マウンテンバイク チェーンカバー
2018年6月28日

【マウンテンバイク】チェーンガードの選び方と人気おすすめ7選

マウンテンバイクのチェーンをガードするチェーンガードがあるのを知っていますか?

今回はマウンテンバイクチェーンガードの選び方のポイントと人気おすすめ7選をご紹介します。
高級マウンテンバイクの選び方と人気おすすめ10選

スポンサードサーチ

マウンテンバイクチェーンガードの選び方のポイント


出典:amazon.co.jp

『サイズ』について

マウンテンバイクチェーンガードのサイズを選ぶポイントは大きく分けて以下の2点です。

  • チェーンリングの歯数(○○Tと表記)
  • BCD(PCD)

チェーンリングの歯数(○○Tと表記)

マウンテンバイクの場合、主にトリプルのアウターが40T~48T、ダブルのアウターが34T~40Tとなります。歯数でリングのサイズが変わってきますので合っていないと意味をなさない場合があります

BCD(PCD)

BCDとは「Bolt Circle Diameter」の略でリングのボルトとボルトを結ぶ円直径のことです。PCDと表記されることもあります。マウンテンバイクでは主にアウター96mm~104mm、古いものだと110mm以上のものもあります。ネットでは表記されていないことも多いのでその場合は販売元に問い合わせることをおすすめします。

『取り付け方』について

まず確認していただきたいのがあなたの自転車のクランクアームの数です。
マウンテンバイクの場合クランクアーム4本が主流ですが稀に5本の場合もあります。チェーンリングを固定しているボルトの数とチェーンガードの穴の数が合っていないとそもそも取り付けできません。
確認が終われば取り付けは簡単です。チェーンやクランクを取り外す必要もありません。チェーンガードやカバーであればチェーンリングのボルトの穴にスペーサーと一緒に固定するだけです。ただバッシュガードと呼ばれるチェーンガードもあり、こちらはチェーンリングを外す必要があります。

汎用について

マウンテンバイクチェーンガードといっても様々で「チェーンカバー」や「バッシュガード」とも呼ばれていて、ガードする部分も「チェーンリング」や「ステー」、「リアディレイラー」「フロントディレイラー」などがあります。

今回ご紹介しているのは「チェーンリング」のチェーンガードになります。「バッシュガード」は本格的なマウンテンバイクで山道を走る際にチェーンリングの破損、変形とチェーンの外側への脱落を防ぐのが本来の目的ですが街乗りマウンテンバイクでは主にズボンの裾が汚れたり巻き込まれたりを防ぐ「チェーンガード」の役割があります。
マウンテンバイクの泥除けの付け方と人気おすすめ10選【種類別】

マウンテンバイクチェーンガードの人気おすすめ7選

FLINGER(フリンガー) SW-722 チェーンリングカバー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIZA Products のチェーンリングカバーです。
材質がポリカーボネイトなので金属製と比べて衝撃に弱く、割れやすいのが特徴で見た目も好みが分かれるところですが、なんといっても軽さと低価格が魅力のチェーンカバーです。取り付けもクランクボルトを必要としないタイプです。交換費用も含めて手軽に購入したいとお考えの方におすすめです。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ユニディスク ブラック FS801

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

RIXEN KAUL(リクセンカウル) のチェーンリングカバーです。
こちらのチェーンカバーの特徴はクランクとセットになっていることとプラスドライバー1本で取り付けが出来る簡単さで、クランクとセットになっているのでBCD(PCD)を気にせずにすみます。
見た目が大きく変わってしまい目立ってしまうのと重さが気にならない方にはおすすめです。

RACE FACE(レースフェイス) LIGHT WEIGHTバッシュガード 32T ホワイト RRB32WHI

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

RACE FACE(レースフェイス)の LIGHT WEIGHTバッシュガードシリーズです。
バッシュガードとして販売されているだけあって価格もそれなりですがフォルムはチェーンガードよりといえます。アルミ製で厚みも無いためバッシュガードとしての効果は不明です。
価格と比較してカラーバリエーションの豊富さとアルミの質感が好みという方にはおすすめです。

Driveline バッシュガード 44T BCD104mm CNC チェーンガード チェーンリング カバー M1-104mm-44T [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る

DrivelineのチェーンガードMモデルです。
Mモデルがマウンテンバイク用です。Gモデルはロードバイク用ですのでご注意ください。
商品名に「チェーンガード」「チェーンカバー」「バッシュガード」すべてを盛り込んでいるだけあっていいとこ取りの性能を持っています。悪くいえば中途半端ですが購入の基準としておすすめです。

Driveline ドライブライン スーパーガード M1モデル 自転車用 バッシュガード チェーンリングガード BCD104mm MTB 【正規輸入品】

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

DrivelineドライブラインスーパーガードMモデルです。
Mモデルがマウンテンバイク用です。Gモデルはロードバイク用ですのでご注意ください。
「バッシュガード」としても「チェーンガード」としても街乗りであれば高いレベルで効果を発揮できる性能を誇ります。価格も性能も「バッシュガード」と「チェーンガード」の間をとっているので購入の基準としておすすめです。

[Mast cart] MTBにお勧め!! チェーンガード (4穴) ブラック TR-8G

Amazonで詳細を見る

[Mast cart]のチェーンガードです。
○○T(歯数)の表記がありません。PCDの表記があるので自分でピッチをはかっての購入になります。プラスティック製の「チェーンガード」としては価格が若干高めですが「バッシュガード」よりの金属製
よりは低価格なので金属製に抵抗がある方でデザインが好みであればおすすめです。

AceCo K-Edge リングガード ホワイト/PCD104(4bolt)36T

Amazonで詳細を見る

AceCo K-Edgeのチェーンガードです。
アルミ製「チェーンガード」としては若干高めの価格です。細枠作りで独特なデザインなので強度的にも不安があり、デザイン重視の「チェーンガード」といえます。「チェーンガードは金属製に限る! 」という方、見た目で他人に差をつけたいかたにおすすめです。

スポンサードサーチ

自分にあったマウンテンバイクチェーンガードを選ぼう

マウンテンバイクチェーンガードの選び方のポイントと人気おすすめ10選をご紹介させていただきました。上記を参考にしていただければ失敗の可能性はグンと低くなります。自分に合うマウンテンバイクチェーンガードを選んで快適な走りを楽しみましょう!

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 FLINGER(フリンガー) SW-722 チェーンリングカバーRIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ユニディスク ブラック FS801RACE FACE(レースフェイス) LIGHT WEIGHTバッシュガード 32T ホワイト RRB32WHIDriveline バッシュガード 44T BCD104mm CNC チェーンガード チェーンリング カバー M1-104mm-44T [並行輸入品]Driveline ドライブライン スーパーガード M1モデル 自転車用 バッシュガード チェーンリングガード BCD104mm MTB 【正規輸入品】[Mast cart] MTBにお勧め!! チェーンガード (4穴) ブラック TR-8GAceCo K-Edge リングガード ホワイト/PCD104(4bolt)36T
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天AmazonAmazon楽天AmazonAmazon

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。