あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

【サッカー】ハットトリックの意味や語源について徹底解説!!

浅岡大貴
更新日 :2019/04/21

ハットトリックとはサッカーをやる人なら誰もが知っている言葉で憧れるものです。

しかし、用語・その意味などは知っていたとしても、それにまつわる記録であったり、世界で日本人選手が達成した偉大なハットトリックに関してなどは知られていないこともあると思います。

ただの用語として捉えて終わるのではなく、言葉の由来やハットトリックに関する記録、そして実例などと照らし合わせて見ていきます。

普段とは違う切り口で見ることで、さらにサッカーの魅力に触れて欲しいと思います。

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおけるハットトリックとは?


サッカーにおけるハットトリックとは1人の選手が1試合に3得点決めることです。

サッカーでは基本的に、1点・2点を争う試合展開位が多く、チーム全体で3点取ることができれば「攻撃力がある」というような見方をされます。

昨年の世界最高峰リーグの1つであるプレミアリーグのシュート決定率(シュートを打って入る確率)のデータを見てみると、いかにハットトリックをすることが難しいかがわかると思います。

1位・2位の選手でもシュート決定率は約20%程度。

多少シュート本数にばらつきはあるかもしれませんが、シュートを5本打って1点ということです。

つまり、ハットトリックするには1試合で15本のシュートを一人で打たなければいけないということです。

1試合あたりのチームでのシュート本数は大体13~15本ですから、一人でそのチームのシュートを全て打つということは可能性的には低いです。一人でシュートを打つ本数は多くても5~6本ぐらいではないでしょうか。

つまり、ハットトリックするということは通常、3試合で3得点するところを、1試合で3点も取ってしまうということであるため、どれだけハットトリックをすることが難しく、また、凄いことかこのデータからわかると思います。

【引用元】プレミアリーグ、今季の「シュート決定率」TOP20

ハットトリックの語源


ハットトリックがすごい記録だと言うことはお分かりりいただけたでしょうか。

でも、なんでハットトリックという名前なのか?

ハットトリックの語源には諸説ありますが、イギリス発祥のスポーツ、クリケットに由来があるようです。

クリケットではボーラーと言われる投手が、ウィケットという柱に向かってボールを投げその柱を倒したらアウトとなります。3連続でウィケットを倒すのはとても難しため、これを成し遂げたボーラーには名誉をたたえて高級な帽子(ハット)が与えられました。

そして、同じイギリス発祥のサッカーにも、いつしかハットトリックという言葉が使われるようになったと言われています。

スポンサードサーチ

3点はハットトリック。じゃあ4点取ったら?

3点はハットトリック。「じゃあ4点取ったらなんて言うの?」と思いませんか?

1人の選手が1試合で4点ゴールしたらもっと凄いためきっと呼び名があるに違いないと思われがちなんですが、不思議なことにそれは無いです。4点とっても、特別な名前はありません。

ですが、4点はありませんが3の倍数、6点と9点には名前があります。

6点ゴールするとハットトリックを2回したことになるのでダブルハットトリックと言い、9点ゴールするとハットトリックを3回したことになるのでトリプルハットトリックと言います。

シンプルで覚えやすいですね。

世界のゴールの色々な呼び方

ハットトリック以外にも世界では「ゴール」に関して様々な呼び方があります。

海外サッカーの試合をよく見ている人は解説者がよく「ドッピエッタ!」「ドッペルパック!」と言っているのを聞いたことがないでしょうか?

これらの言葉はサッカー選手でも知っている人はそれほど多くありません。

そのため、それらを覚えることで解説者の言っていることがわかり、さらにサッカー選手よりもサッカーに関する知識を深めることができるので是非覚えて、「サッカー通」になりましょう!

イタリア語




  • ドッピエッタ(2得点)

  • トリプレッタ(3得点)

  • ポーケル (4得点)

  • チンクィーナ(5得点)



ドイツ語




  • ドッペルパック(2得点)

  • ドライアーパック(3得点)



スペイン語




  • ドス(2得点)

  • トリプレタ(3得点)

  • クアトロ(4得点)

  • スィンコ(5得点)



フランス語




  • ドゥーブレ(2得点)

  • トリプレ(3得点)

  • カドリュプレ(4得点)

  • カンテュプレ(5得点)



スポンサードサーチ

世界のハットトリック記録

ハットトリックの語源やすごさを知ったところで、次は世界のハットトリック記録を見ていきましょう。

過去の名選手や今もなお第一線で活躍している選手、また、期待の新星の記録もあり、幅広い年代の選手が記録を打ち立てています。最多ハットトリックの記録保持者はサッカーの神様と言われているあの人です。

最多ハットトリック記録

歴代最多ハットトリック記録はブラジルのペレ選手です。

その記録は92回で彼のストライカーとしての凄さがわかる数値です。

最短時間でのハットトリック

1試合の中での最短時間でのハットトリック記録はバイエルン・ミュンヘンに所属しているレヴァンドフスキ選手です。

レヴァンドフスキ選手は4分間でハットトリックを達成しました。補足ですが、さらにその試合で9分間で5ゴールを決める活躍もしました。

ハットトリック連続記録

クロアチア東部の地域リーグであるドラーチチェ・ジャコボ所属のFWステファン・ルチヤニッチ選手は5試合連続ハットトリックという結果を残しています。

EL史上最年少ハットトリック

19歳153日のJ・フェリックス選手がEL(ヨーロッパリーグ)において史上最年少でハットトリックという記録を残しています。世界トップレベルのカップ戦での達成は本当にすごいことです。

日本・Jリーグの記録

次に日本人やJリーグのハットトリック記録も見てみましょう。意外にもハットトリックに関する世界記録で日本人選手が持っているものもあります。

過去の名選手が打ち立てた記録が多く、今もなお、破られることなく記録として残っています。

日本代表初のハットトリック

日本代表としての初のハットトリックは1930年5月25日のフィリピン代表戦で若林竹雄選手が記録しました。ちなみにこのゲームでは若林選手は4得点を決めています。

Jリーグ最年長ハットトリック

元鹿島アントラーズで活躍していたジーコ氏が40歳74日という最年長記録でハットトリックを達成。この記録はそうそう超えれるものではないでしょう。

4試合連続ハットトリック

1998年、当時ジュビロ磐田に所属していた中山雅史選手が4試合連続ハットトリックを記録しました。この年はその後も得点を重ね、36点を記録し得点王に輝きました。

世界最速ハットトリック記録

2000年アジアカップ予選、ブルネイ戦で中山雅史選手が3分15秒でハットトリックを達成。世界で最速のハットトリックとなりました。

スポンサードサーチ

海外で活躍する日本人選手のハットトリック

海外で活躍する日本人選手のハットトリックも数多くあります。フィジカルや体格の部分で決して優位とは言えない日本人が、海外のリーグでハットトリックをするというのは本当に素晴らしいことです。

今後もこのように活躍するシーンが増えてくれば、世界の日本人に対する評価もさらに上がっていくことでしょう。

プレミアリーグで日本人初のハットトリック 香川真司選手



香川選手はゴール前などでスペースを察知し飛び込んでいく感覚に非常に優れています。

ゲームの流れを読み、1手2手先の展開を読みながらプレーしているのでしょう。空いたスペースに絶妙なタイミングで走りこみゴールを奪います。

その飛び出しにDFもついていけず、フリーの状態でシュートをする機会を多く作ります。高いシュートセンスと冷静さを兼ね備えている香川選手にしてみれば、そのような状況になればゴールを決めることは難しくないでしょう。

香川選手が所属していたマンチェスターユナイテッドはフィジカルコンタクトが世界で最も激しいリーグとも言われているプレミアリーグのチームです。

世界最高クラブと言われるマンチェスターユナイテッドに所属するだけでも素晴らしいことですが、香川選手はさらにその激しいプレミアリーグのなかでハットトリックを決める活躍をしました。

ELで日本人初のハットトリック 南野拓実選手

南野選手は高いテクニックを武器に海外で活躍しています。南野選手のプレーを見ていると日本にいた頃とは印象が異なります。

日本にいた頃は足元でボールを受け、ドリブルで果敢に1vs1を仕掛けていくのが特徴的でした。

しかし、海外に移籍してからはドリブルももちろん武器となっていますが、それ以上に簡単に預けて、ゴール前に積極的に飛び込んでいくようなプレーが目立つようになってきました。

スプリントしながらでも高いテクニックを発揮することができるため、多くのゴールを決めれるようになってきています。

その成果はEL(ヨーロッパリーグ)でハットトリックという結果にも表れています。

ELとは世界の各リーグの上位陣が集まり行われる大会で、CL(チャンピンズ・リーグ)に比べて規模・レベルは落ちますが、それでも海外のトップレベルのチームが集まるハイレベルな大会です。

そんな大会で日本人がハットトリックを達成するのは間違いなく快挙です。

劇的ハットトリックで奇跡の逆転残留に導いた 豊川雄太選手

豊川雄太選手は世界で活躍している選手としては知名度はそれほど高くはないかもしれませんが、確かな実力を兼ね備え、海外で活躍しています。

豊川選手の特徴はアグレッシブなプレースタイルです。豊富な運動量を生かして、得点の匂いがするエリアに積極的に飛び込んでいきます。ワンツーなどで突破を試みるなど、プレーが止まることがなく、相手に脅威を与え続けることができます。

動画のハットトリックなどはまさに豊川選手の良さが存分に出たゴールです。ゴール前のスペースをいち早く察知しヘディングでゴールを決める。3点目もパスを出した後も止まることなくゴールに向かうからこそ生まれたゴールです。

海外でゴールを決めるだけでも大変ですが、何よりすごいのがこのゲーム状況でハットトリックをしたということ。

残留をかけた試合では想像以上にプレッシャーがかかるため、思うようにプレーすることは本当に難しいことなのです。それにもかかわらず、偉大なプレーを披露した豊川選手はこの試合でヒーローになったのです。

【記事まとめ!】この記事で覚えて欲しい3つのポイント



ここまでハットトリックについて紹介してきましたが、この記事で覚えて欲しいポイントは以下の3つです。

①ハットトリックを達成することは感覚的にもデータ的にも非常に難しい
②ハットトリックには様々な記録がある
③海外でもハットトリックを達成した偉大な日本人がいる

この3つを覚えていただけたら、あなたの「サッカーにおけるハットトリック」はアップデートされたでしょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike