あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーにおけるDF(ディフェンス)の役割と世界的有名選手

スポシル編集部
更新日 :2018/05/29

今回はサッカーのポジションの中でも、守備に徹することが多い「ディフェンス」というポジションにフォーカスし紹介していきます。ディフェンスはサッカーにおいて、ゴールを守るための、いわば門番みたいな役割といえます。かなり重要なポジションです。ただし、現代サッカーではただ守るだけではなく、状況を見て攻撃に参加する能力も求められます。
サッカーを始めたばかりの方や、ディフェンスというポジションについて勉強したい方は、ぜひ参考にしてください。
サッカーにおけるfw(フォワード)の役割と世界的有名選手を徹底解説

目次

スポンサードサーチ

DFの意味

サッカー df
DF(ディフェンス)とは、サッカーのポジションの中で、守備的なポジションのことをいいます。相手チームのオフェンスからゴールを守ることが求められます。サッカーのポジションの中でディフェンスがいる目的は大きく3つあります。

  • 相手チームのオフェンスからゴールさせないように守備をすること
  • 相手チームのオフェンスからボールを奪うこと
  • 攻撃的な面として、味方チームのオフェンスへロングパスを配給すること、相手チームのオフェンスからボールを奪いカウンターとして前線へ速攻をしかけること

このように、ディフェンスは、ただ守備をするだけでなく、攻撃の起点としてプレーすることも求められるポジションです。

DFの役割とは?

サッカー df
ディフェンスの役割で一番大事なことが相手フォワードからゴールを決めさせない(=守備)ことです。これがディフェンスにとって大きな役割と言えるでしょう。

では、ゴールを決めさせないためにはどうしたらいいでしょうか?
1つに、相手チームのフォワードを自由にプレーさせないことです。これには、相手チームのフォワードをマークすることであったり、裏のスペースへ抜け出させないようにディフェンスラインを統率することが必要です。また、相手チームからボールをインターセプトすることで、事前にピンチを防ぐことも、ディフェンスの役割としては大事になります。

一方で攻撃面でもディフェンスの役割は多くあります。
それは、味方チームのオフェンスへのパスの配給であったり、正確なロングフィードでチャンスを演出し攻撃へのスイッチをいれることです。

スポンサードサーチ

DFの種類

センターDF

センターDFとは、文字通り、真ん中(=センター)に位置するポジションのことです。
通常の戦術では2枚か3枚がこのセンターディフェンスとして配置されるケースが多いです。主な役割としては、ラインコントロールがこのセンターディフェンスでは求められます。このラインコントロールをすることで、相手チームのフォワードが裏の空いたスペースへ抜け出すことを未然に防ぐことができます。なので、常に相手チームのフォワードとラインの駆け引きをすることで、チャンスの芽を紡ぐことが求められています。

サイドDF

サイドDFとは、サイドに位置するディフェンスのことです。
通常のフォーメーションでは左右両サイドの2枚がサイドディフェンスとして配置されるケースが多いです。このサイドディフェンスは守備だけではなく、攻撃での役割も多く求められるポジションです。なので、必然と運動量が求められます。守備では、相手チームのウイングフォワードがドリブル突破することを死守し、攻撃面ではサイドを駆け上がるタイミングや、味方フォワードへあわせるクロスの精度を高める必要があります。

アンカー

アンカーは、ディフェンスのポジションというよりは、1つ前のミッドフィルダーのポジションと認識した方が正しいでしょう。2010年の南アフリカW杯のとき、阿部勇樹選手がこのアンカーというポジションに配置され注目を浴びました。このアンカーというポジションはセンターディフェンスの1つ前のポジションに配置され、センターディフェンスよりも早く、相手チームからボールを奪取したりと未然にピンチを防ぐことが求められます。なので、危機察知能力やボール奪取能力に長けている選手が配置されることが多いです。

ストッパー

ストッパーというポジションは今ではあまり聞きなれないポジションになりました。
ストッパーは、相手チームのフォワードに対してマンツーマンでマークすることが大きな役割となります。また、リベロの前にストッパーというポジションが配置されることから、事前に相手チームのフォワードに当たり負けしないフィジカルの強さ、ボール奪取能力が求められるポジションです。つまり、対人能力の高さがこのストッパーには必要となります。

リベロ

リベロというポジションも現代サッカーでは死語のような感覚です。
リベロは別名スイーパーというポジションで、ストッパーの背後に位置するポジションです。ストッパーと異なる点は、相手チームのオフェンスをマンマークすることはなく、他のディフェンスのカバーをすることが大きな役割となります。なので、ピンチになったときは、すぐにカバーリングできる危機察知能力などが求められるポジションです。守備のスペシャリストといったイメージが強いのがこのリベロというポジションです。

世界的に有名なDF

セルヒオ・ラモス選手(レアル・マドリード)

まずは世界的に有名なディフェンダーとしてレアル・マドリードに所属し、スペイン代表のセルヒオ・ラモス選手です。
セルヒオ・ラモス選手は、レアル・マドリードでは主にセンターディフェンスを務めますが、場合によっては右サイドディフェンスもこなします。特徴としては、なによりも人並外れたフィジカルコンタクトの強さといえるでしょう。相手チームのフォワードが裏のスペースへ抜け出したときは、スライディングでボールを奪取し、ロングボールの競合いには負けない高さがあります。また絶対に得点を許さないというファイトスピリッツは見ていてワクワクしますよね。

さらにセルヒオ・ラモス選手は守備だけではなく、攻撃でも優れたセンスをもっています。ディフェンスながらセットプレーでは、その高さとフィジカルの強さから多くの得点を生んでいます。

出典:youtube.com

マルセロ選手(レアル・マドリード)

続いてはレアル・マドリードに所属し、ブラジル代表のマルセロ選手です。
マルセロ選手は、あのアフロヘアーが特徴的ですよね。レアル・マドリード、ブラジル代表ともに左サイドディフェンスとして起用されます。マルセロ選手は、献身的な守備はもちろんなんですが、攻撃面で非凡な才能を発揮しています。なによりも、足元のテクニック、ボールコントロール能力は、ディフェンダーの選手とは思えないほど、並外れたテクニックを持っています。サイドチェンジからのロングボールなどは、いとも簡単にトラップしてしまいます。

また、キックの精度も長けており、マルセロ選手があげるクロスは正確無比なクロスばかりです。さらに状況を見て中に入り込み、自らミドルシュートを放つシーンも数多くあります。

出典:youtube.com

ジェラール・ピケ選手(バルセロナ)

最後はバルセロナに所属し、スペイン代表のジェラール・ピケ選手です。
ピケ選手は、なによりも「巧くて強い」センターディフェンスです。193cmの高さがありセットプレーやフィジカルコンタクトには定評がある一方で、足元のテクニックにも優れています。とくに、絶妙なボールキープ力と前線へのパスを配給する繊細なタッチはディフェンスとは思えないほどのテクニックです。さらに、チャンスであれば前線へあがり、屈強なフィジカルでセットプレーから得点を数多く生み出しております。

また守備では、危機察知能力に優れており、相手チームのチャンスをいとも簡単にボール奪取してしまいます。空中戦では抜群の存在感を見せ、守備では屈強なフィジカルで守備ができる世界最高峰のディフェンスの一人といえるでしょう。

出典:youtube.com

スポンサードサーチ

まとめ

サッカー df
いかがでしたでしょうか?
今回はサッカーのポジションの中でも、「ディフェンス」にフォーカスし紹介していきました。
ディフェンスの役割としては、もちろんゴールを守る=守備ことですが、その中でも、ラインコントロールやカバーリングといった「どのようにしたら相手チームのフォワードからボール奪えるのか?」と考えることは、非常に大事になってきます。サッカーではどのポジションも頭を使うポジションです。

合わせて読みたい

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike