あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
road bike

【タイプ別】ロードバイクにおすすめのチェーンオイル20選

スポシル編集部

公開日 :2018/06/06

更新日 :2020/05/11

ママチャリなどの自転車と比べ、比較的高額なロードバイクやスポーツバイクを購入された方は、メンテナンスにも気を使いたいところです。

こちらの記事では、ロードバイクにおすすめなチェーンオイルを紹介していきます。
メンテナンス時に非常に重要になってくるので、ぜひ確認してみてください。

基本的なメンテナンスに用いるチェーンオイル役割、種類について解説し、ロードバイクにおすすめのマルチチェーンオイルを種類別に5選ずつ計20選紹介します!

目次

スポンサードサーチ

チェーンオイルの役割

ロードバイクのチェーンにチェーンオイルを注ぐことでさまざまな効果を得ることができます。

チェーンオイルの役割を把握することで使用するタイミングを理解することができ、正しいメンテナンスをすることができます。

チェーンオイルを注ぐメンテナンスは初心者の方でも行うことができるため、役割も把握しましょう。
次に、チェーンオイルの役割を詳しく紹介します。

チェーンは金属部品であるため、湿気に弱く、チェーンオイルを注いでいないとサビの原因になってしまいます。

サビが発生してしまうと抵抗力が高まってしまい、余分に力を入れないとペダルを漕ぐことができません。

そのため、快適にロードバイクを走行することもできず、爽快感を感じることもできなくなってしまいます。
チェーンは露出している場合が多く、雨の中で使用すれば必然的に濡れてしまいます。

しかし、事前にチェーンオイルを注いでいれば水をはじいてくれるため、サビにくくすることが可能です。

チェーンオイルを使用することで、滑りを良くすることができます。

そのため、ペダルが重く感じたり、チェーン部分から異音が発生している場合は、チェーンオイルを注ぐことをおすすめします。

チェーンのアクシデントはチェーンオイルを注ぐことで大抵解決することができます。

滑りを良くすることでペダルが軽くなり、快適に走行することが可能です。

無駄な体力を消耗することがないため、本格的にロードバイクを使用する人だけではなく、通勤や通学で使用する人にもメリットに感じやすいです。

チェーンオイルの種類

ロードバイクのチェーンオイルには様々な種類があります。
チェーンオイルの役割や粘度などによって大きく分けると、主に以下の5つです。


  • マルチタイプ

  • ドライタイプ

  • ワックスタイプ

  • ウェットタイプ

  • 清掃・潤滑タイプ

もっとも簡便なチェーンオイルがこのマルチタイプです。

ドライタイプとウェットタイプの中間で、どのような天候や気温でもある程度の効果を発揮してくれます。
それほど頻繁に注油する必要もなく、ベーシックなタイプのチェーンオイルですが、チェーンはそこそこ黒く汚れます。

雨の日にもロードバイクに乗りたいという方におすすめです。
もちろんロードバイクでない一般的な自転車でも使える万能性もあるので、よくわからないという方はまずはこちらから使用してみてはいかがでしょうか。

ドライタイプのチェーンオイルは、粘度が低くサラサラしています。
ベタつかず、ほこりや汚れを吸着しにくいタイプです。

チェーンオイル自体の色もほとんどないため、チェーンを美しく保てます。
ただ、粘度が低いため、チェーンオイル自体もチェーンから落ちやすい、蒸発しやすいというデメリットがあるため、長距離のロードレースなどには向いていません。

注油の頻度も高くなりがちです。
特に雨の日は、雨で流れ落ちてしまうため、ロードバイクは天候のいい日にしか乗らないという方におすすめです。

ウェットタイプのチェーンオイルは、粘度が高くドロドロしています。
粘度の高さによってしっかりとチェーンに留まってくれるため、注油の頻度も少なくて済み、雨の日や泥の跳ね上がりなどにも対応してくれる頑強なチェーンオイルです。

ただし、そのドロドロさゆえ、ほこりや汚れを吸着し、いわゆる油汚れが目立つ傾向があります。
また、回転抵抗が大きくなるものもあるので、注意が必要です。

ドライタイプとは反対に、雨の日でも乗りたい、あるいは、長距離を乗るので長持ちするチェーンオイルが欲しいという方は、このウェットタイプがおすすめです。

ドライタイプのチェーンオイルよりもさらに粘度が低くサラサラで、油汚れが付きにくいのがこのワックスタイプです。

ロードバイクのチェーンを美しく保てます。
天候が良ければ長距離のロードレースもできますが、耐久性は低く、注油も頻繁にする必要があります。

どちらかというと上級者向けのチェーンオイルなので、本格的にロードレースをされる方などにおすすめです。

通常、ロードバイクのチェーンに注油する場合、チェーンの汚れや古いオイルを綺麗に清掃してから新しいオイルを注油します。

清掃せずに注油するとオイルの固まりができてしまい、不具合が生じることがあります。

清掃・潤滑タイプのチェーンオイルは、清掃せずに塗り増しできます。
清掃と同時に潤滑効果も得られるため、非常に手軽にメンテナンスができます。

スポンサードサーチ

容器のタイプ紹介

チェーンオイルはさまざまな容器のタイプで販売されているため、購入する際に悩んでしまう場合も多いです。

容器のタイプが異なることでメリットとデメリットが異なり、用途に応じで選ぶことをおすすめします。
次に、容器別のチェーンオイルの特徴を紹介します。


出典:amazon.co.jp

スプレータイプのチェーンオイルは手軽に使用することができ、手が汚れにくい特徴があります。

注油することが非常に簡単であり、チェーンの細部までなじみやすいメリットもあります。
また、そのほかの部分にも使用できることから利便性が高い特徴もあります。

しかし、油切れするまでが速く、頻繁に注油しなければなりやすいです。

また、容量が少ない欠点もあり、すぐに使いきってしまう場合もあります。
さらにゴミに出す際にガス抜きをしないといけないなど捨てる際にも手間がかかってしまう欠点もあります。


出典:amazon.co.jp

リキッドタイプは、液状のオイルであるため、長持ちする特徴があり、メンテナンス期間を長く確保することが可能です。

そのため、メンテナンスの回数を極力控えたい人におすすめです。
また、スプレータイプよりも何回も使用できる容量が入っている場合が多く、お買い得でもあります。

しかし、手などについてしまうと落とすのに苦労してしまいやすいです。

また、液だれさせてしまうと下を汚してしまう原因にもなります。
粘りが強いため、クリーニングする際に時間がかかってしまいやすいデメリットもあります。

雨に濡れた際のメンテナンス

雨に濡れた際のメンテナンス方法はまず水気を拭き取ることが大切です。
通常時ならクリーナーなどを使用して綺麗にしますが、濡れている状態ではクリーナーの利きが悪くなってしまいやすく、手間がかかります。

水気を拭き取ってクリーナーの利きを良くするようにしましょう

後は普通どおりチェーンオイルを差せば問題ありませんが、ウェットタイプのオイルを選ぶことが好ましいです。

ウェットタイプのオイルでは水気が残っていてもしっかり注油することができます。

しかし、雨にぬれた状態でのメンテナンス自体が好ましいタイミングではないため、自然に乾燥させてからメンテナンスすることをおすすめします。

スポンサードサーチ

オイル差し方

ロードバイクのチェーンにオイルを差す場合は、正しい差し方を身につけていないと本来の効果を得ることができません。

たとえ高性能なチェーンオイルを差しても正しい差し方ができていないと意味がありません。
次に、正しいチェーンオイルの差し方をステップごとに紹介します。

1,チェーンクリーナーなどを使用してチェーンを綺麗にします。ウエスなどを用意しましょう。

2,汚れを綺麗に拭きとることができれば チェーンオイルを差します。

3,チェーンのリンク部分に差すようにして、チェーンの側面には差す必要はありません。

4,チェーン一周差し終えれば、ペダルを回してチェーンオイルを満遍なく分散させましょう。

5,最後に余分なオイルをふき取るようにして、完成です。

上記の動画ではロードバイクのチェーンにオイルを差す方法を詳しく紹介されています。

クリーニングする際には、リンク部分を回しながら汚れを落とすことで綺麗に落ちやすくなります

また、オイルの種類ごとの特徴や違うクリーニング方法も紹介されているため、幅広いチェーンオイルの差し方を把握することができます。

動画でチェーンオイルの差し方を知りたい人は参考にしてください。

人気なチェーンオイル

チェーンオイルはさまざまなメーカーが色々な種類のチェーンオイルを販売しているため、初心者の方からすればどのチェーンオイルを選べばよいのか戸惑ってしまいやすいです。

次に、人気のチェーンオイルを紹介しているため、購入する際に参考にしてみてはいかがでしょうか。


出典:amazon.co.jp

azオイルの特徴は高品質にも関わらず、低価格で販売されている特徴があります。

定期的にロードバイクを使用する人にとってチェーンオイルは消耗品であり、減るスピードも速くなってしまいます。

チェーンオイルは決して高いわけではありませんが、購入する頻度が高ければそれなりの支出になります。
できるだけ安いチェーンオイルを購入したいと考えている人におすすめです。


出典:amazon.co.jp

556オイルはスプレータイプが人気であり、さまざまな用途で使用することできます

有名な潤滑油であるため、品質が高く安心して使用することができます。
また、スプレータイプであるため、チェーンの細部まで潤滑油を吹き付けることができるメリットがあります。

チェーン以外でも使用することができ、一本購入しておくことをおすすめします。

ワコーズ CHL チェーンルブ 浸透性チェーン用防錆潤滑剤 A310 180ml A310

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る




モーガンブルー レースオイル 125cc

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


AZ(エーゼット) B1-001 自転車用 チェーンルブ マルチパーパス 110ml (チェーンオイル/ チェーン潤滑剤/チェーン 油/チェンオイル) CH002

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

AZ(エーゼット) BIcS-004 自転車用 チェーンルブ ロードレースSP(スペシャル)/チェーンオイル/チェーン潤滑油/チェンオイル (スプレー70ml)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

KURE(呉工業) スーパーチェーンルブ (180ml) チェーン専用プレミアム潤滑剤 [ 品番 ] 1068 [HTRC2.1]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブセミウェット No.1601

Amazonで詳細を見る

シマノ PTFE LUBE ボトル入り 100ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

KURE(呉工業) チェーンルブ (180ml) チェーン専用潤滑剤 [ 品番 ] 1016 [HTRC2.1]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

レスポ チェーンスプレー100ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

RESPO(レスポ) TITAN SPRAY 100ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スポンサードサーチ

ドライチェーンオイルおすすめ5選

フィニッシュライン(FINISH LINE) ドライ テフロン ルーブ プラボトル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602

Amazonで詳細を見る

Weldtite[ウェルドタイト] TF2 Plus Dry[プラスドライルブ] Lubricant with Teflon?? (75ml) by Weldtite

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Weldtite[ウェルドタイト] TF2 Dry Wax 100ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

AZ(エーゼット) B1-003 自転車用 チェーンルブ クリーン 50ml (チェーンオイル/ チェーン潤滑剤/チェーン 油/チェンオイル) CH021

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウェットチェーンオイルのおすすめ5選

FINISH LINE(フィニッシュライン) クロスカントリーウエットルーブ プラボトル 120ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

モーガンブルー シンルブ 125cc

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Weldtite[ウェルドタイト] TF2 エクストリームウェットルブ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


AZ 自転車用 チェーンルブ ロードレース用110ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


スポンサードサーチ

ワックスチェーンオイルのおすすめ5選

フィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブ 120ml プラボトル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

PEDRO'S(ペドロス) 自転車メンテナンス ケミカル 浸透 潤滑剤 チェーンオイル ルブ アイスワックス2.0 4OZ 110546

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

チェーンオイルの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。ロードバイクのチェーンオイルは多種多様、かなり多くの種類があるので、特に初めての方は迷ってしまいますよね。

ドライタイプ、ウェットタイプ、ワックスタイプ、清掃・潤滑タイプ、そして間をとったマルチなタイプと様々なものの中から、自分の走行シーンや頻度にあったチェーンオイルを選びましょう。

せっかく高価なロードバイクを購入したなら、こまめにメンテナンスをして、長く、美しく使っていきましょうね。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定