あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

【サッカー】インステップキックの蹴り方と練習方法を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/05/26

更新日 :2019/05/09

今回は、キックの中でも難易度の高い「インステップキック」について紹介していきます。インステップキックは「足の甲」にうまくミートすることで、ボールを遠くに飛ばしたり、威力のあるシュートを打つことができます。

そんなインステップキックを習得できれば、実際の試合では、かなり役に立つでしょう。なので、今回はインステップキックの蹴り方や練習のコツに関して詳しく紹介していきます。

インステップキックがなかなかうまく蹴れない方などは、ぜひ参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

インステップキックとは?

インサイドキック
インステップキックとは、サッカーのキック中でも、ボールを遠くへ飛ばすことができるキックです。
ゴールキーパーからのゴールキックやディフェンスラインから前線へのロングボール、ミッドフィルダーが放つミドルシュートなどはインステップキックを使う場合が多いです。
インステップキックは足の甲で蹴るキックです。
足の甲といっても分かりづらいと思いますが、イメージとしては「親指の付け根」部分に当てるイメージです。
また、インステップキックはボールを当てる面積が狭い分、仮にボールがミートしなかった場合は、自分が意図しなかったところへボールが飛んでいくケースも多いキックです。なので、正確なパスやシュートを求められるシーンではインステップキックより、インサイドキックを使いましょう。

インステップキックの練習方法


出典:youtube.com
インステップキックは、インサイドキックと違い練習量が求められるキックです。
ただ、練習方法をしっかりマスターすれば身につくスピードは格段にあがりますので、ここではインステップキックのコツと練習方法をみていきましょう。

それでは、インステップキックを蹴るコツから紹介していきます。
まず、インスッテップキックを蹴るときに、大事なことは軸足(右利きの人なら「左足」が軸足です)の踏み込みです。
ボールにインパクトを伝えるために、軸足はしっかり踏み込むことを意識してください。

次に、足の甲である「親指の付け根」部分に、ボールを「こするように」当てます。
イメージとしてはボールの下からこすり上げる感じで蹴ります。
また、蹴るまでの助走距離は、長くとったほうがいいというわけではなく、ボールにうまく当てるミート力の方が大事です。
ここまで問題なければ、次はインステップキックの練習方法について紹介していきます。

まず、インステップキックの感覚を身につけるために、効果的な練習方法が、マーカーコーンの上にボールを乗せて蹴る練習です。
ボールが足のどこに当たると遠くへ飛ぶかを肌感覚として理解するためにおすすめな練習です。
もしこの練習が問題がなければ、次のステップは、二人一組になり、胸元からボールを落とし、相手の胸元めがけてボールを蹴る練習です。
さらに、ボールが足のどこに当たるかを感覚としてつかむことができる練習です。

この練習も問題なければ、あとはボールを足元に置いて蹴る練習です。
このようにインステップキックは足のどこの部分にボールが当たるかを感覚としてつかむことが非常に大事になります。
一長一短では身につかないキックですが、練習を積めば必ず蹴ることができるようになります。
【サッカー】インサイドキックの蹴り方や練習方法を徹底解説!!

スポンサードサーチ

インステップシュート

もっとも力を込めて振り抜けるシュートが、このインステップシュートです。
インステップキックの蹴り方は先ほど紹介しましたが、それをシュートに応用していきます。
インステップシュートを蹴るうえで、もっとも大事なこととしては、蹴るほうの足首をしっかり固定し、足首の甲でボールの中心をミートすることです。
そして、蹴る瞬間は足の甲で強くボール押し出すことを意識します。
そうすることで、ボールにインパクトが伝わり、威力の強いインステップシュートが打てるようになります。
また、シュートを打つさいは力を入れることなく自然にキックすることを意識すると、より弾道の低い強烈なシュートを蹴ることができます。

出典:youtube.com

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、キックのなかでは、もっとも強く蹴ることができるインステップキックについて紹介していきました。
インステップキックは、キックのなかでも習得するのが難しいキックですが、練習を多く積めば必ず蹴れるようになります。
また、蹴り方のコツや練習方法を紹介しましたが、練習では、自分なりに試行錯誤しながらアレンジしてみるといいでしょう。
そうすることで、どんどんインステップキックを自分のものにすることができます。多くの工夫と練習あるのみです。

さらに、インステップキックが蹴れるようになれば、ボールを遠くへ飛ばせる技術はもちろん、シュートにおいても大きな武器を得たことになります。
試合のなかでは、このインステップキックが必ず役に立つでしょう。
なので、一生懸命練習し、インステップキックの習得をめざしてください。

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike