あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーの始まりはいつ?150年間の歴史を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/05/31

更新日 :2019/05/09

サッカーの歴史について聞かれると、どの程度答えられますか?ルールがシンプルで馴染みやすいサッカーですが、その歴史を辿るとなると、案外答えられないものです。今回の記事でサッカーの歴史的な背景を備えていただければ、サッカーをより深く味わうことができるはずです。

サッカーにおけるfw(フォワード)の役割と世界的有名選手を徹底解説

目次

スポンサードサーチ

サッカーの歴史

サッカー 歴史
サッカーはいつ始まったのでしょうか?起源は諸説あり、エジプトや中国、ペルシャ人、そしてヴァイキング(海賊)など、様々です。
今回はそこから焦点を絞り「サッカー」の歴史について述べていきます。

サッカーの起源は1860年代のイングランドで、当時はアソシエーションフットボールと呼ばれていました。
というのも、もう少しサッカーの歴史を遡ると、サッカーとラグビーの原型のフットボールというものから派生してできたからです。

「フットボール」は始め、本当に何でもありの祭りでした。主に隣町同士が、決められた場所まで、ボール(のようなもの)を運ぶという運用方法でした。
当時はルールなんてものはなく、人数制限もなければ、手も使えたし、ファールなんてものもありませんでした。
そこで、街がめちゃくちゃになるのを嫌がった権力者たちがフットボールにルールをもたらそうと努めました。

そこで協議が行われ、手を使って良いという伝統派と手を使うのを禁じる改革派に分かれました。その改革派が、今のサッカーの原型を作りました。

ピンときた方もいるかと思いますが、手を使って良い伝統派がラグビーの原型を作ったのです。
ラグビールールについて徹底解説

サッカーの世界への広がり

アソシエーションフットボールを立ち上げた改革派は、1863年に世界初となるサッカー協会(FA、イングランドサッカー協会)を設立し、その6年後には手を使って良いとされるゴールキーパーという特別なポジションが生まれました。

そしてのちに世界最古のサッカー大会のFAカップが行われ、最古の国際試合(イングランド対スコットランド)が行われました。
この国際試合の時はありませんでしたが、のちにスコットランド、ウェールズ、アイルランドと続き、サッカー協会が設立されました。

英国の労働者が進出していった南米やヨーロッパの大陸には、すぐにサッカーが普及されていきました。
オランダやイタリアなど今でもサッカー強豪国の1つとして馴染みのある国にも広がり、1908年にはサッカーがオリンピックの正式競技となりました。
ちなみに、サッカーが正式競技となった4年前には、フランスのパリで国際サッカー連盟(FIFA)が設立されました。当時の加盟国たった7カ国(フランス、ベルギー、デンマーク、オランダ、スペイン、スイス、スウェーデン)でした。
ちなみに、英国もその翌年に加盟しましたが、母国のプライドなのか、その活動にはあまり積極的ではありませんでした。

スポンサードサーチ

日本に伝わったのはいつ?

サッカーは1873年に英国の海軍軍人から日本人の海軍軍人に訓練の余暇としてサッカーを教えたのが定説とされています。意外と歴史が古いものです。

そして、1918年には今の全国高校サッカー選手権の前身とされる、日本フットボール大会が大阪で開催され、全国各地で様々な大会が開催されました。
その翌年、友好の証としてイングランドFAからFAシルバーカップが寄贈され、それをきっかけに日本蹴球協会(今の日本サッカー協会)が設立されました。

そして、日本のサッカーもオリンピックにも参加するようになり、1964年の東京オリンピックではベスト8、
1968年、メキシコオリンピックでは銅メダルを獲得し、日本サッカーが大きく飛躍しました。
そして、1993年には初代チェアマンを川淵三郎氏とし、日本初のプロリーグのJリーグ(略称)が設立され、後の1998年にワールドカップ(フランス大会)に初出場しました。
【サッカー】ハットトリックの意味や語源について徹底解説!!

まとめ

イングランドに端を発し、そしてイングランドによって日本に伝わったとされるサッカーですが、起源を探ると、サッカーをより楽しんでいただけるのではないでしょうか。

プロとしてサッカーを始めたのはまだ25年程度と、世界の中でも歴史の浅い日本ですが、ここまで来るのに選手やサッカー関係者の血のにじむ努力のお陰でやって来れました。2018年ワールドカップでも健闘した日本チーム。2020年の東京五輪も楽しみですね。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike