あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

【サッカー】試合時間について徹底解説!!

スポシル編集部

公開日 :2018/05/24

更新日 :2019/05/09

今回はサッカーの試合時間に関して詳しく紹介していきます。サッカーを観戦している中で「アディショナルタイムってなに?」と疑問を抱いた方や「あれ?なんでみんな一斉に水分補給をしてるんだろう。」と不思議に感じた方は多いのではないでしょうか。実はサッカーには前半、後半以外にも設けられている時間があるのです。サッカー初心者の方はもちろん、試合を見ていて試合時間についてもっと理解したい方は、ぜひ今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

目次

スポンサードサーチ

サッカーの試合時間について

サッカー 試合時間
サッカーの試合時間はプロサッカー選手(Jリーグ、海外リーグ、国際大会)の場合、前半45分・後半45分の1試合合計90分が試合時間となります。それに加えて、試合中に選手がケガをしてしまったり、選手同士での争いのため審判が一旦試合を中断した場合は、数分間のアディショナルタイムが追加されます。アディショアルタイムについては、のちほど説明しますが、1試合あたり前半、後半あわせて5分~8分ほどです。

ハーフタイムについて

ハーフタイムとは、前半45分と後半45分の間に選手に与えられた時間です。ハーフタイムは、プロサッカー選手(Jリーグ、海外リーグ、国際大会)の場合15分となります。その間に選手は休憩をとったり、あるいは監督が前半の試合内容を振り返って戦術をフィードバックします。なので、このハーフタイムでの15分間は後半に向けて非常に大事な時間となります。

また元日本代表選手の遠藤保仁選手は、このハーフタイムを使ってシャワーを浴びて1度リフレッシュしているのは有名ですよね。選手によってハーフタイムの使い方は異なるのです。

アディショナルタイムとは

アディショナルタイムとは、前半45分と後半45分にプラスで追加された時間のことです。試合によってこのアディショナルタイムは変わってきます。では、どうしたらアディショナルタイムが追加されるのか説明します。これは主審がタイムキーパーとして試合を止めた時間で変わってきます。

具体的には、選手交代のときや負傷者が出たときにケガの具合によって試合を一時中断する場合です。その負傷者を担架で運ぶときの空費された時間によって追加時間が変わります。仮にアディショナルタイムに突入したときに選手交代などをして試合時間が伸びたとしても、それは戦術と判断されさらなる追加時間には反映されません。

給水タイムを設ける大会がある

給水タイムとは、前半、後半と試合中に主審の判断によって、給水時間(水分を補給するための時間)が設けられることです。試合の状況やポジションによっては、なかなか水分補給ができないことも考えられます。また、猛暑下の試合では熱中症の危険性があるため、一時的に試合を止めて水分補給を全員ができるようにしました。

2014年のブラジルW杯では32度を超える気温であった場合、前後半の30分を経過した時点でそれぞれ3分間ずつの給水タイムが主審の判断によっておこなわれました。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。サッカーの試合時間に関しての理解は深まりましたでしょうか。サッカーではアディショナルタイムを取ることで失われた時間をしっかり確保し、公平性のある試合展開にしたり、水分補給をとることで健康へのリスクを軽減したりと様々な工夫がなされています。とくに水分補給は、以前まではなかった制度なのでサッカーの試合においてもどんどんと制度が変わっていることがわかりますね。

2018年ロシアW杯ではVAR(ビデオアシスタントレフェリー)制度を設けるなど注目されています。こうした細かい知識を吸収するだけでも、サッカー観戦がより楽しくなりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

サッカー試合時間の関連リンク

【サッカー】反則について徹底解説!!

【サッカー】間接フリーキックについて徹底解説!

【サッカー】セットプレーについて徹底解説!

【サッカー】オウンゴールについて徹底解説!

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike