あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
mountain bike

【タイプ別に紹介!】マウンテンバイクスタンドの選び方と人気おすすめ10選

スポシル編集部

公開日 :2018/05/25

更新日 :2019/05/09

環境にも健康にもやさしいマウンテンバイク。快適に走行できるので普段の生活の中で欠かせないアイテムのひとつです。そんなマウンテンバイクを駐車する際には専用のスタンドが必要です。今回はスタンドの選び方や注意点、おすすめのスタンドを紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

マウンテンバイクスタンドの設置位置と特徴

リア部分に取り付けるタイプ


出典:amazon.co.jp
自転車の後部に取り付けるタイプで、一般的に多くの自転車に取り付けられています。取り付けが比較的簡単で、他のパーツにも干渉しにくいため初心者にもおすすめなスタンドです。さらに、駐車から発進の動きがスムーズにできます。両足タイプと片足タイプがありますが、両足タイプは重量があるので片足タイプがおすすめです。注意点は、重い荷物をつけすぎるとバランスを崩してしまうことです。

チェーンステー部分に取り付けるタイプ


出典:amazon.co.jp
後輪部分とペダルの間、フレーム部分に取り付けるタイプです。駐車時のバランスがとりやすく、固定力があります。駐車時にコンパクトにまとまるので見栄えがいいです。
注意点は、チェーンステーの形状や太さによって取り付けが出来ないものがあり慎重に選ぶ必要があること。さらに、スタンドが他の部位に干渉しないように寸法や取り付け位置をしっかり把握しないといけないことです。また、カーボン製のフレームの場合衝撃に弱いので取り付けないほうが無難です。

センター部分に取り付けるタイプ


出典:amazon.co.jp
自転車の中心の下部に取り付けるタイプです。平面での駐車時はバランスがよく、重い荷物をつけても倒れにくいです。また、後輪が地面から浮くので、車輪周りのメンテナンスの際、活躍してくれます。注意点は、斜面だとバランスがなかなか取れずに倒れてしまうことがあることです。また、自転車本体の形状によっては取り付けが出来ない可能性もあるのでよく調べることが大切です。

マウンテンバイクスタンドの選び方

長さ調整できるスタンドを選ぼう!

実際にスタンドを取り付けても、駐車時のバランスが悪いとすぐに倒れてしまいます。適切な角度で駐車する必要があります。そこで、スタンドを調整する必要があります。調整には、スタンドの角度を調整する方法と長さを調整する方法がありますが、長さを調整したほうが微調整出来ますし、比較的簡単です。なので、長さを調整できるスタンドがおすすめです。

適合ホイール径をチェック!

スタンドはほとんど適合するホイールの大きさが決まっています。これを守らないと取り付けられなかったり、取り付けてもバランスが悪かったりします。タイヤに掲載されていることもありますが、わからない場合はショップに持ち込んで教えてもらうこともできます。ホイールの大きさはスタンドだけでなくタイヤを購入する際にも必要なので必ずチェックしましょう。

マウンテンバイクのつくりと適合しているか

スタンドを購入する前に、自分のバイクのつくりを確認するようにしましょう。リアタイプの場合は後輪の中心(クイックリリース周辺)、チェーンステータイプはチェーンステーとシートステー周辺、センタータイプなら、べダルの根の部分(ボトムブラケット。略してBB)の内部と周辺に注意が必要です。特に、センタータイプの場合、BB内のスペースと、干渉物があるかないかが重要です。購入しても取り付けが出来ない場合があるので必ず前もって確認しましょう。

取り付けるフレーム素材は問題ないか

フレームの素材によっては取り付けが出来なかったり、壊れてしまう可能性があるので注意しましょう。薄いタイプのアルミフレームやカーボンフレームは強度が低いため壊れてしまいます。また、極太のアルミフレームには取り付けることが出来ません。チェーンステータイプ、センタータイプを選ぶ場合は特に注意が必要です。不安な場合はリアタイプを選びましょう。

スポンサードサーチ

マウンテンバイクスタンドの人気おすすめ10選

Bikeguy QRスタンド クイックリリース取付スタンド

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Vélo Line(ベロライン) キックスタンド 【24インチ~700c対応】 伸縮式アジャスタブル チェーンステー固定型 取り付けパイプ直径18cm-25cm対応 自転車スタンド 1本スタンド 片足 サイドスタンド 【ロード/クロス/MTB汎用】 KICK-STAND

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


DOPPELGANGER アジャスタブルキックスタンド 20インチ~700C対応 チェーンステー固定型:φ10mm-23mm 自転車スタンド 1本スタンド 片足 サイドスタンド [ロード/クロス/MTB汎用]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


ZAFIT(ザフィット) B032 自転車用 軽量 サイドスタンド チェーンステーに固定するキックスタンド 長さ調節可能 <色選択>

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


FF-R 取付可変式アルミアジャスタブルスタンド ブラック CD-160X-BLACK

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


トランズエックス CD-96 サイドスタンド

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


GORIX 自転車センタースタンド ダブルレッグ 24~29インチ GX-KC80AAJ-C1

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


ESGE ダブルレッグスタンド スイス製 センタースタンド

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


MASSLOAD(マスロード) Vオープンセンタースタンド CL-KA56 ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) アジャスタブル ダブル レッグ センタースタンド CL-KA56

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

自分にあったマウンテンバイクスタンドを選ぼう

いかがでしたでしょうか。一言でスタンドといっても多種多様な種類があります。使用する環境や使用目的によって自分にあったスタンドを選んでみてください。他のパーツと同じようにスタンドにもこだわることもマウンテンバイクの楽しみの1つといえます。

スポンサードサーチ

マウンテンバイクスタンド関連リンク

マウンテンバイク用ステムの選び方と人気おすすめ9選

マウンテンバイク用グリップの選び方と人気おすすめ9選

【疲れにくさ重視!!】マウンテンバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選

【利便性で決めよう!!】マウンテンバイク用泥除けの選び方と人気おすすめ10選

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

外回りや立ち仕事での疲労を激減!特許技術採用のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

AspoleZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

AspoleZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減

【掲載メディア】

購入はこちら!

これはもうオーダーメイド。常識を蹴り飛ばしたサッカースパイク「蹴王」登場

BMZ_keiou

俊敏さに磨きがかかり、初速の勢いが爆発的に上がるサッカースパイク

蹴王の特徴は、以下の3点にあります。

  • 足指が自然に動く独自の構造設計で足が持つ本来の機能性を最大限に引き出す!
  • 足裏の運動をサポートし、足そのものを鍛え上げることで、運動中のトラブルを減らせる!
  • 五輪メダリストをはじめ、サッカー、野球、ゴルフなど多くのプロ選手愛用の国産メーカー!

日本有数のインソールメーカーだからこそできた、プレイヤーのことをとことん考え抜いた代物です。 ぜひその効果を自分の足で確かめてみよう!

詳しくはこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike