あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

【サッカー】ヘディング について徹底解説!!

スポシル編集部
更新日 :2018/05/26

サッカーのワールドカップにより盛り上がりを見せている、人気のスポーツがサッカーです。子供たちの習い事としても人気で、将来のなりたい職業のランキングでも上位に名を連ねる人気のスポーツです。サッカーで使用するプレーの一つにヘディングがあります。サッカーといえば足でのプレーを想像しますが、頭でボールを扱った際の技術もレベルが上がるに連れ求められます。そこで今回はヘディングのコツや種類を細かく紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

ヘディングとは

サッカー ヘディング
ヘディングとは、サッカーにおけるプレーの一つで頭を使ってボールを扱うことを言います。ヘディングは空中にあるボールを処理する重要なテクニックです。サッカーでは、クロスやセットプレーからヘディングによるゴールが生まれることも多いため、ヘディングを武器にする選手も多くいるほど、サッカーでは大切なプレーの一つと言えます。

ヘディングが上達するためのコツ

恐怖心をなくす

サッカーのヘディングでは、ボールを自分の頭のどこの部分に当ててコントロールするかが非常に重要です。そのため、ヘディングの基本中の基本として、しっかりとボールを見続ける必要があります。恐怖心で目をつぶってしまうと正確にボールを捉えることができませんので、ボールが当たるまで恐怖心を捨てボールを見続けましょう。意識としては、ボールの行方まで見続けるくらいの意識を持って、ヘディングをしましょう。

当てる部分を意識する

首を固定して、頭にしっかりとボールを当てることが作家のヘディングの基礎です。ここでいう頭とは、額の上、髪の毛の生え際のところでボールを捉えるのがコントロールしやすくなるコツです。はじめは短い距離からヘディングの練習をし、しっかりと自分で当たっている位置を確認してから、徐々に距離を伸ばしていき、安定したポイントでヘディングができるスキルを身につけましょう。

力をボールに伝える

ヘディングをして、うまく力強いボールを飛ばすためにはしっかりと首を固めてヘディングをする必要があります。首を固めておくことによって、強いボールには頭を当てるだけで強く反発し、力強いヘディングになります。弱いボールであっても首を固定して全身でボールを叩く、もしくは膝を使って全身でボールを突き上げることで、力強いヘディングをすることができます。

スポンサードサーチ

ヘディングの種類

スタンディングヘッド

サッカーのヘディングの中で最も基礎となるのがスタンディングヘッドです。このヘディングは立った状態で行うヘディングです。このヘディングのやり方は他のヘディングの基礎となりますのでしっかりと覚えましょう。スタンディングヘッドはボールをしっかりと見てタイミングを計り、背中をそらしてボールを待ちます。全身のバネを使って体を前に振り出して、ボールに頭を当てるようにします。

ジャンピングヘッド

ジャンピングヘッドは、ジャンプをしながら行うヘディングです。基礎のスタンディングヘッドにジャンプが加わったと思うとイメージしやすいと思います。ジャンピングヘッドはまず、ボールの落下時点に相手よりも速く入って、ジャンプします。空中では両足を後ろにたたんで振り出す反動をつけて、ジャンプの最高点でボールをとらえます。空中でボールを捉えたら、上から下に叩くようなイメージでボールを叩くと良いです。

バックヘッド

サッカーでいうバックヘッドとは、後ろにボールを飛ばすヘディングです。ヘディングの基礎となる前に打つ時のやり方とは、また違ったコツが必要になります。バックヘッドをするときは、ボールの落下時点の少し前に入ることがコツです。こうすることにより、後ろに向かってボールを押しやすくなります。打つときは、額の少し後ろのところに当てると後ろにコントロールしやすくなります。

ダイビングヘッド

サッカーでいうダイビングヘッドは、ダイビングをしながら行うヘディングです。低いボールに対してヘディングをするときに使います。このヘディングは助走やダイビングの勢いをそのままボールに伝えることができます。ダイビングヘッドは低い姿勢で行うのがコツです。そうすることにより、足のバネをしっかりと使うことが出来るので、前に飛ぶことができます。

ヘディングが得意な日本人選手

中澤佑二

横浜Fマリノスに所属している、元日本代表の選手です。長年、センターバックとして日本代表を支えてきましたが、強いフィジカルと、高いポジショニングセンスは守備の時のみならず、攻撃時にも躍動し多くの得点をヘディングで奪っています。中澤選手の特徴は、高い打点でボールを捉えることが出来るところです。他にもポジショニングの良さやジャンプのタイミングの良さに加えて、正確なポイントにボールを当てる技術が今でも第一線で活躍できる秘訣だと思います。

岡崎慎司

イングランド・プレミアリーグのレスターに所属している日本代表の岡崎慎司選手も非常にヘディングの上手い選手です。近年の日本代表でも活躍している選手なのでご存知の方も多いかと思いますが、ヘディングでのゴールが非常に多いです。岡崎選手といえばダイビングヘッドをイメージする人が多いです。低いボールにも頭から突っ込み、勢いのある強烈なヘディングシュートを叩き込みます。他の選手の足があるという恐怖心を捨て、ゴールを奪うという執念が感じれれる選手です。

スポンサードサーチ

まとめ

ここまで、サッカーを上達するために必要なスキルのヘディングを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ヘディングにも様々な種類があり、その全てのスキルを身につけることでサッカー選手としての上達が見込めます。この記事では、ヘディングのコツや、各種類のヘディングのコツ、ヘディングのうまい日本人選手を紹介してきました。この記事を参考に、ぜひ自身のスキルアップを目指してみてください。

サッカーヘディング関連リンク

【サッカー】筋トレについて徹底解説!

【サッカー】スライディングについて徹底解説!

サッカーにおけるボランチとは?役割や有名選手を徹底解説!

センターバックの役割と世界的CB選手ランキングを徹底解説!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike