あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

【サッカー】スローインの投げ方や進め方を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/05/26

更新日 :2019/05/09

サッカーにおいてフィールドプレイヤーも唯一手を使ってパスをする手段として「スローイン」がありますよね。スローインはあまり注目されることはありませんが、 スローインから多くのチャンスが生まれています。実際スローインがきっかけでゴールが生まれることも数多くあります。

今回はそんなスローインの投げ方を徹底解説します。

目次

スポンサードサーチ

スローイン

スローインとは、ボールがサイドラインを完全に超えたときに両手を使って再開するプレー方法です。具体的には、ボールがサイドラインを超えた位置からボールを出したチーム(Aチーム)の相手チーム(Bチーム)によってボールを両手を使ってフィールド内に投げ込むプレーです。
スローインの中でも、約30メートル以上先を狙う場合は「ロングスロー」と呼びます。
また最近海外の選手などでよく見られる、大きく助走をとってから、一回転して両手でボールを投げるスローインを「フリップスロー」あるいは「ハンドスプリングスロー」と呼びます。

スローイン

スローインの進め方

スローインはボールがサイドラインを完全に割った瞬間にスローインと判定されます。
ボールを出したチーム(Aチーム)の相手チーム(Bチーム)によってプレーが再開されます。BチームはAチームがボールを出した地点から両手でボールを味方に向けて投げ込みます。サイドラインからボールを投げ入れるまでの制限時間はありませんが、遅延行為など明らかに反則として取られるような場合は、カードが出される可能性もあるので、ボールがサイドラインを超えたら、なるべく早く投げ入れるといいでしょう。

スポンサードサーチ

スローインの投げ方

 
出典:youtube.com
スローインの投げ方としては、助走を大きくとってから遠くの味方に向けて投げる方法と、近くの味方に向けて投げる方法があります。
助走を大きくとって遠くの味方に投げる方法は、先ほど述べた通り「ロングスロー」と呼びます。

このロングスローを投げる際には、助走を大きくとることはもちろんですが、上半身をうまく使い力一杯投げることがコツです。また、しっかり遠くにいる味方に向けて投げることを意識すると良いでしょう。もし、ミスをしてしまった場合は相手チームにチャンスが生まれてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、細かいルールにはなりますが遠くに投げたいあまり「ファウルスロー」となるケースもあります。具体的には、両足でジャンプしてスローインする、片足がピッチから離れている、両手ではなく片手で投げる、ボールが頭上を超えていない場合などです。

近くの味方に投げる方法としては、両足をピッチにつけて投げると良いでしょう。そうすることで、正確に味方へパスすることができます。注意点としては、急いでいる際などは、とくにサイドラインに気づかず無意識に超えてしまったり、ボールが出た地点とは違う地点で投げてしまうことが多いので、意識して投げることを心がけましょう。

スローインをチャンスに変える

スローインはサッカーの中では目立たないプレーになりますが、チームによっては、このスローインによって得点を取るための戦術として取り組んでいるチームもあります。
スローインの大きなメリットとしては、まずオフサイドにならないことがあげられます。
ボールがサイドラインを出たとき、リスタートをすることでスローインによってチャンスを作ることができます。

通常のキックによるパスであれば味方チームが相手チームのDFラインより後ろにいる場合、オフサイドと判定されてしまいます。
ただ、スローインにはオフサイドが一切ないため、相手チームのDFラインより後ろにボールを出すことができ、味方チームが一発でDFラインの裏へ抜けることができます。
そうすることでチャンスを作ることができます。

また、ゴールに近いサイドラインでボールが出たときは、直接ゴール前にロングスローを投げることで、ゴールチャンスをつくることができます。これは味方チームに背が高い選手がいるときなどは、かなり効果的な戦術となります。
その際は、ロングスローだけでなく、先ほど述べたフリップスロー、ハンドスプリングスローも効果的です。
実際に、スローインから味方チームがヘディングシュートでゴールを決めるシーンも多くあります。

出典:youtube.com

スポンサードサーチ

サッカー スローインの関連リンク

スローインのまとめ

いかがでしたでしょうか?
いままで、サッカー観戦中にあまりスローインというプレーに注目していなかった方やスローインのルールについてあまり理解してなかった方などが、この記事を読んでいただいてスローインの奥深さについて理解できたと思います。

プレーとしては、あまり目立たないプレーですが、ゴール前などでは投げ方や戦術によってチャンスが多く生まれるプレーが、このスローインです。

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike