あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーのアシストについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/22

更新日 :2019/05/09

サッカーの華は何といってもゴールですが、そのゴールをおぜん立てする「アシスト」もサッカーの大きな魅力。ファンタジスタがその技巧の限りを尽くして繰り出す、ため息がでるような創造性あふれるスルーパスや快速ウインガーが相手ディフェンダーとの1対1を制して、鋭いドリブル突破からの放つクロスボール、さらには緻密に計算されたセットプレーの正確無比なフリーキックなどがあります。

サッカーの中でもひときわ輝きを放つアシストに注目してみましょう。

サッカーにおけるfw(フォワード)の役割と世界的有名選手を徹底解説

目次

スポンサードサーチ

アシストとは?

サッカー アシスト
アシストとは、主にゴールに直結するラストパスのことを言います。しかし、その定義はあいまいで、Jリーグにおいては現在も公式記録としてはカウントされておらず、各メディアが独自の基準でカウントしています。ラストパスを受けた選手が、簡単なプレーでゴールを奪うことができれば、それがアシストとカウントされるケースが多いようですが、あくまでカウントする人の感覚によります。

以下、例をあげますが、必ずしもその通りにアシストとしてカウントされるとは限りません。

(例)
・ラストパスをワンタッチでゴール
→ラストパスはアシストになる

・ラストパスをワントラップしてシュート
→アシストになる

・ラストパスを受けて、トラップで相手を交わしてシュート
→微妙 相手を交わす難易度によってカウントされることもある

・ラストパスを受けて、ドリブルで数人交わしてゴール
→アシストとカウントされない

アシスト数データ

上述の通り、アシスト数はJリーグでは公式記録として認められておらず、データとしては残されていません。ここではもっとも信頼がおけるデータとしてFootball Laboのデータを参照します。『Football Lab』はJリーグの公認データ(Stats Stadium)を扱っているデータスタジアム株式会社が運営するサイトです。

アシスト数について以下の2点度紹介します。

  • 歴代Jリーガーでアシスト数が1番多い選手(Jリーグに限る)
  • 歴代日本代表でアシスト数が1番多い選手(代表戦に限る)

歴代Jリーガーでアシスト数が1番多い選手(Jリーグに限る)

中村憲剛(川崎フロンターレ) 99アシスト
※サンプルデータが確認できた2008年~2017年の数値です。

ジュニーニョ、大久保嘉人などJリーグでも最高クラスのストライカーへラストパスを供給し続けました。カウンターの流れから、長い距離を走るフォワードの足元にピタリと収まるロングスルーパスは彼の代名詞。川崎フロンターレに風間監督が就任し、徹底したショートパスサッカーを志向するようになると、細かいコンビネーションから、相手ディフェンダーの裏をかくようなラストパスでもアシストを積み上げて来ました。

出典:youtube.com

歴代日本代表でアシスト数が1番多い選手(代表戦に限る)

本田圭佑 18アシスト
※Football Laboで確認できる2010年9月ザックジャパン以降の数値を参照しました。

強靭なフィジカルを活かしたキープ力を武器にゴールとともにアシストも積み上げています。中村憲剛選手と比べると、より高い位置、ペナルティボックスに近いポジションをとることが多く、フォワード的で、密集地で相手ディフェンダーに囲まれながらも、しっかりとボールを納めてチャンスを作りだすことができます。近年はウイングのポジションをまかされるケースが増えつつあります。右サイドから内へ切り込み、左足のシュートをちらつかせながら、味方の動き出しに合わせてラストパスが得意の形です。

出典:youtube.com

スポンサードサーチ

まとめ

豪快なゴールも見どころですが、その前のアシストには、パスを出す選手のテクニックや判断力、相手の裏をかく駆け引きや、そこにいたるまでのチームの組み立てなど、サッカーの楽しさが詰まっています。
サッカーポジションの内容や役割について徹底解説!! 

合わせて読みたい

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike