あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

ペナルティエリアについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/17

更新日 :2019/09/11

サッカー観戦をしていると、1番熱が入るのはやはりゴールシーンではないでしょうか。サッカー詳しくなってくると、ゴールに至る過程にも注目し、楽しむことができると思います。でもまずは、ゴール前の攻防から、サッカー観戦に熱中していくことでしょう。

特にゴール近くのペナルティエリア付近の攻防は見ものです。今回はゴール近くの区切られたペナルティエリアと言うエリアについて解説していきたいと思います。ペナルティエリアの意味を知ることで、サッカーをより楽しく観戦できるはずです。

【サッカー】 コートの大きさについて徹底解説! 

目次

スポンサードサーチ

ペナルティエリアとは

ペナルティエリア
サッカーの試合で、ゴールの付近に白い線で2つの長方形で囲われたエリアを見たことがあると思います。1つはゴールエリアといい、2つあるうちの小さい方のエリアです。そしてその外側に大きく囲われたエリアをペナルティエリアといいます。

ペナルティエリアはゴールの端からゴールライン上に16.5m、そしてそこから直角に16.5mのラインを引き、左右を直線で囲われたエリアです。このエリアはただ引かれているわけではなく、意味を含んで区切られています。その意味は、大きく分けて2つあります。

1つは、ゴールキーパーがピッチの中で、プレー中に唯一手を使えるエリアだと言うことです。ゴールキーパーというポジションは、サッカーでも唯一手を使うことが許されるポジションですが、ある程度制限はされています。その制限をするという意味でペナルティエリアが、線で引かれていて、その外側でボールを手で扱ってしまうと、反則となり、相手側のフリーキックとなります。

もう1つは、そのエリア内で自陣側のチームが反則を犯してしまうと、PKを与えてしまうということです。見たことあると思いますが、PKは誰にも邪魔されず、キーパーと1対1で近くからシュートできる権利を得ることができるので、攻撃にとっては大チャンス、守備側にとっては大ピンチとなってしまいます。

よって、攻撃では、いかにペナルティエリア内までボールを持っていけるか、守備側はいかに相手にペナルティエリアに侵入させないかを考えます。観客の歓声を聞いていると、ボールがペナルティエリア付近まで運ばれると一層盛り上がるのもこのためです。

まとめ

ペナルティエリアは手が使えるという意味では、他のポジションのプレーヤーとは違い、その優位性を発揮できる、キーパーにとっては王様になれるエリアです。しかし一方で、このエリアで守備側が反則を犯してしまうと、PKになるので、守備側にとっては、下手にプレーは出来ません。そんな理由で、ペナルティエリアはサッカーの勝敗を決定づける、とても重要なエリアだということがわかると思います。試合観戦する際は、ぜひペナルティエリアの駆け引きや攻防に注目していただけたらと思います。
【サッカー】ハットトリックの意味や語源について徹底解説!!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike