あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
バスケットボールbasketball

バスケ人数について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/12

更新日 :2019/05/09

バスケットボールはアメリカで考案されたスポーツで、屋内でも屋外でもできるとあって、世界中で親しまれているスポーツです。

またオリンピック種目の一つであり、男子日本代表も東京オリンピックを目指して強化中です。

ここではバスケの人数と、人数に関わるルールについて紹介します。

バスケ用ホイッスルについてはこちら↓↓

【2018年最新版】バスケ用ホイッスルの選び方と人気おすすめ10選!

目次

スポンサードサーチ

バスケのフィールド上の人数

バスケ 人数
バスケのフィールド上のプレイヤー人数は1チーム5人ずつ、計10人です。

試合が行われる場所を「コート」と呼びます。コートにはバスケットのような「ゴール」が2つあり、それぞれのチームが自分のチームのバスケットにボールを入れることによって得点となります。

試合終了時に得点の多いチームが勝ちです。

バスケは攻守の入れ替わりが素早いスポーツなので、非常にエキサイティングです。

また5人にはそれぞれポジションがあります。ポイントガード、シューティングガード、スモールフォワード、パワーフォワード、センターの5つです。

ポジションは体格や持っているスキルを考慮して決められます。

バスケのポジションの役割についてはこちら↓↓
【初心者必見!】バスケにおけるポジションの役割と名前を徹底解説!

ベンチ入り人数

バスケ 人数
ベンチに入れる人数は、スターティングメンバーも含め10〜15人です。

人数に幅があるのは、日本のリーグ(Bリーグ)やアメリカのリーグ(NBA)などのプロリーグと、中学生や高校生などのそれぞれの大会によってルールが異なるからです。

小学生のミニバスケットボール(以下ミニバス)はスターティングメンバー5人と、その他ベンチのメンバーが5〜10人と細かく決められています。

スポンサードサーチ

選手交代人数


中学生・高校生の試合や、プロリーグでの選手交代はいつでも何回でもできます。

交代できる人数の規定もありません。スターティングメンバーの5人がずっと出続けることもできます。

バスケは1つの試合が4つのピリオド(クウォーターとも呼ばれる)に分かれています。

第1ピリオドと第2ピリオド、第3ピリオドと第4ピリオドの間に2分のインターバルがあり、第2ピリオドと第3ピリオドの間に10分から15分のハーフタイムがあります。

このピリオド中でも、インターバルやハーフタイムの間でも交代が可能です。

しかし、小学生のミニバスには別のルールがあります。

ミニバスでは第3ピリオドまでに最低10人は試合に出なければなりません。

また1ピリオド以上2ピリオド以下の時間で試合に出なければなりません。ピリオド中の交代もできません。

退場により人数は変わるか


ケガをした場合やファールを多くした場合に退場することがあります。

ルール違反の行為は大きく分けて2つありファールとヴァイオレーションがあります。

退場に影響するのはファールの数のみです。以下で詳しく解説していきます。

何回ファールすると退場か

1人につき1試合中に5回ファールしてしまうと退場になります。

そこで退場したプレイヤーは、その試合に限りもうコートに出ることができなくなります。

ファールには2種類あり、パーソナル・ファールとテクニカル・ファールと呼ばれます。

パーソナルファールは、コート上のプレイヤー同士の体の接触によって起こってしまうものです。

押したり、抑えたり、叩いたりして相手プレイヤーの動きを妨害するとパーソナル・ファールになります。

テクニカル・ファールは審判に暴言をはいたり、ベンチにいるプレイヤーやコーチによる違反行為のことを指します。

ファールについてはバスケもミニバスも内容は同じです。

退場したら他の選手が出場できるか

基本的には1チームに5人がコート上にいてゲームが成り立つので、退場した選手の代わりに他の選手が出場することはできます。

しかし2005年にルールが変わり、交代できる選手がいない場合やケガをした選手の回復に時間がかかる場合は5人でなくても、試合を続けることができるようになりました。

そしてどちらかのチームが1人になるまで続けることができます。

スポンサードサーチ

審判の人数

バスケ
審判の人数は3人の場合と2人の場合があります。

プロリーグでは審判3人制(スリーパーソンシステム)が用いられています。死角が減ったりすることがメリットです。

プロリーグ以外では人数の確保が難しいなどの理由で、審判2人制(ツーパーソンシステム)が用いられることが一般的です。

主審と副審に分かれます。主審と副審で持っている権限に差はほぼありません。

試合開始の際にコートの中央(センターサークル)で行われるジャンプボールは、主審がボールを上げます。

まとめ


バスケの人数と人数に関わるルールについて紹介しました。

少しでもルールを知ってより楽しく観戦しましょう。

また屋外、屋内でもできるのでルールを知って友達を集めてプレーしてみましょう。

バスケリュックについてはこちら↓↓
【メーカー別!】バスケリュックの人気おすすめ20選

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike