あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

【サッカー】インサイドキックの蹴り方や練習方法を徹底解説!!

スポシル編集部
更新日 :2018/05/26

サッカーは、ただボールを蹴るだけではなく状況によって蹴り方を変えています。そんなサッカーのキックのなかで、今回はインサイドキックにフォーカスし紹介していきます。インサイドキックは、基礎的なキックですが試合の中で選手がもっとも使用するキックです。パスはもちろんシュートにも使われるキックです。サッカーを始めたばかりでまだ蹴り方がわからない方やインサイドキックの練習方法を知りたい方はぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

目次

スポンサードサーチ

インサイドキックとは?

インサイドキック
インサイドキックとは足の内側に当てるキックをいいます。インサイド(足の内側)とは、右利きの方であれば、足の先から右に外側に開くと現れる側面です。インサイド(足の内側)は接触面が広く、ボールを蹴るときに、正確にボールを蹴りだすことができます。なので、近くにいる選手にショートパスを出す場合やゴールキーパーと一対一の場面で確実にゴールを決めるためにコントロールシュートする場合などに効果的なキックとなります。

ただ、インサイドキックは正確にボールを蹴ることができる一方で強く蹴りだすことはなかなか難しいキックです。遠くの選手にロングパスを出す場合や、遠くから強いシュートを打つ場合は、基本的にインサイドキックは使いません。

インサイドキックの蹴り方

続いては、インサイドキックを蹴るための練習方法を紹介していきます。ただ、その前にどうすればインサイドキックを蹴ることができるの?と疑問を持たれてる方も多いと思うので、まずはインサイドキックを蹴るためのコツからお話しします。先ほども、述べたようにインサイド(足の内側)とは、右利きの方であれば、足の先から右に外側に開くと現れる側面のことをいいます。そして、そのカタチで足を前に押し出しボールを蹴り出します。

ここで大切なことは足首を固定することです。足首が固定されていない状態でボールを蹴ったとしても真っ直ぐ蹴り出すことはできません。しっかり足首を固定しボールを前へ蹴りだす意識でキックします。足首を固定するコツとしては「つま先に力を入れて、上に向ける」ことです。また、ボールを蹴り出すコツとしてはボールの中心を叩くイメージを頭の中で意識することです。

スポンサードサーチ

インサイドキックの練習方法

このようにインサイドキックの蹴り方を意識してもらったうえで、続いては練習方法を紹介していきます。インサイドキックを上手に蹴るための練習方法としてはまず、二人一組となり交互にパスを出し合う練習があります。これは、初心者でも取り組みやすい練習ですよね。カラーコーンを二人の真ん中に置いて、そこを通すことを意識する練習も効果的です。これができるようになれば、続いては複数人でパスを出し合う練習をおこないます。

その練習に有効なのが「鳥かご」と呼ばれる練習方法です。これは、複数人で円を作り、真ん中にディフェンスを数人(全体の人数によりますが1~3人ほど)おきます。そのディフェンスにボールを奪われないように、パスを円の中で回していく練習方法です。この練習は、インサイドキックの正確性やパススピードの向上、判断力といった能力を身に付けることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?インサイドキックについて少しは理解できたましたか。おさらいになりますがインサイドキックは正確に蹴り出すことができるキックです。このインサイドキックを身に付けることで、パスミスやシュートミスといった大事なところでのミスを軽減することができます。チームとしてもより冷静にパスを回すことが可能となり、ポゼッション率を高めることができます。サッカー初心者の方はもちろんもっとインサイドキックに磨きをかけたい方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike