あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

【サッカー】デュエルについて徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2018/05/27

更新日 :2019/09/11

最近サッカー用語としてちょくちょく耳にするようになったデュエルです。解任されてしまいましたが、ハリルホジッチ監督が好んで使うサッカー用語として、多くの人に認識されています。

しかし、そもそもデュエルとは何か、日本人はデュエルが弱いなんて言っているけどどういうことと思っている人が、結構多いはずです。今回はそのデュエルについて解説していきながら、日本と海外のデュエルの違いやデュエルが強いことで知られる選手の紹介など盛りだくさんでお届けします。

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおけるデュエルとは

サッカー デュエル
ではまず、そもそも論として「サッカーにおけるデュエル」とは一体何かという疑問を解決していきましょう。デュエルの語源はラテン語のデュオに由来します。「2人」を意味するデュオが変化して、今のデュエルになったと言われているようです。

つまり語源から考えてもわかるようにデュエルとは「2人の戦い、喧嘩」=決闘と言った意味になります。言うまでもなくサッカーは11人対11人の戦いです。ですから試合そのものをデュエルとは言いません。

サッカーにおけるデュエルとは試合の個々の状況において、あらゆる一対一の状況のことを意味します。それはルーズボールの競り合い、一対一でのボールの奪い合い、フィジカルコンタクトの競り合いなど様々なシチュエーションに適用できる言葉です。一言で「球際の強さ」と言ってもいいでしょう。デュエルとは一体何かおおよそのイメージは掴んでいただけましたか。

デュエルの重要性

サッカー df
サッカーはある意味とてもシンプルなスポーツです。どういうことかと言えば、基本的にボールをキープしているチームが攻撃、もう一方のチームが守備に回るというスポーツです。

つまり、いかにマイボールの時間と回数を増やすことがゴールと勝利に直結します。このマイボールを増やすためには、デュエルでの勝利が絶対に必要になります。デュエルとはあらゆる局面での一対一のことです。もっと言えば球際の強さ、球際での勝負のことだと説明しました。

つまりデュエルで負けるイコール、ボールを失うということを意味します。そしてボールを失えば、守備に回らなければならなくなりそれは失点のリスクを負うことを意味するわけです。

逆に、デュエルに勝てばボールをマイボールにすることができ攻撃にかける時間が長くなり、ゴールに繋がりやすくなります。極論になりますが、デュエルに負けなければボールを失わず、ボールを失わなければゴールを奪われることはないということです。

スポンサードサーチ

Jリーグと海外リーグのデュエルの違い

MF 意味 サッカー
さて、日本人はデュエルに弱いとか海外でプレーしている選手の方がデュエルに強いなどとよく言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。はっきり言って、デュエルに関して言えばやはり海外リーグの方がかなり意識が高く有利だと言わざるを得ません。

もちろんJリーグのレベルも以前に比べて上がっていますし、技術面ではかなり向上してきています。ですが、Jリーグが海外リーグに比べて明らかに劣る点が、デュエルなのです。

その大きな要因の1つは、ファールに関する認識です。Jリーグのファールの取られ方は世界レベルで見たらかなり厳しい方です。海外リーグでは絶対に流される当たりでも、Jリーグでは審判がファールを取ってくれます。もっと言えば踏ん張らなくても、コケとけば審判がファールを取ってくれるわけです。

ですからデュエルの局面で、ボールを失いそうになったら奪われないように頑張るのではなく、うまくコケてファールをもらうという意識が先行してしまいます。Jリーグではうまくいっても世界基準ではファールを取ってもらえず、デュエルに負けてボールを失っただけと言う状況になるわけです。Jリーグのファールに関する認識を世界基準にすることで、デュエルのレベルも上がってきます。

デュエルが強いサッカープレイヤー5選

メッシ

メッシは言わずと知れた世界最高の選手の一人です。メッシに関して話をする際、やはりゴール数やアシスト数、華麗な足技が注目されがちですが、デュエルの強さも最高レベルにあると言えます。

メッシは決して体が大きな選手ではありませんが、体の入れ方や腕の使い方がとてもうまく、ちょっとやそっとでは倒れない強さがあります。体の当たり方、当たられ方を熟知しているので、小さな体でも世界最高レベルを何年も保てています。

ジダン

引退した選手の中でも特にデュエルに秀でていたのは、フランス代表のジダンです。もっともジダンが活躍していた時代に、日本でデュエルという言葉は、まだほとんど聞かれていませんでした。

ジダンは体格も良く、ボディバランスもかなり秀でたものがありましたが、それ以上にテクニックでデュエルを圧倒するタイプの選手です。特にボールを失わない選手として、クラブチームでもフランス代表でも信頼されていました。ジダンが中盤でのデュエルに圧勝していたからこそ、彼のいるチームは強豪になり得ました。

中田英寿

日本人でデュエルに秀でている選手として真っ先に思い浮かべるのは、中田英寿です。特別大きな体ではありませんでしたが、彼のボディバランスは海外の選手をも圧倒するものがありました。

中田英寿は倒れない、そして倒されない選手として中盤で大活躍していました。彼のデュエル勝率を支えていたのは、体幹の強さに加えてクレバーなプレースタイルでしょう。体の入れ方、ルーズボールへのアプローチの仕方、腕の使い方を熟知しシチュエーションに合わせて使い分けることで、大きな海外の選手と互角以上のデュエルを行なっていました。

山口蛍

今の日本代表でデュエルが強い選手といえば、ボランチの山口蛍をすぐに思い浮かべます。

山口蛍は激しくガツガツ当たって強引にボールを奪うタイプのボランチではありません。むしろ、虎視眈々と相手にボールが入った瞬間を狙って、ピンポイントでデュエルを仕掛け、それに勝利するタイプのプレーヤーです。当たり負けしないフィジカルもありますが、それ以上にデュエルを仕掛けるタイミングが抜群にうまい選手です。

長友佑都

もう一人、日本代表のサイドバックの長友佑都も小さい身体に似合わず、デュエルに強い選手のひとりです。長友佑都は攻撃面での貢献は言うまでもありませんが、サイドにおけるデュエルも世界レベルです。

トップスピードでの駆け引きやフェイントにも対応できる強靭な足腰が長友の最大の特徴です。デュエルに関して言えば、体幹が長友を支えています。ブレない体幹でボールを奪取したり、セカンドボールに食らいつき、デュエルに勝利します。

スポンサードサーチ

まとめ

サッカー df
今回はサッカーにおけるデュエルについて説明してきました。デュエルとは、一言で言えば球際の強さです。球際の勝負で勝てば、ボールを失うことなく、勝利に直結するプレーが可能になります。

もちろん、全ての局面でデュエルに勝利することは現実できないのですが、デュエル勝率を高めることは、勝利に近づくために必要なことです。ぜひデュエルの大切さを裾野から広げ、日本サッカー界の底上げを目指していきましょう。

合わせて読みたい!!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike