あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
mountain bike

マウンテンバイクスパイクタイヤの選び方と人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/03

更新日 :2019/09/11

マウンテンバイクで未舗装路や登山道を走行するためには、専用のスパイクタイヤが必須です。

路面状況によってタイヤの選び方も違います。そこで今回はマウンテンバイクのタイヤの選び方と人気おすすめ10選を紹介します。

キャノンデールのマウンテンバイクはこちら↓↓

キャノンデールのマウンテンバイク人気おすすめ11選!

目次

スポンサードサーチ

マウンテンバイクに適したスパイクタイヤの選び方のポイント

マウンテンバイク スパイクタイヤ

チューブドタイヤとチューブレスタイヤの違いとは?

それぞれのメリット・デメリットを理解した上でタイヤを選びましょう。何を重要視するかで必然的に選択肢が絞られます。

チューブドタイヤは種類が豊富で使用状況に合わせたタイヤ選びが可能です。

ただし、空気圧を低めにした状態で荒れた路面を走行するとパンクのリスクが高くなります。

チューブレスタイヤはパンクのリスクが低くなり軽量化がはかれる上、チューブとの摩擦がなくなるためタイヤから多くの情報が手元に伝わります。

デメリットは専用のリムを用意する必要があります。またタイヤの中にシーラント液が必要になる等、扱いがシビアになります。

チェーンオイルはこちら↓↓
マウンテンバイク用チェーンオイルの選び方と人気おすすめ10選!

太さやサイズ

タイヤの太さは乗り心地、性能を左右します。

太くなれば地面との接地面が増え、グリップ力が高まり安定した走行が可能になります。

ただ、地面との摩擦が大きくなりスピードが失われてしまいます。

スピードを求める場合は、大きいサイズを選ぶことでスピードを維持することが容易になりますが細かい方向転換が求められる場面では不利になります。

適切な空気圧は?

同じ車種でもタイヤによって適正な空気圧は変わってきます。

タイヤ側面に記載されている数値の範囲内で調整してみましょう。

乗る人の体重や走行する路面状況に応じて最適な空気圧は変わってきます。

単に空気がタイヤに入っていたら良いと言うわけではありません。

目安としては、スピードを重視するのであれば高め、衝撃の吸収を重視するのであれば低めに調整することをおすすめします。

マウンテンバイクのサドルはこちら↓↓
【疲れにくさ重視!!】マウンテンバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選

マウンテンバイクタイヤの人気おすすめ10選

IRC MIBRO-X 26X2.25 M121 ブラック 19634Z

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

MIBRO Xは、昨今の柔らかいコンパウンドが使用された同類のタイヤに比べ固めに設定されています。

転がり抵抗を抑える為、中心部のブロックは低いですがサイド部のブロックは高めに設計されているためコーナリング時もしっかり路面を捉え安定したグリップ力を発揮してくれます。

SCHWALBE(シュワルベ) Smart Sam Performance Sual スマートサム パフォーマンス Sual 26x2.1 [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

中でもスマートサムは、どんな路面でも安定してバイクを進めることが可能な上、軽い走行感が特徴的なロードバイク系のオールラウンダータイヤです。

また、ダブルディフェンスバージョンを採用することにより、高い耐パンク性能を備えています。

SCHWALBE Black Jack その他のタイヤ 24 x 2.10 インチ、パンク

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スマートサム同様センターノブを工夫したタイヤです。

センターノブが接地面から離れることがなくブロック音も静かです。

転がり抵抗軽減トレッドにより、多様路面コンディションにおいて乗り心地を損なわないタイヤです。こちらも、ロードバイク系のオールラウンダータイヤです。

WTB Trail Boss 2.25 TCS Tough/High Grip Tire, 27.5-Inch, Black by WTB

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

耐久性と信頼性に定評があるブランドです。

代表的なシリーズTrail Boss(トレイルボス)はクロスカントリーやトレイル、オールマウンテン系など登りを含めオフロード全般で活躍するタイヤです。

ノブの間隔を詰めるパターンを採用することで転がり抵抗を低減し、ブロックタイヤでありながら軽やかな走りが可能です。

WTB(ダブルティービー) タイヤ Vigilante TCS ヴィジランテTCS TCS Light ブラック 26インチ×2.3

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

耐久性が高く転がり抵抗に優れる「Fast Rolling」と、よりグリップ力を強化した「High Grip」という2種類が用意されています。

Maxxis、Crossmark II、26 x 2.10、m334ru、f60 DC TR

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ロードからダウンヒル用まで幅広いタイヤラインナップを誇り、世界中のライダー達から信頼を集めています。

マキシス定番のMTBタイヤ「CROSSMARK II」はセンタートレッドによって未舗装路で軽い転がりと安定感を感じます。

加えて、サイドトレッドがトレイルのようなダートで安定したグリップ力を発揮してくれます。

MAXXIS(マキシス) IKON + アイコンプラス 27.5x2.80 FD EXO/TR TB96904100

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

レーシングタイヤのアイコンになることを目指し開発されました。

MTB 3C(トリプルコンパウンド)テクノロジー、ハイボリュームケーシングと転がり抵抗の軽減のためのトレッドデザインにより、あらゆるコンディションにおいて威力を発揮する軽量レーシングタイヤです。

MICHELIN(ミシュラン) WILD AM TS TLR BLK 27.5X2.35 タイヤ ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウェットやソフトな路面でもトラクションをしっかりと掛けられるようノブを高くし、グリップに最適化させたパターンを採用したタイヤです。

トレッド面、ショルダー部、トレッド内側でそれぞれ異なるコンパウンドを使用したGUM-X3Dテクノロジーを採用しています。

MICHELIN(ミシュラン) FORCE AM TS TLR BLK 27.5X2.35 タイヤ ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

クロスカントリー向けの「FORCE XC」をトレイルライド用に改良したものです。

XCモデルよりノブが高くなっていて、路面のキャッチ力が高くなっているのが特長です。

状況に応じて前述の「WILD AM」と組み合わせると高いパフォーマンスを発揮してくれます。

Continental(コンチネンタル) Der Baron Projekt FB 27.5x2.4 0101034

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

豊富な経験と開発実績で培ったノウハウを基に高品質なタイヤを提供しています。同メーカーの「MOUNTAINKING」や「TRAILKING」よりもさらにハードコアなトレイル向きなのがBaron(バロン)です。

過酷な路面状況下で安定したグリップ力を発揮するようにトレッドの間隔を広く設定してあるのが特徴です。

スポンサードサーチ

自分にあったマウンテンバイクのスパイクタイヤを選ぼう

マウンテンバイク スパイクタイヤ
マウンテンバイクにおすすめなスパイクタイヤの選び方と人気おすすめ10選を紹介しました。

唯一接地している走行に欠かすことが出来ないパーツだからこそ、走るコースや路面状況に応じたタイヤを選ぶことが重要になります。

あなたにぴったり合うスパイクタイヤを手に入れ、快適なマウンテンバイクライフを送りましょう。

ディスクブレーキについてはこちら↓↓
【高いブレーキ力!!】マウンテンバイクディスクブレーキの選び方と人気おすすめ15選

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定