あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

コーナーキックとは?ルールや得点のコツについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/22

更新日 :2019/05/09

ロシアW杯で大迫選手がコーナーキックから得点を決めたことでコーナーキックという言葉そのものは知っているけれど、詳しいルールはわからないという方も多いはずです。

コーナーキックとはセットプレーのうちの一つで、サッカーで点が入りやすいシーンの一つです。

【サッカー】セットプレーについて徹底解説!

そこで今回はコーナーキックについてのルール、コーナーキックから得点を決めるコツ、コーナーキックの守り方のセオリーについて触れながらコーナーキックを紹介します。

目次

スポンサードサーチ

コーナーキックのルール

コーナーキックによるルールを

  • 再開
  • ボールの位置
  • 禁止事項

の3点から解説します。

コーナーキックによる再開

相手陣内で相手が触れたボールがそのまま相手陣ゴールラインを割った時、コーナーキックによる再開となります。
コーナーキックになる具体例を以下に示します。

  • シュートをキーパーがパンチングしてゴールラインを割った時
  • シュートやセンタリングを相手陣がヘディングなどでクリアしてゴールラインを割った時
  • 相手フィールドプレーヤーが試合状況によりスポーツマンシップとして、スローインを相手陣へ投げてゴールラインを割った時

ボールを置く位置


ボールを置く位置はゴールポストの左右にあるコーナーアークです。

コーナーアークとは自陣側、敵陣側にそれぞれ2箇所あります。敵陣側2箇所あるコーナーアークのうち、ボールが出たところから近いほうのアークを使用し、ボールを置けるのはコーナーアークラインの内側かライン上です。
この中でどこに置くかはキッカーが右利きか左利きか、直接狙っていくか味方陣に合わせていくかによります。そして味方陣に合わせていく場合は、どのように合わせていくかの戦術にもよります。

禁止事項

コーナーキックにおけます禁止事項がいくつかありますので、以下に示します。

    • 相手陣はボールを置いたコーナーアークから9.15メートル以内に近づいてはいけない
    • キッカーは自分がけった後、他の選手がゴールに触れるまで再度自分がボールに触れることはできない

仮にキッカーは自分がけった後、他の選手がゴールに触れるまで再度自分がボールに触れると、相手チームの間接フリーキックとなります。

  • コーナーフラッグは動かしてはいけない

コーナーキックから得点を決めるコツ


出典:https://www.youtube.com
こちらの動画はサッカーロシアW杯のコロンビア戦で大迫選手がコーナーキックから得点をしたシーンです。

相手キーパーそのものと守備戦術を前もって研究しておくことと時間帯を考えるのが最初のコツです。

相手キーパーが急激に曲がって落ちてくるボールに対応するのがあまり上手でないとわかっている場合で、かつ前後半立ち上がり10分以内やハーフタイム間近は直接得点しやすいパターンです。

同じくこの時間帯は味方陣に合わにいっても得点しやすいパターンです。
この理由は、立ち上がりはキーパーと相手陣特にディフェンダーが、試合の流れと攻め手の流れを把握できておらずどう対応すれば防げるか瞬間的に明瞭にイメージしにくい状況だからです。

そしてこの時間帯以外でも、ボールがキーパーから逃げていくような変化をかけたボールやキーパーが出にくい所に精度の高いボールが上がれば、あとは競り合いに強いプレーヤーが決めます。

他にも一旦ショートコーナーを使ってタイミングをずらしディフェンスラインが乱れたところでセンタリングというのも得点が入りやすいです。

スポンサードサーチ

コーナーキックの守り方のセオリー


出典:https://www.youtube.com

まず、監督コーチ陣キーパーディフェンス陣を筆頭にチーム全体が相手の攻撃戦術を熟知していることが必要です。

試合中には、守護神であるゴールキーパーが流れと状況を的確に把握しディフェンス陣に指示を出し、センターバックがキーパーとコミュニケーションをとりディフェンスラインをコントロールしながら絶対に一瞬もマークを外さないように指示を出します。

そしてキッカーが入れてくるカーブがかかっているボールをできれば相手陣の方へちょっとでも大きくクリアを目指します。
一回ボールがこぼれてからは再び流れの中でのプレーになりますので、意識を切り替えての守備が求められます。

具体的には、二列目三列目の選手がシュートやクロスをしてくる可能性もありますのでオフサイドを取れれば、自分達のボールに収められますので意識ポイントの一つです。

コーナーキックのまとめ

コーナーキックについてて紹介しました。言葉はシンプルなものですがコーナーキックによっていろいろなことが起こります。

そしてキッカーの特徴やチーム戦術によっても本当に感動するようなこともあります。
それは劇的な同点シーンなのか試合終了間際の勝ち越しゴールなのか、上記を意識してサッカーを観戦することでさらにサッカーを楽しめるでしょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike