あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

野球のホールドについて動画で徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/05/29

更新日 :2019/05/09

この記事では、野球の「ホールド」について解説します。野球の中継ぎ投手を評価する一つの指標として「ホールド」というものがあります。テレビで野球を観戦される方の中にはこの言葉を耳にしたことがあるかたがいるかもしれません。もちろん、野球経験者にはなじみのある言葉です。

しかし、実は野球経験者のなかでもしっかり理解している人はあまり多くありません。普段、野球をプレーする側の方も観戦だけという方も、ホールドについて理解できれば一層野球の奥深さを楽しむことができるでしょう。

目次

スポンサードサーチ

野球におけるホールドとは?

野球 ホールド
野球におけるホールドの役割は、投手起用の方法と密接なつながりを持っています。投手の起用法が先発完投を目指すスタイルから、先発→中継ぎ→抑えというように分業が進みました。先発投手は勝ち星などの評価指標があり、抑えの投手にも「セーブ」という評価指標がありました。

しかし、投手分業制が確立されていく中で、中継ぎ投手を評価する指標は当時まだありませんでした。そこでうまれたのが「ホールド」です。このホールドという指標のおかげで、中継ぎ投手がどれだけチームに貢献しているのか、客観的な数値で確認することができるようになりました。
野球の本場・アメリカのMLBでは1986年から正式に導入されています。日本のプロ野球界もMLBに遅れること10年。1996年にパ・リーグが導入を決定し、さらにその9年後の2005年にはセ・リーグも導入されるに至っています。
野球グローブの人気おすすめ10選

ホールドになる条件

では、具体的にどのような条件でホールドが記録されるのかを見ていきましょう。
ここから少し細かな話になってくるので、ゆっくりと理解しながら読み進めていってください。
ホールドが記録されるためには、以下の4つの条件が満たされていなければなりません。少しわかりにくい言い回しもあるので、簡単な要約をつけています。基本的に、セーブが記録される状況と基本的に同じなので、セーブの記録される条件をご存知の方は理解しやすいと思います。
①先発投手、勝利投手、敗戦投手のいずれでもなく、セーブが記録されてもいないこと。
→中継ぎとして登板して、勝ち負けがついてはいけない。

②自チームの最終守備イニングの3アウト目をとった投手ではないこと。
→中継ぎとして登板して、そのまま試合終了までマウンドに立ち続けてはいけない。

③アウトを一個以上取ること。
→そのままです。これは解説不要ですね。

④降板したあと、自身に記録された失点によって自チームが同点に追いつかれて、または逆転されていないこと。
→マウンドに走者を残した状態で降板しその走者が得点した場合に、その得点によって同点に追いつかれたり、逆転されてはいけない。

リードしている場合

4つの条件を満たしていて、チームがリードしている状態で登板し、リードを保ったまま降板したときは、どのような条件でホールドが記録されるのか見ていきましょう。
①3点以内のリードの場面で登板し1イニング以上投球すること。
②迎える2打者に連続本塁打を打たれたら同点または逆転される場面で登板すること。
→たとえば、7回裏5点差のリード。1アウトランナー満塁の場面で登板したと仮定します。次に対戦する打者に満塁ホームランを打たれると4失点なので1点差になります。さらにその次の打者にもソロホームランを打たれると同点になります。このような場面では、リードが3点以内であってもホールドが記録される状況になります。
③点差にかかわりなく、リードした状況で3イニング以上なげきること。

同点の場合

4つの条件を満たしていて、チームが同点の登板し、同点を保ったまま降板したときは、どのような条件でホールドが記録されるのか見ていきましょう。
①同点のまま降板する
→このとき、失点が自責点かどうかは関係ありません。前の投手が残したランナーに得点を許しても、失点をしてしまうとホールドは記録されません。
②登板中に自チームが勝ち越した場合、そのリードを保って降板する。

スポンサードサーチ

ホールドについて動画で解説


出典:youtube.com
ここまで、ホールドについて解説してきましたが、実際の試合で確認してより理解を深めて行きましょう。上記の動画は中日の浅井選手が史上3人目の200ホールドを達成した時の映像です。浅尾投手は3ー3の同点の7回表に登板しました。そして、無失点で降板しました。上記ので解説に当てはめるとホールドになる4条件を満たし、同点の場合の①同点のまま降板したのでホールドが記録されました。

ホールドについてのまとめ

いかがだったでしょうか。野球が発達するにつれて、投手分業制が生ました。それに伴って、中継ぎ投手を評価するためのホールドという指標についてここまで解説してきました。投手起用は、野球のもっとも面白い醍醐味の1つです。野球を観戦する際はホールドがつく場面での登板かどうかを意識してみるとより楽しめることでしょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike