あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーの背番号について意味を解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/06

更新日 :2019/05/09

世界的にメジャーなスポーツといえば、真っ先に上がってくるのはサッカーではないでしょうか?サッカーの4年に一度開かれる大会、W杯は今や世界的なお祭りとなっています。普段はサッカーファンではない方も、W杯の時期はサッカーの話で盛り上がるのではありませんか。

さて、サッカーの話をしているときにサッカー好きの間でよく話題に昇るのが、「誰が何番の背番号を背負うのか?」です。サッカーだけに限らず、バスケットや野球などでも背番号って意外と話題になるものです。今回はそんな、背番号とサッカーの関係について紹介していきましょう。

サッカーの歴史について徹底解説

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおける背番号の意味

サッカー 背番号
高校野球だとエースナンバーは背番号1とか、二桁の背番号は控え選手だ、なんてことがよく知られていますが、プロのサッカーの世界では背番号と役割に何か関係があるのでしょうか?

端的にいえば、「昔はあったが今は無い」というのが答えです。今は選手が自由に背番号を選んでつけることができます。もちろん、同じチーム内で同じ背番号をつけることはできませんから、希望が重なったら話し合って決めるようです。でも以前は、ポジションによって背番号が決められていました。例えば、1番はゴールキーパー、2〜4番はディフェンダー、5・6番はセンターハーフ、7・8番はウイング、9番はストライカー、10番はトップ下、11番はドリブラー。このような役割分担で背番号が決まっていたことがあったんです。

だから、試合によってつける背番号が違う、なんてことはよくありました。昨日の試合はトップ下だったから10番、今日はウイングだから8番というように、試合ごとに変わる選手もいたんです。今は基本的に自分の好きな背番号を選べますが、昔のイメージが今でも若干残っているといえるでしょう。

ユニフォームに背番号が付いている理由

さて、そもそもユニフォームに背番号が付いている理由って一体なんでしょうか?試合の中で敵チームと味方チームが区別できさえすれば問題ないはずなんですが、どうして?と思われる方多くおられますよね。一体どうしてなのでしょうか。

それはズバリ、「選手を特定するため」です。もし背番号がなければ、相手チームは誰が誰だかわからなくなりますよね?初めて試合をするチームの時は特にそうです。背番号を使えば相手チームの選手の名前を思い出したり、呼んだりすることなく「9番をマークしろ」とか「4番の裏を狙え」などスムーズに戦術を伝えることができます。戦術面で必要不可欠なんです。

他にも、審判のためにも背番号は必要です。試合中、審判は審判手帳に「8番イエローカード」とか「4番アウト、2番イン」など記録していかなければなりません。ミスを防ぐためです。そんな時にも活躍してくれるのが、背番号です。

スポンサードサーチ

背番号は何番でもいいのか

では試合中の背番号は何番をつけても構わないのでしょうか?いいえ、そうではありません。何番でも好き勝手に背番号をつけて試合に出ることはできません。自分が登録している背番号をつけて試合に出なければいけないのです。

それぞれのプロリーグによって微妙にルールは異なるのですが、多くのリーグでは1〜99番の中で選んで事前に登録し、その背番号をつけて試合に出場します。登録した背番号以外で出場することは基本的に認められていません。W杯はもう少し選択の幅が狭まります。W杯に出場出来る登録選手数は、1国につき23人と決められています。背番号も23を超える番号をつけることは認められていません。ですから、1番から23番まで全ての背番号に選手が割り当てられているということになります。

逆に背番号に関して少し緩いのが、南米のプロリーグです。3桁の背番号も認められていますし、02とか08など1桁目に0を使うことも認められています。国によって異なる背番号事情に注目しても面白いかもしれませんね。
サッカー アシスト

まとめ

今回はサッカーの背番号について、一緒に考えてきました。今は背番号そのものがポジションや役割を表すものではない、ということがわかりました。また、そもそも背番号って必要なのか?という根本的な疑問についても解決できたでしょう。戦術面や審判が選手を見分け特定するため、背番号はとても大切な役割を果たしてくれます。

背番号に関するエトセトラを、もっと詳しく掘っていけば面白くなります。「あの有名な選手の背番号に対するこだわり」とか、「新規加入してきた選手に背番号を奪われたかわいそうな選手」など、ぜひもう少し背番号について掘ってみて、サッカートリビアを増やしてみてください。
【サッカー】試合時間について徹底解説!!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

外回りや立ち仕事での疲労を激減!特許技術採用のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

AspoleZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

AspoleZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減

【掲載メディア】

購入はこちら!

これはもうオーダーメイド。常識を蹴り飛ばしたサッカースパイク「蹴王」登場

BMZ_keiou

俊敏さに磨きがかかり、初速の勢いが爆発的に上がるサッカースパイク

蹴王の特徴は、以下の3点にあります。

  • 足指が自然に動く独自の構造設計で足が持つ本来の機能性を最大限に引き出す!
  • 足裏の運動をサポートし、足そのものを鍛え上げることで、運動中のトラブルを減らせる!
  • 五輪メダリストをはじめ、サッカー、野球、ゴルフなど多くのプロ選手愛用の国産メーカー!

日本有数のインソールメーカーだからこそできた、プレイヤーのことをとことん考え抜いた代物です。 ぜひその効果を自分の足で確かめてみよう!

詳しくはこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike