あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

良いショットを打つには、足の動きが大切!「フットワーク」の基本や種類について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/30

更新日 :2019/04/30

テニスにおける足の動き、いわゆる「フットワーク」は基本中の基本の動きにあてはまります。このフットワークには種類がいくつかあり、いいショットを打つためにはしっかり頭に入れておく必要があります。

また、フットワークを覚えておくことでストローク戦にも格段と強くなります。

例えば、日本の錦織圭選手はフットワークが非常に鋭くて速い選手で有名ですが、ただ足が速いからボールに追いつけるというわけではありません。そこには足の多彩なテクニックが隠れており、ボールの打点を整えるにも有効なのです。今回はフットワークを中心に徹底解説するので、楽しく学んでいきましょう!

目次

スポンサードサーチ

テニスの「フットワーク」の基本とは?!


フットワークとは、端的に言えばその名の通り足を動かすことを指します。フットワークと言う語句に関しては、テニスに限ったワードではありません。

例えばバスケットボールやハンドボールなどでもフットワークは重要ですし、必然的にフットワークを使っているスポーツも多々あります。

ただ、テニスのフットワークについて考えてみると、ボールを打つために必要な足の動きという意味を持ちます。フットワークはボールに追いつくだけではなく、打つ瞬間にも小刻みの動きなどを入れるなど、無意識のうちに使っているものなのです。

もちろんショットを放つにはラケットを構えることも大事ですが、まずは足を動かして自分をボールの位置までもっていくことが先です。今回は様々なテクニックを紹介するので、できればすべて使いこなせるようにしましょう!

「フットワーク」の種類とコツ!


テニスでのフットワークの基礎がわかったところで、次のステップではどのような足の使い方で選手たちがフットワークを使っているのかを教えます。それぞれ場面に合わせる必要がありますが、すべてよく使うステップなので、覚えてすぐに実践してみましょう!

「フットワーク」の主な3つの種類を解説します。


  • クロスステップ

  • サイドステップ

  • スライドステップ

クロスステップ


クロスステップは足を交差させて体は正面を向いたまま横に走るフットワークのことです。

主に体から遠いボールにより早く近づくために使います。特にフォアハンドストロークで回り込んで打つショットを使う際や、後ろに行ったボールに速く追いつくためにクロスステップがよく使われます。

後ろのボールに追いつく場合は体をひねったままで足をクロスさせます。

今回はフォアハンドの回り込みを想像してみましょう。ラケットを頭上に構え、同時に右足を引きます。これですでに横の動きに備えていることになりますが、右足の次は左足を後ろに引くこの動作を繰り返すと自然とクロスステップになります。

横に速く動くのは回り込んで打つだけではなく、ボールへの距離が遠くても早く理想的な打点に入るためです。

飛んできたボールの速さにもよりますが、基本的にテニスはステップの準備をするため、すぐに足が動かせるようにその場で足踏みをした方がよいのです。足踏みのリズムを感覚的に覚えておけば、ステップ自体もリズムが取りやすくなります。

サイドステップ


サイドステップとは、体を正面に向けて相手を見ながら横に動くステップのことです。

クロスステップのように大きく動くステップではなく、主にショットの微調整をするために使われ、自分の体の近くのボールに対して半歩ほど両足を動かし、打点を調節するようなステップです。

またスマッシュの時、足が止まっていると予想よりもチャンスボールが微妙に変化する場合にタイミングを合わせることができないので、この時もサイドステップで微調整してからスマッシュを打ちます。

先に説明したように、サイドステップは大きく動くステップではありません。つまり、距離が長い場合のステップとしてはあまり適していないので、自分の位置がボールから遠い場合はその方向に体を向けて走った方がいいのです。

コツとしては大股にならない小刻みな足の動かし方ができればショットの微調整は簡単にできます。

スライドステップ


スライドステップとは、ステップをして急に停止させたときに足の踏ん張りがきかないことを利用してショットをコントロールするステップのことです。

簡単に言うと、ステップからショットを放つ時、足をわざと滑らせる動作のことを言います。

主にこれが使えるコートの種類は土で覆われたクレーコートや砂と人工芝を利用したオムニコートで、この2つのコートは急にストップして打とうとしてもしっかりと止まることはできません。

そこであえて足を滑らせるようにスライドさせながらボールを返します。ステップから急停止しようと足を踏ん張ってみると自然にできる動作なのです。

また、スライドステップであれば横に大きく滑らせることができるので、届かなさそうなボールに追いつく時にも使用可能です。ただし、ハードコートはあまり滑る性質はないので、スライドステップをやってしまうと逆に足に負担がかかり、ねんざなどのけがをするおそれがあります。ハードコートでは使わないようにしましょう。

スポンサードサーチ

「フットワーク」が悪い人必見「フットワーク」の練習を3つ動画も合わせてご紹介!


テニスをプレーするのに使われるフットワークは試合中欠かせない動きです。どんなにフットワークが得意でない人でも、試合に出るためには絶対に必要となります。

そこでフットワークでお悩みの方のために具体的な練習方法を解説した動画を紹介します。ぜひ反復練習に活用してみてください!

練習を3つ解説します。


  • 速い移動を可能にするフットワークを身につけよう!

  • 無駄の無いステップを身につけよう!

  • ボールに対して正確な位置どりを取ろう!

速い移動を可能にするフットワークを身につけよう!


以下の動画は元世界ランク1位、イギリスのアンディ・マレー選手が行っていたフットワークのトレーニングです。

マレー選手といえば、どんなボールもあきらめずに拾い続けるフットワークが売りの選手であることはテニスファンの間でよく知られています。
知っておかなければならないのは、そんなトッププレイヤーでも努力をしないで優れたフットワークを身に着けたわけではないということです。

後方へのダッシュや左右のボールに対応することを想定したフットワークの反復練習、ひもの上を交互に両足でジャンプするなど様々なトレーニング法を用いているわけです。

もちろんこういった反復練習は体力的にも非常にきついものですが、やはりハードワークを積まなければ結果も生まれないということです。自分なりの方法でもいいので、負荷をかけたトレーニングにも挑戦してみましょう!

無駄の無いステップを身につけよう!


テニスのラリー中、ステップの歩数をたくさん使ってしまうと速く動くことができず、早いラリーの展開に対応できなくなってしまいます。そのためにも歩数を少なくした「エコステップ」を使います。

なるべく大股でツーステップまでの動作を意識し、打った後もクロスステップと歩幅調整のサイドステップでしっかり元の位置に戻れます。

時にはサイドラインの外まで追い出されることもあるので、そういった場面に備えてさらに大きくステップを踏めるようにしておかなければなりません。

しかし、すべての場面でエコステップを使わなければならないのかと言うと、実はそうではありません。例を挙げると、ボールのペースが遅い場合はツーステップだけだと追いついてからボールが来るまで足を止めなければなりません。そうするとタイミングがずれてしまうため、小刻みにステップを踏んで感覚を調整して打点を合わせる必要があるのです。

無駄な体力を使ってしまわないよう、エコステップを覚えましょう!

ボールに対して正確な位置どりを取ろう!


以下の動画からもわかることですが、ボールに対して正しい位置取りができなければ勢いのある正確な球を打つことは難しくなります。

位置取りの正確性のなさからバランスが崩れてしまい、相手にチャンスボールを与えてしまうことにつながりかねません。

そのためにはこれまで紹介してきたスライドステップやサイドステップなどを駆使することが大事です。

実際、テニスの試合で足が止まっていることは基本的にはありません。サイドステップのようにボールの勢いがそこまでなくても打点を微調整するための刻み方すらあるわけですから、ショットの位置取りとステップには深い関係があるということです。

ボールに対しての位置取りが早く、ミスヒットしなければ皆さんのストロークも正確になってくるはずです!

家で出来る!テニスに使える筋トレ!


テニスコートでのトレーニングはもちろん大事ですが、家で退屈な時間をトレーニングにあててライバルと差をつけていきたいですよね。ここでは家でも簡単にフットワークに大切な下半身を鍛えられるトレーニングを解説していきます。

強靭な下半身の肉体を手に入れるためにも一生懸命取り組んでみましょう!

筋トレの主な2つを解説します。


  • スタンディングカーフレイズ

  • スクワット

スタンディングカーフレイズ


まずは「スタンディングカーフレイズ」という壁を使ったトレーニングを紹介します。

スタンディングカーフレイズは主にふくらはぎを鍛える時のトレーニングになります。道具を用意する必要は何もなく、家にある壁で簡単にできます。

最初に壁に向かって立ちますが、安定性を保つため、手を壁に添えて立ちます。次に足を腰幅に開き、つま先をまっすぐに向けます。この状態ができたらつま先立ちをし、足を戻すときは床につくギリギリのところまでで止めておきます。全部足をつけて戻してしまうと負荷がかからないので注意しましょう。

この時のポイントとして、1つはまっすぐ真上に伸びることがポイントです。また、足の付け根に体重を乗せるように心がけてみましょう。

イメージが湧かない方はぜひ以下の動画を見てみてください!

スクワット


テニスはステップからショットまで、下半身をとにかく使うことが多いスポーツなので、下半身の筋力強化は重要です。下半身の筋力アップに有効な簡単なスクワットを説明していきます。

ポイント①膝からではなく股関節から曲げておしりの位置を落とす。

ポイント②太ももが地面と平行になるまで下がったら、かかと重心で上がっていく。

ポイント③前に体重が乗ると前ももばかり鍛えてしまうことになるので、おしりと太ももの裏を意識する。

ポイント④体を戻すときは膝が伸び切らない。

ポイント⑤フォームがよくなってきたら、なるべく速く行う。

以上がスクワットのポイントになります。

また、どちらかの足を鍛えたいときには片足スクワットが有効です。やり方は簡単で、片足を浮かせて体を沈めるだけです。やりづらい方は最初は椅子を使ってやってみるのもいいでしょう。

スポンサードサーチ

まとめ


テニスのフットワークは様々な種類がありますが、一番いいのは理論を考えるよりも体を動かしてみることです。

足を動かせばすでにそれがフットワークになるため、あとは少し工夫を加えればよりよいステップになるはずです。しっかり覚えてラリー戦では誰にも負けないような多種多様なフットワークを武器にしてみましょう!

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定