10選を紹介します。

クライミングシューズに履く靴下の選び方と人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

ハーネスとは

クライミング ハーネス おすすめ
クライミングハーネスとは、リードクライミングをする際に、からだにロープを装着するための安全ベルトです。自分のからだだけで壁を登るボルダリングとは違い、リードクライミングでは、クライミング技術とロープワークを駆使する事で、ボルダリングでは決して実現できない高さまで登ることができます。

ハーネスはなぜ必要?

クライミングハーネスは、クライミング時の安全を確保するために必要不可欠なツールです。リードクライミングでは基本的に、クライマーと地面でロープを確保するビレイヤーの二人一組で行います。

インドアクライミングでは、クライマーはハーネスにしっかりとロープを装着し、あらかじめセットしてあるクイックドローにロープを掛けながら登ります。ビレイヤーも同じくハーネスにロープを装着し、クライマーの動きに合わせてロープを出したり引いたりして調節し、常に最適な状態を保ちます。

ハーネスを装着することで、クライマーが誤って落ちた時にも、クイックドローに掛けたロープをビレイヤーがしっかりと確保し、クライマーの落下による事故を防ぎます。 

ハーネスには3つのタイプが

クライミングハーネスには、動きやすさを重視したスポーツタイプ、快適性を考慮したベーシックタイプ、沢登りなど特殊な用途に対応した超軽量タイプの3タイプがあります。それぞれの特徴について以下の3点で説明します。

  • 動きやすいスポーツタイプ
  • ベーシックタイプ
  • 超軽量タイプ

動きやすいスポーツタイプ

スポーツタイプのクライミングハーネスは、軽量で非常に動きやすく、スムーズなクライミングができる点が特徴です。スポーツタイプは、クライミングのコンペティション(競技会)で使用するのに最適なクライミングハーネスです。

スポーツタイプは軽くて動きやすい分、長時間ぶら下がった場合などからだへの食い込みが強く、痛みを感じたり、クライミングツールを掛けるギアラックの数が少なかったりなど、アウトドアで使用する場合にデメリットがあります。

ベーシックタイプ

ベーシックタイプのクライミングハーネスは、動きやすさと快適性のバランスに優れています。ツールを掛けるギアラックの数も多く。スポーツタイプよりはやや重いですが、岩場などアウトドアで使うのに最も一般的なタイプです。

超軽量タイプ

超軽量タイプは、重量が300g以下というやや特殊なクライミングハーネスです。超軽量タイプは、クライミングよりも沢登りやバックカントリーに適していますが、アークテリクスS240という、スポーツクライミングや岩場での使用にも対応した超軽量タイプも存在します。

スポンサードサーチ

クライミングハーネスの選ぶポイント

クライミング ハーネス おすすめ
クライミングハーネスは、リードクライミングを始める人にはインドア、アウトドアのどちらにも必要なツールです。クライミングハーネスは、命を預ける重要な道具ですので、自分にあったモデルを慎重に選びましょう。

クライミングハーネスを選ぶ際のポイントについて以下の5点で説明します。

  • 実際にぶら下がってみる
  • レッグループに余裕があるか
  • ウエストベルトに余裕があるか
  • 岩場ではギアラックも
  • バックルのタイプを確認

実際にぶら下がってみる

クライミングハーネスを選ぶときは、必ず自分のからだにきちんと合っているかが最も重要となります。そのため、ショップで試着して実際にぶら下がって使用してみるのが、賢く選ぶためのポイントとなります。

レッグループに余裕があるか

クライミングハーネスを快適に使用するには、太ももを固定するレッグループのサイズにある程度余裕がなければなりません。レッグループと太ももの間に手を入れた状態で、足を上げても抵抗がないのがベストです。

ウエストベルトに余裕があるか

クライミングハーネスは、腰を固定するウエストベルトにも、安全のために余りができるサイズが適切です。そのため、バックルから10cm程度余りができるサイズを選びましょう。サイズがギリギリだと衝撃でバックルが外れる可能性があり、危険です。

岩場ではギアラックも

岩場などアウトドアでクライミングハーネスを使う時には、クライミング道具を掛けるギアラックを使用します。アウトドアクライミングを快適に楽しむため、使い勝手の良いギアラックのモデルを選びましょう。

バックルのタイプを確認

クライミングハーネスは、腰を固定するウエストベルトのバックルにも数種類のタイプがあります。ウエストベルトを折り返すタイプが一般的ですが、ベルトを締めこむだけのダブルバックルやスピードバックルもあり、使う人の好みで選択できます。

クライミングハーネス人気おすすめ10選

クライミングハーネスで人気のある、おすすめ10選を紹介します。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)モーメンタムDS XS-M スモーク:パウエルブルー BD13059

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ソリューション・メンズ スレート L BD13165

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) ボッド BD13020

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ARC`TERYX(アークテリクス) SL-340 ハーネス SL-340 harness L06974000

Amazonで詳細を見る

PETZL(ペツル) C36AO ヒューロンドス S オレンジ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

PETZL(ペツル) C021AA SAMA サマ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

(マムート) MAMMUT オフィールスピードフィット メンズ 2110-01340

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

[マムート] クライミング ハーネス オフィール キッズ Ophir Kids dark cyan 2020-00810

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

EDELRID エーデルリッド クライミングハーネス FIN 2 フィンII ER71646 ジュニア子供用 XXS アイスミント

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Beal Phantomクライミングハーネス

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スポンサードサーチ

クライミングのハーネスまとめ

クライミングハーネスの選び方や、おすすめの人気10選などを紹介しました。ボルダリングでは不可能な高さまで登れるリードクライミングでは、落下事故を防ぐクライミングハーネスが必需品です。万一に備えて命を守る大切なツールのため、からだに合ったモデルを慎重に選び、安全快適にクライミングを楽しみましょう。
【初心者必見!】クライミングシューズの選び方と人気おすすめ9選!

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)モーメンタムDS XS-M スモーク:パウエルブルー BD13059 Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ソリューション・メンズ スレート L BD13165 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) ボッド BD13020 ARC`TERYX(アークテリクス) SL-340 ハーネス SL-340 harness L06974000 PETZL(ペツル) C36AO ヒューロンドス S オレンジ PETZL(ペツル) C021AA SAMA サマ (マムート) MAMMUT オフィールスピードフィット メンズ 2110-01340 [マムート] クライミング ハーネス オフィール キッズ Ophir Kids dark cyan 2020-00810 EDELRID エーデルリッド クライミングハーネス FIN 2 フィンII ER71646 ジュニア子供用 XXS アイスミント Beal Phantomクライミングハーネス
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定