あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカー戦術のリトリートについて徹底解説!!

スポシル編集部
更新日 :2018/05/31

2018年ロシアワールドカップが盛り上がりを見せています。日本代表候補選手に注目が集まる中、西野監督がどのような戦術で戦うのかという点は、サッカーファンにとって非常に興味がある部分です。その戦術についてですが、現代サッカーはポゼッションサッカーが主流となっています。しかし現在、そのポゼッションサッカーに対抗するための戦術であるカウンターサッカーが密かに注目されています。そしてカウンターサッカーに非常に重要な戦術であるのがリトリートです。今回はリトリートについて紹介し、リトリートの効果やデメリット、実際にリトリートを採用しているチームを紹介し、詳しく解説していきたいと思います、
【サッカー】デュエルについて徹底解説

目次

スポンサードサーチ

リトリートサッカーとは

リトリートサッカーとは、ディフェンス時の守備戦術の言葉で、相手にボールを奪われた際にはできる限り素早く自陣に戻り、守備陣形を整えることを意味します。リトリートサッカーを戦術として取り入れることで、プレーヤー全員が共通認識として素早く自陣に戻り、守備陣形を整え、相手の攻撃に備えることで守備後方でボールを奪い返し、ロングカウンターにつなげることができます。

対義語としてフォアチェックがありますが、このフォアチェックはボールを奪われた際にはボールホルダーに一番近い選手がすぐに寄せてボールを奪い返す戦術です。サッカーの戦術としてカウンター型とポゼッション型に大きく分かれますが、カウンター型の戦術を採用するレスターやイングランド代表のようなチームにはリトリートが、ポゼッション(キープ)型の戦術を採用するバルセロナのようなチームにはフォアチェックが取り入れられています。

出典:youtube.com

リトリートサッカーの効果

リトリートサッカーの効果は、ロングカウンターにつなげられる点です。プレーヤー全員がボールを奪われたと認識すると同時に瞬時に自陣に戻り、守備時の数的有利な状況を作り出します。いわゆる守備ブロックです。そして相手チームにカウンター攻撃をさせず、ゆっくりポゼッションをさせ、相手チーム全員を自陣内に誘い込むことを目論むわけです。

相手チーム全員を自陣内に誘い込み、低い位置でボールを奪取したら、空っぽな状態の相手陣内の裏を狙い、ロングカウンターを仕掛けることができるという効果が得られます。対戦相手と比較して、自チームがボールポゼッション(キープ)率で劣勢な状況になることが予想される場合に採用されることが多い戦術です。現代サッカー戦術では、カウンター型かポゼッション型に大きく分けられるとされています。
サッカーにおけるDF(ディフェンス)の役割と世界的有名選手

スポンサードサーチ

リトリートサッカーのデメリット

リトリートサッカーのデメリットは、相手チームに長い時間ポゼッション(キープ)されてしまう点です。相手チームに長い時間ポゼッション(キープ)されてしまうということは、自チームのディフェンスの時間がそれだけ長くなるということで、疲労感、緊張感、ストレスが増すことを意味します。ディフェンスの間、どれだけ辛抱強く耐えることができるかがポイントになります。

さらに、仮に先取点を許してしまったり、得点の上でビハインドを背負ったシチュエーションの場合に、相手チームにポゼッションさせることは時間稼ぎをさせてしまうことにもつながります。リトリートには、相手チームに長い時間ポゼッションされてしまうことによる辛抱強さが求められ、相手チームにリードを許してしまっている状況では、時間稼ぎを許してしまうというデメリットがあるわけです。

リトリートサッカーに適したフォーメーションやチーム

リトリートは、相手にボールを奪われた際に、すぐにボールホルダーにチェックに行かず、とにかく素早く自陣に戻り守備陣形を整えて相手の攻撃に備えるという守備戦術のため、必然的にゾーンディフェンスを採用することになります。リトリートを採用しているレスターは、4-4-2のゾーンディフェンスを採用しています。レスターは、ピッチに自陣内を3本のラインで4分割し、最終ラインに4枚のディフェンダー、中央ラインに4枚のミッドフィルダー、最前線のラインに2枚のフォワードを配置してそれぞれのプレーヤーに各スペースを任せます。

そしてボールを奪われたらすかさず任されたスペースにリトリートし、相手の攻撃に備えます。レスターの守備は正に「鉄壁の守備」と恐れられ、実際にプレミアリーグでも上位を脅かす存在となっています。
リトリート サッカー

スポンサードサーチ

まとめ

サッカーの守備戦術の一つとして、ボールを奪われたらすぐに自陣に戻るリトリート、すぐにボールホルダーへプレッシャーをかけるフォアチェックがあり、リトリートはロングカウンターを仕掛ける上では有効な戦術として確立されています。ポゼッションサッカーが主流とされる現代サッカーにおいて、リトリートも有効であることをレスターは示してくれています。

今後の試合でもでリトリートを採用した国対、フォアチェックを採用する国との熱き戦いが見られるかもしれません。リトリートとフォアチェックにも注目してみると、また違った面白さで試合を見ることができるかもしれません。

合わせて読みたい

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike