あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーのスイーパーって何?スイーパーの意味と役割を徹底解説!世界の有名選手もご紹介

スポシル編集部

公開日 :2018/06/05

更新日 :2019/05/09

サッカーにおけるスイーパーの意味や役割、求められる能力などを紹介します。最近ではあまり採用されないポジションですが、時折見かけることもあるスイーパーを知ってサッカー観戦等をするとより一層面白くなるでしょう。世界的に有名なスイーパーのプレーヤーもご紹介しますので、ぜひ注目してみてくださいね。

MFについて知りたい方はこちら↓↓

【サッカー】MF(ミットフィルダー)の意味と役割について徹底解説!!

目次

スポンサードサーチ

スイーパーとは

スイーパーの言葉の意味

スイーパーとは掃除機、掃除人という意味です。1930年代に生まれ、1960年代に人気の戦術となりました。

1980年代にトータルフットボールの台頭により徐々になくなりましたが、日本では1980年代以降もよく用いられる戦術でした。

サッカーにおけるスイーパーとは転じてこぼれたボールを処理、奪う(掃除する)という動きを比喩した意味合いになります。

センターバックについてはこちら↓↓
センターバックの役割と世界的CB選手ランキングを徹底解説!

ポジションの意味

サッカーにおけるスイーパーというポジションは最近では採用されるのが少なくなってきたディフェンシブなポジションになります。

ディフェンスの中でもポジションは細かく分けられますが、スイーパーはセンターバックの一つであり、役割によってスイーパーやストッパーと呼ばれます。

基本的にはストッパーが敵を止めに積極的にチェックしにいきスイーパーは相手フォワードとマッチアップするよりもカバーリングを目的とする動きを担うセンターバックのことを指すサッカーのポジション名です。

スイーパーの役割

スイーパーの役割はカバーリングをメインとするためディフェンスの最後の砦になるポジションであるといえます。

ディフェンスの最後尾、ストッパーといわれる選手の後ろに位置し、特定の人をマークせずストッパーのフォロー、カバーリングをしたり積極的に攻撃に参加したり(リベロ)することもあります。

また味方に指示を出しコーチングを行うこともありスイーパーがキャプテンを担うことが多いです。

味方ディフェンスが相手オフェンスと競り合ってこぼれたボールを回収したり場合によってはクリアする動きがメインになり、カバーリングをメインに考えてより安定した守備を目指すようにします。

スイーパーに必要な能力

サッカーのスイーパーに求められる能力とは”予測力”と守る際に全体のスペースや味方、敵の位置をバランスを把握し考える能力です。

予測力とは敵オフェンスと味方ディフェンスとの競り合い等でボールが次にどこに転がるかを的確に予測することで、スイーパーはこぼれたボールをいち早く奪わなければなりません。

全体のバランスを見ながら自分のポジショニングを考えスペースを殺すように変えていく必要があり、それが的確に敵の攻めをいなしてボールを奪うことにつながります。

カバーリング能力の高さがスイーパーには求められ、ボールや相手の攻めを予測し対応を考える力が優れている人がスイーパーに適任とされます。ベテランとなり運動量の落ちたMFが配置されることがあります。

スイーパー個人で奪いに行くという事はあまりしません。

なぜならスイーパーを配置する場合積極的に奪いに行くストッパーを配置する事になるからです。

良いスイーパーの存在がチームのディフェンスの安定感に直結し、的確な判断のできるスイーパーの存在が強力な攻撃の起点になります。

スイーパーは現代サッカーに必要か

リトリート サッカー

スイーパーの現代の形

現在のサッカーの戦術にスイーパーといわれるポジションは採用されにくくなっています。スイーパーを置く戦術は「負けないサッカー」をすることに向いているので代表戦に用いられることがあります。

しかし攻めにさく人数が少なくなることで攻撃力の低下や積極的に味方のディフェンスのカバーリングを考えたポジショニングになるためディフェンスラインが必然的に下がり相手のオフェンス陣にサイドのスペースを与えることになります。

かといってサイドのカバーリングに回ると逆サイド、中央のスペースを与えることになりシステマティックな現代のサッカーシーンではほとんど採用されていないのが現状です。

近年ではストッパーとスイーパーを兼ね合わせたセンターバックというポジションが採用され、ゴールキーパーがカバーリングをしたり、MFがディフェンスラインに入りカバーするアンカーが主流になっています。

スポンサードサーチ

スイーパーとストッパーの違い

サッカー df
スイーパーはカバーリングメインの役割です。

ストッパーは相手を止めるため前に出て積極的に相手FWとコンタクトしたり、ドリブルを止めに行くことが多いのでフィジカルの強い体の大きな選手が選ばれることが多いです。

強いストッパーがいることでスイーパーは楽に相手の攻撃を止めることができます。

ストッパーがチェックに行き、空いたスペースをスイーパーがカバーするという役割を分けることで効率よくチェック&カバーができより強固なディフェンスを築くことがきます。

ボランチについて知りたい方はこちら↓↓
サッカーにおけるボランチとは?役割や有名選手を徹底解説!

スイーパーの有名選手3選

サッカー 背番号
世界には有名なスイーパーの選手がたくさんいますが今回はその中の3選手を紹介します。

ファビオ・カンナバーロ(イタリア)

1991年ナポリでデビュー、ファウルをいとわぬ激しいプレースタイルの選手でした。

しかしナポリの財政難から1995年パルマへ移籍、そこで駆け引きにも強いディフェンダーとして成長しパルマで強力なディフェンスラインを作り上げました。

1対1のスキルがずば抜けており、類まれなる先を読む力を発揮したインターセプト等の高いディフェンス能力から世界最高の評価を得て「抜けないディフェンダー」の代表格といわれる選手です。

2006年に出場したワールドカップでは全試合にフル出場し優勝の立役者となりました。その功績を認められ同年バロンドールを受賞しました。2010年に現役引退をしました。

間違いなく世界最高のセンターバックの一人です。

フランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)

抜群の統率力から”皇帝”という異名を持ち、1972年にディフェンダーとして初めてバロンドールを受賞した選手です。

攻撃時には最前線まで攻めあがって攻撃に参加する珍しいスタイルで攻撃的スイーパー「リベロ」の概念を確立し世界に知らしめました。

ディフェンスでありながら的確なパスを武器に攻撃の起点ともなった選手です。

1982年のユーロで大会初優勝、74年優勝、90年監督として西ドイツを優勝に導きました。

フランコ・バレージ(イタリア)

元イタリア代表、ストッパーやスイーパーを務め、サッカーの強豪イタリアセリエAのミランで鉄壁の守備を作った有名選手です。

長年ACミランでディフェンスの要として活躍しチームをまとめ強固なディフェンスラインを作りだしていました。

体の大きな選手とは言えませんでしたが的確な指示、全体を読む力でチームを勝利に導いていました。

強固な守備とクレバーな統率力で1980~90年代に活躍し、グランデ・ミランと言われたACミランの黄金期をキャプテンとして支えました。20年以上にわたって背負った背番号6は永久欠番となっています。

イタリア人には珍しく日本繊維のアシックスを愛用していたことでも知られています。94年にはイタリア代表をキャプテンとして準優勝に導きました。

1994年に現役を引退しています。

スポンサードサーチ

スイーパー サッカーのまとめ

サッカー 試合時間
サッカーにおけるスイーパーとは何かを紹介しました。

最近ではあまり見られないポジションですが、地域や世代、相手チームの作戦によって戦略を変える事もあるサッカーではこれからも使われていくポジションです。

意識してサッカーの試合を観戦してみると一層面白くなるでしょう。

リベロについて知りたい方はこちら↓↓
サッカーのリベロって何?役割や意味について徹底解説!

合わせて読みたい!

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike