あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ラグビーrugby

ラグビーのスクラムについて徹底解説!

スポシル編集部
更新日 :2018/06/17 00:00

目次

ラグビーにおいて、スクラムはとても重要です。でも、観戦ビギナーの間では、「どんな時に組むのか?」といった素朴な疑問が多いのも確かです。そこで、ラグビーのスクラムにまつわる基本事項を以下で解説します。

スポンサードサーチ

スクラムとは

ラグビー スクラム
スクラムは、試合を再開するセットプレーの1種で、ラグビー独特のルールであり、ラグビーというスポーツを象徴するプレーとも言えます。15人制ラグビーのスクラムは、フォワードのフロントロー(1列目)3人、セカンドロー(2列目)2人、バックロー(3列目)3人の8人が参加します。7人制ラグビーでは、フォワードの3人だけで組みます。

なお、ボールが投入されるまで静止していなくてはいけないとか、投入時にフェイクをしてはいけない、スクラムを故意に崩す行為をしてはいけないなど、スクラムには細かい罰則がたくさん設けられています。

スクラムの重要性

スクラムは、相手側の反則などで権利を得たチームがボールを投げ入れ、そのチームからの攻撃で試合を再開します。ただし、スクラムで押し負けてしまうなどして、相手にボールを奪われてしまう可能性もあります。スクラムでマイボールを奪われると、攻撃のチャンスを失うばかりでなく、相手に得点を与える機会を与えてしまい、一気にピンチに陥ることもあるため、勝敗の行方を左右することも多いのです。

どんな場合にスクラムになるか

スクラムは、ノックオン(ボールを前に落とす)やスローフォワード(ボールを前に投げる)といった反則の後や、ボールがタッチラインを割った後に試合を開始するために行なわれます。また、まれなケースですが、試合中にボールが破裂した場合や、レフェリーがボールの動きを妨害してしまったというケースでも、スクラムによって試合を再開します。
ラグビー7人制と15人制では何が違うのか徹底解説!

スポンサードサーチ

スクラムの人数

ラグビー スクラム

15人制の場合

15人制ラグビーでは、通常フォワードの8人で組みます。つまり、フロントローの左プロップ、フッカー、右プロップ、セカンドローの左ロック、右ロック、バックローの左フランカー、右フランカー、ナンバーエイトが参加します。ボールはスクラムハーフが投げ入れます。

7人制の場合

7人制ラグビーでは、3人のフォワードで組みます。15人制ラグビーにおけるフロントローの3つのポジションに当たります。
ボールは15人制ラグビーと同様に、スクラムハーフが投げ入れます。

スクラムを知ってもっとラグビーを楽しもう

ラグビーにおけるスクラムの定義をはじめ、重要性や組む人数などについて説明しました。スクラムは攻撃の起点になり、得点につながる機会になるばかりでなく、相手に奪われると一気にピンチに陥ります。観戦の上でも重要ですので、以上のポイントを抑えておきましょう。
ラグビー人数について徹底解説!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

サッカー
ラグビーラグビー
ラグビートライについて徹底解説! 
サッカー
ラグビーラグビー
ラグビーのスクラムについて徹底解説!
サッカー
ラグビーラグビー
知って得する!ラグビーキックの種類&蹴り方を徹底解説!
サッカー
ラグビーラグビー
【ラグビー】ラックについて徹底解説
サッカー
ラグビーラグビー
【ラグビー】ポロシャツ人気おすすすめ5選
サッカー
ラグビーラグビー
【ラグビー 】キックティー人気おすすめ5選
【三段跳日本一の山本選手監修】三段跳とは?
ソフトテニスラケット人気おすすめ12選【選び方&前衛・後衛用も!】
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike