サッカー インフロントキック
2018年5月26日

【サッカー】インフロントキックの蹴り方と練習方法について徹底解説!!

今回は、インフロントキックにフォーカスし紹介していきます。インフロントキックを試合の中で使う頻度は少ないものの、様々な球種(カーブキック)などを蹴ることができるキックです。インフロントキックは、体格が未熟で筋肉量が追いついていない小学生あたりの子達には少々難易度の高いキックです。ただ、基本的なことをしっかり小さい頃から身につければ、身体が成長してきたときに必ず蹴れるようになります。なので、今回はインフロントキックの蹴り方について学びたい方はもちろん、基本的な練習方法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

スポンサードサーチ

インフロントキックとは?

サッカー インフロントキック
インフロントキックとは、インサイドキックよりも、さらに内側で蹴るキックです。インサイドキックはボールを内側に当てるキックのため、正確性がある反面、ボールを遠くへ飛ばすことはできません。一方で、インフロントキックは、遠くへボールを飛ばすことができるキックとなります。

例えば、FK(フリッキック)やCK(コーナーキック)といったセットプレーのとき、このインフロントキックは効果的です。インフロントキックは単に浮き玉を蹴れるだけでなく、アクセントを加えたカーブなども蹴ることができるキックです。なので、セットプレーで変化をつけて相手ディフェンスを惑わせたいときに効果的なキックとなります。また、サイドからのクロスボールをあげるときも、このインフロントキックは有効です。インフロントキックは、インステップキックと比べると威力は落ちますが、ボールの精度をあげることができます。なので、正確なクロスをあげることで得点のチャンスが生まれるキックといえるでしょう。

インフロントキックの練習方法

ここでは、インフロントキックの練習方法を紹介していきます。インフロントキックは、先ほど述べた通り一朝一夕には身につかないキックです。体格が未熟で、筋肉量が追いついていない小学生あたりの子達には少々難易度の高いキックかもしれません。ただし、身体が成長したときに、基礎的なことをしっかり学んでいれば必ず蹴ることができるようになります。たしかに基礎的な練習は地道で大変かもしれませんがしっかりと練習を積むことで、身体が成長したときに正しい蹴り方を身に付けることができます。なので、諦めずに基礎からコツコツと練習を積んでいきましょう。自然と蹴れるようになりますので、安心してください。

それでは、インフロントキックの練習方法をみていきます。まず二人一組となり相手の胸元に向かって、止まっているボールをパスします。インフロントキックは、高くボールをあげることが求められるので、高さをイメージしながら蹴り上げます。最初は2~3mくらいの距離で全然問題ないですが、慣れてきたら二人の距離をどんどん離していきましょう。ここで、大事なことがボールを蹴るというよりは、相手の胸元へ運ぶようなイメージをもつことです。基礎的な練習ですが、インフロントキックを蹴る上では、大事な練習の一つです。もし、この練習が問題なければ次のステップに移りましょう。

次の練習は、コーンマーカーの上にボールを乗せて実際にインフロントキックで蹴ることです。いきなり地面に置いて蹴ろうとすると、ボールにうまくミートできなかったりします。なので、まずは足のどこにボールが当たるのかを感覚として覚えることが大事です。そのための練習方法となります。インパクトするボールの位置と足の場所を意識して練習するといいです。以上がインフロントキックを蹴るための基礎的な練習方法です。基礎的な練習を積むことが、インフロントキックを蹴るための一番の近道となりますので諦めずに練習していきましょう。

スポンサードサーチ

インフロントシュート

インフロントキックは、インサイドキックやインステップキックの中間のキックと覚えると分かりやすいでしょう。そのキックをシュートに応用したのがインフロントシュートです。そもそもインサイドキックの特徴としては、正確にボールを蹴ることです。例えば、近くにいる味方選手へショートパスを出すときやゴールキーパーと一対一の局面で確実にゴールへ流し込みたいときなどは、インサイドキックは効果的です。また、インステップキックの特徴としては、威力の強いシュートやパスを蹴ることです。例えば、ゴールから離れた位置でミドルシュートを狙う場合、ゴールキックから前線の味方へロングボールを配給する場合などに効果的なキックです。

そして、インフロントキックは、このインサイドキックとインステップキックの中間にあるキックとなります。つまり、正確に、強いボールを蹴ることができるキックがインフロントキックです。正確に、強いボールを蹴ることができるキックなため、インフロントシュートを使う局面で効果的なのは、FK(フリーキック)やCK(コーナーキック)などのセットプレーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はインフロントキックについて紹介していきました。インフロントキックは、難易度の高いキックで一朝一夕には身に付かないキックです。ただ、基礎的な練習を地道に積むことができれば、身体が成長したタイミングで自然と蹴ることができるようになります。インフロントキックを蹴ることができれば、試合の中でよりアイディアが広がり、セットプレーなどでは武器になるでしょう。今回の記事が、インフロントキックの習得の助けになれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。