あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

バートンのビンディングの選び方と人気おすすめ20選!【快適な滑りを実現!】

スポシル編集部

公開日 :2018/05/26

更新日 :2019/05/09

ビンディング(スノーボード業界では「バインディング」とも呼ばれます)はスノーボードのブーツを板に装着するための用具です。

現在では、数多くのメーカーやブランドからスノーボードビンディングがリリースられています。その中でも、業界ナンバーワンの総合メーカー「BURTON(バートン)」は、常に最先端のテクノロジーとユーザー目線に立った商品開発で長年にわたって支持されています。ここではビンディングの選び方、おすすめのバートンビンディング20選を紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

バートンのビンディングの特徴を紹介!

BURTON(バートン)のビンディングには、常に最先端をいく技術と機能が詰まっており、他メーカーとは比にならない人気を集めています。
特に支持されているのが、上級者レベルから初心者レベルまで、全てのスノーボーダーに対応したビンディングを開発し続けていることです。
こういった、幅広い商品展開がユーザーの多さに比例しています。

バートンのビンディングを選ぶ前に必ずチェックしなければならないのが板のメーカーです。
バートンのビンディングには、 バートンの板専用の「EST」と、全ての板に対応する「Re:Flex」の2タイプあります。そのため、どの板に装着するか決めてから購入しましょう。

ビンディングの選び方

スノーボードのビンディングは一見どれも同じように見えますが、その性能や特徴は、サイズ、フレックス(硬さ)、トーション(ねじれ剛性)などの複数の要素が組み合わさって成り立っていますので、レベルや滑りの志向に合わせて選ぶのがおすすめです。。
また、ボードへの取り付けや、ブーツへの取り付け方式もいくつかありますので、使用する(使用予定の)板やブーツとセットで検討する必用があります。

現在、バートンのマウンティングシステム(板とビンディングの取り付け)は「The Channel」と呼ばれる独自方式を採用しています。ビンディングには従来のような角度調整のディスクがなく、ボードにもビス穴がありません。
ボードに刻まれたレールにビス受け金具を装着してスライドさせることによってスタンス幅を調整する仕組みになっています。ビンディングの部品数が減ることで従来タイプより非常に軽量となり、ダイレクトな足裏感覚で操作できます。

バートンビンディングには、この「The Channel」システム専用の「EST」タイプと従来の4×4(フォーバイフォー/4つのビスで固定)システムに対応する「Re:Flex」タイプの2種類ラインナップしている機種もあります。バートンの最先端技術を堪能するためには「The Channel」搭載のボードと「EST」タイプのビンディングのセットがおすすめです。

ビンディングの種類

スノーボードのビンディングは足の甲(もしくはつま先)と足首部分の2本のストラップでブーツを固定するストラップ型と、ビンディングにブーツを押し込むだけで装着が完了されるクイックエントリー型(バートンではStep Onと呼んでいます)もあります。それぞれに特性があるので、自分のスノーボードスタイルに合ったビンディングを選びましょう。

ストラップ型


出典:amazon.co.jp
ストラップ型のビンディングは、足の甲(もしくはつま先)を固定するトゥーストラップと足首部分を固定するアンクルストラップの2本のストラップで構成されています。ブーツをビンディングに置いたら、それぞれのストラップをラチェットに通します。ラチェットのレバーをカチカチと引くことで徐々に締め付けることができます。ストラップ型ビンディングの特徴としては細かい締め付け具合の調整ができることです。

また、現在のストラップ型ビンディングのトゥーストラップは足の甲を上から締めるのではなく、つま先を包み込むような構造(バートンでは「キャップストラップ」と呼ばれます)になっており、締め付けのストレスが大幅に軽減されています。40年以上のスノーボードの歴史の中において、今も昔もストラップ型が主流ですが、その機能や扱いやすさは進化しています。

クイックエントリー型


出典:amazon.co.jp
クイックエントリー型のビンディングにはストラップは付いていません。ビンディングにブーツを押し込むだけで、ボードにブーツが固定されます。バートンではStep Onシステムと呼ばれていますが、使用する際にはこれに対応したブーツとビンディングをセットで用意する必用があります。クイックエントリー型はとにかく装着が楽な点が最大のメリットです。また、経年劣化などによるストラップ切れの心配もありません。

これまでも様々なメーカーからクイックエントリー型のビンディングが開発されてきましたが、細かな部品が多いため、雪が入り込んだり凍ってしまった際に脱着が上手くできないなどの問題が多く。ありました。しかし、バートンのStep Onシステムは、ブーツ両端の大きめの突起をビンディングの所定の位置にはめ込むだけとなっており、クイックエントリーにありがちなストレスを限りなく低減しています。ブーツの保持力もストラップ型と比べても遜色のない性能に仕上がっています。

アルペン型


出典:amazon.co.jp
上記のストラップ型とクイックエントリー型は、スノーボードでは「フリースタイル系」に分類できます。一般的に「スノーボード」といえばこちらのフリースタイル系を指します。一方、スラロームなどの競技系のスノーボードは「アルペン系」と呼ばれます。アルペン用のブーツはスキーブーツのような硬いプラスチック製で、つま先とかかとに突起(コバ)が付いた「ハードブーツ」です。そのため、基本的な脱着方法はクイックエントリー型とほぼ同じですが、フリースタイル系のビンディングとは全く違った構造になっています。そのため、フリースタイル系のスノーボードブーツはアルペン型のビンディングに装着できません。アルペン系の競技者以外は使用する機会がないビンディングです。

ビンディングにもサイズがある


出典:amazon.co.jp
スノーボードのビンディングには、対応するブーツの大きさ(サイズ)に合わせて、S、M、Lサイズ(XSやXLサイズもあるメーカーやブランドもあります)や、S/M、M/Lサイズがあります。一概に何cmのブーツがどのサイズのビンディングに適合するとは言えないので、購入前に調べておく必用があります。日本スノーボード産業振興会(SBJ)のサイトでは、主なメーカーのビンディングとブーツの適合表が閲覧できるので参考にしましょう。

また、サイズ以外にもブーツとビンディングの相性もあります。ビンディングのヒールカップ(かかとを収める部分)の形状や、ハイバック(ビンディングの背もたれ部分)の高さとの兼ね合いも考慮に入れなければなりません。一般的に同メーカー、同ブランドのブーツとビンディングであれば相性は問題ありません。 ビンディングをバートンにするのであればブーツもバートンを選ぶのがベストです。

バートンのブーツについて詳しくはこちら⇊
【スノーボード用】バートンブーツの人気おすすめ29選と選び方!2019モデルから型落ちまで紹介!

他のビンディングメーカー

バートン以外にも、総合メーカーやビンディング専門メーカー、ブランドが多数あります。どのメーカー、ブランドも高い技術と最先端の素材を使って非常に完成度の高いビンディングをリリースしています。

UNION


出典:amazon.co.jp
UNION(ユニオン)は2005年の発足以来、開発から生産までの全てを自社で行っているスノーボードビンディング専門メーカーです。常に新しい技術を注ぎ込む製品で注目を集め、今や世界のトップビンディングメーカーとなりました。チタニウムより強靭で軽い「フォージドカーボン」素材を開発し、それまではプラスチックでしか成し得なかったビンディングパーツの立体成型に成功しました。業界で最も軽く丈夫なビンディングとしての地位を確立し、現在でも愛用者を増やしているメーカーです。

SALOMON


出典:amazon.co.jp
スキー、アウトドア製品を総合的に手がけるメーカーとして培ったノウハウを駆使して、利便性、機能性に優れたスノーボードビンディングをリリースしているメーカーです。近年は流行にマッチした軽量ビンディングの開発に定評があります。
スノーボード、ブーツ、ビンディングのすべてを扱う総合メーカーらしく、初心者向けからプロライダーが使用するビンディングまで幅広いラインナップがあります。

RIDE


出典:amazon.co.jp
1992年にスタートしたRide Snowboardsは、ライダーたちの「やりたいことをやる」をコンセプトに掲げ、世界トップクラスのライダーとともにハイクオリティなビンディングを生み出しています。品質の高さの割にはコストパフォーマンスに優れたビンディングが多いのも特徴。特にパークライディング向けの製品が多いですが、その分、取り回し安さや軽量化がなされています。

スポンサードサーチ

バートンビンディングおすすめ20選

2019 BURTON SNOWBOARD BINDING バートン ビンディング 金具 X-BASE EST Black エックスベース 17-18

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

カーボンファイバーとナイロンをを50:50で使用して作られたベースは、軽さとレスポンス、強度とどれをとっても最高です。

ハイバックもカーボンを使用した超軽量設計です。ハイスピードでのライディング、ハーフパイプ、ビッグキッカーなどを得意とする上級者向けのビンディングです。

2019 BURTON SNOWBOARD BINDING バートン ビンディング 金具 X-BASE ReFlex Black エックスベース リフレックス 17-18

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

このRe:Flexディスクは、ヒンジを搭載していることにより、ビンディングのベースプレートもフレックスさせることができ、ボード本来のフレックスやトーション(ねじれ)を活かすことができます。

BURTON バインディング バートン ビンディング GENESIS X EST

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



足のパワーをダイレクトにボードに伝えて繊細なコントロールを実現した上級者向けのビンディングです。

2019 BURTON SNOWBOARD BINDING バートン ビンディング 金具 GENESIS X ReFlex Black Marble ジェネシスエックス リフレックス 17-18

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

カービングやフリーランはもちろん、あらゆる滑りに対応する構造で、スノーボードのスキルアップに最適です。
また、とても軽量に設計されているため、長時間履いていても快適です。

2019 BURTON SNOWBOARD BINDING バートン ビンディング 金具 GENESIS EST Painted Wood ジェネシス 17-18

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


中級者以上であれば性能を十分に引き出すことのできるおすすめのビンディングです。

2019 BURTON SNOWBOARD BINDING バートン ビンディング 金具 GENESIS ReFlex Black ジェネシス リフレックス 17-18

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



BURTON バートン スノーボード バインディング ビンディング マラビータ 18-19モデル メンズ MALAVITA-EST

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ヒールまわりを強化ゴムのような素材で包み込む「ヒールハンモック」によって ヒールのずれを防ぎクイックなレスポンスをもたらします。フォワードリーン(足首の前傾角度)の調整を工具なしで調整できる「DIALFLAD」しすてむは、あらゆるコンディションにも瞬時に対応できます。

18-19 BURTON(バートン) ビンディング Malavita Re:Flex フリースタイル スノーボード

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

BURTON バートン スノーボード バインディング ビンディング カーテル 18-19モデル メンズ CARTEL-EST

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Malavitaの基本構造を受け継ぎながら、ベースプレートの素材を若干変更することで、ハードなフリーライディングにもパークライディングにも対応する万能型ビンディングに仕上がっています。

2019 BURTON SNOWBOARD BINDING バートン ビンディング 金具 CARTEL ReFlex Black Matte カーテル リフレックス 17-18

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



Burton(バートン) スノーボード ビンディング メンズ MISSION EST® S~Lサイズ 105581

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



どのレベルのスノーボーダーにもマッチする守備範囲の広いおすすめのビンディングです。

Burton(バートン) スノーボード ビンディング メンズ MISSION Re:Flex S~Lサイズ 105461

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


低価格といっても、機能や性能はしっかりしている点がMission最大の魅力です。

また、柔らかく強度の高いスムーズグライドバックルは耐久性に優れているため、長い期間使用できるビンディングです。
シンプルな機能を求める人や、初めてスノーボードを購入する人におすすめのビンディングです。

Burton(バートン) スノーボード ビンディング メンズ CUSTOM EST® S~Lサイズ Black Matte 105611

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Burton(バートン) スノーボード ビンディング メンズ CUSTOM Re:Flex 105421

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



リフトを乗り降りする際の煩わしい時間ロスを最小限にし

また、優れたクッションがどんなブーツでも包み込むため、常に快適な装着感を提供します。
カービングやフリーランをメインにする人や、スノーボード初心者におすすめのビンディングです。

Burton(バートン) スノーボード ビンディング Cartel(カーテル)105391

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


あらゆる地形でも対応する適度なフレックスが魅力で、常に快適なポジションへ導いてくれます。

カラー展開も豊富なため、自分らしいコーディネートを見つけやすいビンディングです。
ベースはESTとRe:Flexの2タイプ展開のため、全てのマウンティングシステムに対応しています。

BURTON バインディング バートン ビンディング ESCAPADE EST

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


2018 BURTON SNOWBOARD BINDING バートン ビンディング 金具 LEXA EST Proper Black レクサ 17-18

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Burton(バートン) スノーボード ビンディング レディース・ウィメンズ SCRIBE EST® S~Lサイズ 105601

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



Burton(バートン) STILETTO EST スティレット イーエスティー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Burton(バートン) スノーボード ビンディング レディース・ウィメンズ CITIZEN Re:Flex S~Lサイズ 105401

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ビンディング取りつけ方・外し方

ここではビンディングの扱い方に慣れていない方向けに、取り付け方と取り外し方を解説していきます。

ビンディングの取り付け方!

ビンディングの取り付けにはプラスドライバーを使用します。
取り付け前に確認が必要なのが、両足間の幅と取り付け角度です。

初心者の場合は足幅は60㎝前後、角度は前足21度、後足3度が平均となっていますから、こちらの数値で試してみましょう。
これらを決めたらビスを締めていきます。
この時、締め具合の歪みを無くすため、対角の順番で、1巡目は緩めに、2巡目できつく締めるようにしましょう。
ビンディングのビスはしっかりと締めなければ緩んでくる場合もあるため、注意して行いましょう。
これでビンディングの取り付けは完了です。

ビンディングの外し方!

続いてはビンディングの外し方です。
BURTON(バートン)のRe:Flexタイプのビンディングには、ベースプレートの上にフットベッドと呼ばれるクッションが付いており、まずはこれを取り外します。
外し方はかかと部分の両側に爪がかかっているため、そこを外すようにして取ります。取りづらい場合はフットベッドの下に指を入れて引き抜きます。
するとビスが見えますので、ドライバーを使用してビスを抜き、ビンディングを外します。

ビンディングは、足と板を繋ぐ重要なギアのため、フットベッドやビスはかなりキツく締めてあります。女性の手では難しい場合もありますので、その際はスポーツ店に持ち込むことをおすすめします。

スポンサードサーチ

自分にあったビンディングを選ぼう

いかがでしたか?
スノーボードビンディングの種類や選び方、BURTON(バートン)のおすすめビンディング20選を紹介しました。スノーボード最大手の総合メーカーであるバートンは、初心者モデルから上級者モデルまでどのレベルのビンディング開発にも手を抜いていません。スノーボードのレベルアップには個人の努力と同じくらい、もしかしたらそれ以上に用具の良し悪しも関係してきます。
上記を参考に自分にあったバートンのビンディングを選びましょう。

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike