あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
gym

Lyubovi(リュボーヴィ)の内容徹底解説!!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/26

更新日 :2019/09/11

誰でも耳にしたことはあるパーソナルジムのについて説明していきます。今回は一生のリバウンド保証のつくLyuboviについて説明していきます。

Lyuboviの効果について知りたい方はこちら↓

Lyubovi(リュボーヴィ)の効果(メリット)とは?効果が得られる理由を徹底解説!!

目次

スポンサードサーチ

Lyubovi(リュボーヴィ)はどういったトレーニングを行うのか??

Lybovi(リュボーヴィ)で行うトレーニングは、スクワット、デッドリフト、フレンチプレス、ベンチプレス、ランジです。
Lyubovi(リュボーヴィ)のトレーニングで使う器具は、それぞれのトレーニングに合わせて、マット、バーベルラック、ベンチ、ダンベル(パワーブロック)、バトルロープです。

Lybovi(リュボーヴィ)のトレーニングを紹介いたします。
スクワットは、太ももの筋肉(ハムストリングス&大腿四頭筋)です。大きな筋肉なので鍛えることでダイエット効果を上昇できます。
使う器具は、バーベルラックとバーベルです。

Lyubovi(リュボーヴィ)の具体的なトレーニング方法は??

  • スクワット
  • デッドリフト
  • フレンチプレス
  • ベンチプレス
  • ランジ
  • パドルロープトレーニング



スクワット

太もも(大腿四頭筋)の大きな筋肉を鍛えるトレーニング、使う器具は、バーベルラックとバーベルです。
バーベルを肩に乗せ、手の位置は広すぎず肩幅くらいに置き、胸を張り、骨盤を前傾にしてお尻を前に転がすようにします。
胸を張ったままお尻を後ろに向かって引きながら下ろしていきます。その時お尻から太ももの後ろが引っ張られる感覚を確かめます。
太ももが床と平行になるくらいまで下げてそこから上げていきます。お尻の引きが弱いと膝がつま先より前にでるので注意していきます。

デッドリフト

背中、お尻、脚を鍛えるトレーニング、使う器具はバーベルラック、バーベルです。
バーベルを前に持ち、手の幅は肩幅で、膝を曲げて胸を張り、バーベルをラックから持ち上げます。動作に入る前に肩甲骨をしっかりと寄せる事が大切です。この時におへそが出ないように注意します。
背中からお尻が一直線のまま前に上体を倒していきます。この時にお尻を引く動作の同時に行うことがポイントです。下ろす時はバーベルが離れないように、スネに沿って下ろしていきます。
上がってくるときには、再度肩甲骨をしっかりと寄せていくようにすることで、背中、お尻、脚の筋肉を鍛えることができます。

フレンチプレス

二の腕を鍛えるトレーニング、使う器具は、ベンチ、ダンベル(パワーブロック)です。
ベンチに横になり、ダンベルを持ち二の腕をキュッと締めて上げます。
ブレーキをかけながら下ろしていき、二の腕が引っ張られている感覚を確かめます。この時に肘は曲げ過ぎず、伸ばし過ぎず、肩も下に下がり過ぎないようにします。
二の腕の引っ張りを最大限に感じたら二の腕を締めて上げていきます。

ベンチプレス

大胸筋、上腕三頭筋、三角筋部を鍛えるトレーニング、使う器具は、ベンチ、バーベルです。

ベンチに横になり、バーベルの下に目線がくるように手の位置は男性だと中指や人差し指がバーベルの線に当たるように持ちます。女性は小指や薬指に当たるようにします。(肩幅くらい)持ち上げる前に肩甲骨をしっかりと寄せロックします。
持ち上げたら乳頭の位置にバーベルを落としていき、胸にタッチします。タッチしたら持ち上げます。

ランジ

お尻の大臀筋、太ももの大腿四頭筋とハムストリングスを中心に鍛えるトレーニング、使う器具は、マット、ダンベル(パワーブロック)です。
ダンベル(パワーブロック)を両手に持ち、マットの上で足を大きく縦に開き、この時後ろのカカトを浮かすくらい開きます。前傾姿勢で前に体重を乗せます。そのまま前のカカトに体重を落としていくイメージで真下に下ろします。
床ギリギリまで後ろの膝をまげたら、前のカカトを使い押し上げて立ち上がります。これを交互に繰り返します。

バトルロープトレーニング

綱引きで使うようなロープを使い、全身の筋肉トレーニングで、使う器具は、バトルロープです。
体幹を固定してバトルロープの端をそれぞれの手で握ります。上下波を作るように動かしていくことで、肩の筋肉を中心に胸、腕、背中の広背筋や他の体幹の筋肉まで鍛えることできます。

スポンサードサーチ

Lyubovi(リュボーヴィ)のトレーニングメニューの組み方とは??

  • 店舗でのトレーニング
  • 出張トレーニング



店舗でのトレーニング

Lyubovi(リュボーヴィ)では、丁寧なカウセリングを行い、1人1人に合ったメニューを組みます。トレーニングメニューの中には適度な食事制限の指導も入っています。

出張トレーニング

Lyubovi(リュボーヴィ)では、店舗に通わずに自宅やオフィスに出張&個別トレーニングを受けることができます。
カウセリングを行い、1人1人に合ったメニューで、自宅やオフィスで集中してトレーニングができます。またリバウンドを防ぐための食事指導もトレーニングメニューの中に入っていますのでおすすめです。
出張トレーニングで使うダンベル(パワーブロック)、ピラティスポール、体重計、鏡、マットなど必要な器具は全て用意されていますので、カウセリング後、手早くトレーニングに取り組みたい方にはおすすめです。

Lyubovi(リュボーヴィ)のトレーニング時間は??

コース トレーニング回数・トレーニング時間
2ヶ月コース 16回・1回75分
出張2ヶ月コース 16回・1回75分
追加プラン トレーニング回数・トレーニング時間
4回プラン 4回・1回75分
8回プラン  8回・1回75分

スポンサードサーチ

Lyubovi(リュボーヴィ)のトレーニング頻度は??

Lyubovi(リュボーヴィ)のトレーニングは、店舗トレーニングと出張トレーニングの両方があります。
店舗コースは75分16回です。
出張コースも75分16回のマンツーマントレーニングです。
追加プランとして、4回プラン1セッション75分、8回プラン1セッション75分もあります。また、一生リバウンドサポートがあり、卒業後年4回のトレーニングが永年無料なのでおすすめです。
出張パーソナルトレーニング【Lyubovi】

【Lyubovi】

まとめ

Lyubovi(リュボーヴィ)は他のジムにはない一生リバウンドサポートがあり、店舗トレーニングと出張トレーニングがあります。
また、ジムに通いたくても通えない方には出張トレーニングは大人気です。
東京23区どこでも出張可能で、器材ごと出張するので、自宅やオフィスがプライベートジムになり、本格的トレーニングができます。テナント料がかからない分、利用料金を安く抑えられることも他社と比較するポイントです。
また、リバウンドしないように食事指導にも力を入れ、食べながら痩せることも、レッスンを通じて学ぶことができるのでおすすめです。

スポンサードサーチ

合わせて読みたいパーソナルジム記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定