あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

PKのルールについてわかりやすく徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2018/05/12

更新日 :2019/09/11

サッカーを観戦していてPKになると決めるか止めるかで「ハラハラ、ドキドキ」しますよね。これが決まれば「勝利!or負ける!シーン」なんかは特に気持ちが高まるのがPKです。でも、そもそもPKってペナルティエリア内で倒されたらPKになるのは分かるけど、やっちゃいけないルールとか細かいルールに関してわからないひとも多いのではないでしょうか?

ロシアW杯まで残りわずかとなりましたので、もっと楽しく観戦するためにPKの細かいルールまで今回は紹介していきます。

サッカー初心者の方はもちろん、細かいルールまで知らない方はぜひ参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

PKのルール

ペナルティエリア
PK(ペナルティーキック)とは、ペナルティエリア内でAチームの選手がBチームの選手に倒された場合にBチームが反則行為となりAチームがPKを獲得したことになります。
そしてキッカーとゴールキーパーが一対一の状態で行われ、Aチームが決めれば1点獲得、Bチームが止めれば1点を死守したことになります。
ちなみにペナルティエリアとは、ゴールから囲われた四角の箇所となります。
四角の先にある丸い箇所はペナルティアークと呼ばれ、そこで倒されてもPKとはなりません。

    • ボールを置く地点からゴールまでの距離は12ヤード(約10.97メートル)程度となります。

 

    また、試合中に倒されてPK(ペナルティキック)となるケース以外にも、ノックアウト方式のトーナメント戦などにおいて、引き分けで試合が終了した場合にはPK戦というかたちが取られます。

PKの違反と処理

キッカーの違反

キッカーの違反としては、

  • 助走してから完全に立ち止まりGKが横に動くのを見てからボールを蹴ること
  • ボールを後方に蹴り、味方の別の選手がボールを蹴ること(別の味方選手が蹴ること自体は問題ではなく、後方に出して蹴ることが違反となります。)
  • キッカーが特定していないこと
  • ボールを蹴る前に味方がエリア内に侵入すること

などがあげられます。

守備側の違反(ゴールキーパーが前に動く、または他の選手が早くライン内に侵入す

守備側の選手がPK(ペナルティキック)の際、ゴールキーパーが前に動いたり、PK(ペナルティキック)を蹴る前に他の選手がペナルティエリア内に侵入したといった反則行為をおこなった場合はどうなるのでしょうか。
主審は、そのままペナルティキックを行わせます。そして、ゴールが決まった場合には得点となります。ただ、ペナルティーキックが決まらなかった場合には再度蹴り直しとなります。

キッカー以外の攻撃側の違反(早くライン内に入る)

キッカー以外の攻撃側の選手がPK(ペナルティーキック)の際、PK(ペナルティキック)を蹴る前に別の味方選手がペナルティエリア内に侵入したといった反則行為をおこなった場合はどうなるのでしょうか。
主審は、そのままペナルティキックを行わせます。そして、ゴールが決まった場合には再びPK(ペナルティキック)となります。ゴールから外れた場合には、主審はプレーを一旦中止し、反則行為が起きた場所から守備側の間接フリーキックとなります。

両方の選手の違反(両方の選手の侵入等)

両方の選手(攻撃側、守備側)が反則行為をした場合はどうなるのでしょうか。
この場合は、ゴールが決まった場合は、再度PK(ペナルティーキック)をやり直します。また、ゴールから外れてしまった場合にも、再度PK(ペナルティーキック)をやり直します。つまり、攻撃側はゴールを決めても外してもPK(ペナルティーキック)をやり直すこととなります。

外部からの侵入者(人、動物、物)による妨害

これは結構レアなケースですが、仮にサポーターや動物、物などの部外者がPK(ペナルティキック)の際に侵入してきた場合はどうなるのでしょうか。
この場合は、攻撃側がPK(ペナルティキック)を決めた場合はゴールと判定されます。また、ゴールキーパーが死守した場合は得点にはなりません。
つまり、通常のPK(ペナルティキック)と判定されます。

スポンサードサーチ

PK戦について

PK戦とは、ノックアウトトーナメント戦などで勝ち上がりチーム決めないといけない試合において適用されます。その試合が引き分けで終了した場合にAチームとBチームで勝敗をつけるために行うペナルティーキックがPK戦です。

    W杯のベスト16以上はこのノックアウトトーナメント式なので、引き分けの場合はPK戦となります。基本的には先攻後攻が交互に蹴る方式ですが、最近では「ABBA方式」と呼ばれる、先攻→後攻→後攻→先攻といった順番で行う方式も主流になりつつあります。(大会によってどちらが採用されるかは異なります)

PKを決めるためのコツ

PKの名手といえば元日本代表の遠藤保仁選手です。遠藤選手はPKの際に、思いっきり蹴るのではなく、ちょこんと蹴ってゴロでゴールを決めることから、代名詞として「コロコロPK」と名付けられるほどPKの蹴り方には特徴があります。

    彼は蹴る瞬間に相手GKを必ず見ます。つまり、相手のGKが反応したのを見てボールを蹴るのです。普通の人なら、そんな余裕もなく思いっきり蹴るか、GKが反応する前に蹴ってしまうので、結果としてGKに蹴る方向を読まれてセーブされてしまうのです。しかし遠藤選手の場合は相手のGKを見極め、ボールを蹴る瞬間もその視線は外さないとのことです。

つまり相手GKの動きを読めるかどうかがPKを決めるコツと言えるでしょう。このコツを習得するにはかなりの時間がかかりますが、遠藤選手も練習したことで習得したテクニックです。
なのでPKの成功率をあげたい方は、まずはボールを蹴る瞬間まで視線を落とさず蹴る練習から始めると良いでしょう。その後、ステップアップとしてGKの動きに対して視線を落とさず蹴る練習をすることをおすすめします。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いままでサッカー観戦をしていた中で、ここまでPK(ペナルティキック)の細かいルールに関して理解していた方は、そんなに多くないと思います。
ただ、細かいルールも知っておくことでよりサッカー観戦も楽しむことができます。2018年ロシアW杯開催まで残りわずかとなりましたので、今一度サッカーのルールを見直すと観戦を楽しむことができるでしょう。

サッカーの関連リンク

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike