シューズ, ランニング
2018年5月10日

【サブ3向け】ランニングシューズの選び方と人気おすすめ10選

今日本で1番人気のあるスポーツはランニングであると言っても過言ではありません。今回は市民ランナーの憧れでもあるサブ3になるためのシューズ選びです。ランニングシューズは種類が豊富なので、自分のランニングスタイルと、シューズの特徴を理解して、サブ3を達成するために必要なお気に入りの1足を見つけましょう。

スポンサードサーチ

「足の相談所」で足の悩みを解決!

「足の相談所」は足の不調などを専門医に相談できるサービスです!
LINEにて友だち登録を行い、現在の症状や要望を伝えるだけで、そのために必要な靴やインソールの選び方、ケアの方法をお伝えします!

こちらから友だち登録を行い、早速相談してみて下さい。

QRコード
足の相談所
友だち追加ボタン
友だち追加

「足の相談所」の詳しい使い方はこちら!

「足の相談所」の詳しい使い方について

サブ3とは?

サブ3とは、フルマラソンのタイムが3時間を切ることです。ちなみにマラソンの日本記録は、今年の東京マラソンで、設楽悠太選手が出した2時間6分11秒なので、サブ3は、実業団選手に肉薄するタイムということになります。もちろんサブ3は本当に難しく、市民マラソンでのサブ3達成者は3~6%で、サブ3は市民ランナーの憧れでもあります。単純計算して1キロ4分ペースなので、フルマラソンを走り切る体力はもちろんですが、スピードと体力を維持する持久力が不可欠です。

スポンサードサーチ

サブ3を目指すためのシューズ選び


出典:amazon.co.jp

走法別の選び方

みなさんはもうご存知かもしれませんが、マラソンの走り方には、大きなストライド(歩幅)で足のバネを使って進むストライド走法と、決まったピッチ(ペース)で足の回転数を速くして進むピッチ走法の2種類があります。ストライド走法のランナーには、土踏まずの部分が凹み、アーチという固い素材で補強されているセパレートソールがおすすめです。アーチがあることで、足のバネがさらに強くなります。一方、ピッチ走法のランナーにおすすめなのが、土踏まずが凹んでいないフラットソールです。フラットソールは確実に地面と接地することができるので、回転数を妨げず、正確なピッチを刻むことに役立ちます。

レース後半の強弱による選び方

マラソンの鬼門と言えば35キロ付近です。後半の苦しいところでどう頑張れるかが勝負の分かれ目になります。レース前半に貯金を稼いでおきたいランナーにはクッション性を重視したシューズがおすすめです。クッション性を重視したシューズは、少し重いですが、疲れがたまりにくいので、後半のしんどい時でも安定した速さで走ることができます。一方、レース後半に周りに差をつけたいという後半タイプのランナーには、軽量性を重視したシューズがおすすめです。あえて軽いシューズを使うことによって、前半からの余分な体力消費を減らし、後半に一気にスピードアップすることができます。

サブ3向けおすすめランニングシューズ10選

[アシックス] ランニングシューズ GT-2000 NEW YORK 5

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

タイムにかかわらず、市民ランナー全員におすすめしたいシューズが、GT2000です。ちなみにセパレートソールなので、ストライド走法向けのシューズですが、ピッチ走法のランナーにもおすすめです。ミッドソールには、上部にSpEVA、下部にSolyteという異なる素材を用いており、走行効率と負担軽減の両方を追求したモデルになっていて、シューズが走りの妨げになるということがありません。また主張しないデザインも人気の理由の1つです。

【ニューバランス】NB HANZOS M H1 ランニングシューズ(MHANZSH1) H1

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ACTEVAより30%も軽いレブライトと呼ばれるミッドソール素材を搭載しており、軽量性だけでなく、クッション性を兼ね備えているこちらシューズは、アウターソールに、ダイナライドを使っており、スピード走行時に確かな接地感を約束します。またNデュランスを踵部などに装備することで、耐久性も大幅にアップしました。スピードランナーを支える最強の1足をぜひお試しください。

[ミズノ] ランニングシューズ ウェーブ ソニック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

トウスプリングが高いので、蹴り出しが強く、速い足運びが可能になるため、スピードが出やすいこちらのシューズは、MIZUNO WAVEと呼ばれる波型のプレートを挟み込むことで、クッション性と安定性を両立させます。またU4icXと呼ばれる次世代ミッドソールも搭載しているので、クッション性だけでなく、軽量性も持っています。カラーも豊富なので、自分の好きな色のシューズを履いて、テンションをあげましょう。

[アディダス] ランニングシューズ Galaxy 3

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

反発弾性素材(アディプリンプラス)を用いることで。前足部の蹴り出しの力を強め、力強い走りをサポートするこちらのシューズは、アウトソール優れた耐摩耗性を持つアディウェアを用いて、ソールの寿命と機能を長持ちさせるので、どんなスピードにもついていくことができます。履き心地もソフトで、カラーも豊富なので、普段履きにもおすすめです。

[アンダーアーマー] UNDER ARMOUR ランニングシューズ UAスパインディスラプト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

硬度の異なる軽量素材を組み合わせることと、軽さと安定性を兼ね備えたニュースパインソールを使うことで、着地から蹴り出しまでスムーズなモーションコントロールを実現した、まさにアンダーアーマーの技術だからこそできたシューズです。ソールに効果的に入れられたスリットが屈曲性をスムーズにし、無駄なストレスを軽減します。

[プーマ] PUMA ランニングシューズ Speed 300 RS IGNITE

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

キロ4分を切るペースのランナー向けに作られたシューズです。新世代PUフォーム(イグナイトミッドソール)を搭載したこちらのシューズは、素早い脚回りをランナーにもたらすだけでなく、屈曲すると、ラバーの弾性が戻る方向に働くプロパルション・ゾーンが、力強い蹴りだしを可能にし、ストライドを伸ばすという、ピッチ走法だけでなく、ピッチ走法の選手にも対応しているシューズです。エバートラック・プラスという従来比43%軽量ながら、高い耐摩耗性を持つラバーを使っているので、スピードに乗ってきたときに、シューズがストレスになることがありません。サブ3を目指すランナーにぜひ1度は履いて欲しいシューズです。

[プーマ] ランニングシューズ Speed 500 IGNITE

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

こちらもPUMAのランニングシューズで、キロ4~5分で走るランナー向けのモデルです。PUMA独自の次世代ミッドソール素材イグナイトを搭載しクッション性と反発性を高次元で確立したこちらのシューズは、アウトソールのプロパルジョンゾーンが力強い蹴り出しを可能にしストライドを伸ばしてくれます。また耐久性にも優れているので、スピードランナーだけでなく、初心者にもおすすめの1足です。

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブ エンペラー 2

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アウトソールに特殊な樹脂を分割配列したG3ソールを用いることで、軽量性、屈曲性、グリップ性を高め、さらに通常のラバーより耐摩耗性が80%アップしたX10も搭載しています。また、まるで素足で走っている感覚になるナチュラルフィッティングも魅力です。カラーもインパクトがあり、MIZUNO好きにはたまらない1足です。

[アシックス] ランニングシューズ TARTHERZEAL 5-wide

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アウターソールにデュオソールⓇを搭載しているので、軽さに加え、優れたグリップ性を発揮するこちらのシューズは、ミッドソールには内側と外側で硬度の異なる素材を採用し、中足部の剛性をアップして、より優れた運動効率を発揮します。クッション性も適度にあるので、まだスピードに慣れていないというランナーも安心して履くことができます。カラーもビビッドでおしゃれなので、大会で目立つこと間違いなしです。

[アディダス] ランニングシューズ Aero BOUNCE PR

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

斬新なデザインのこちらのシューズは、サブ3-3.5ランナー向けランニングシューズです。EVA素材最高のクッション性と反発性が最高の走りを実現すると同時に、アディダスの中でも最高峰のコンティネンタルラバーをアウトソール前足部に配置することで、1歩1歩の蹴りだしでのエネルギーロスを削減します。中足部と後足部のラバーにブロウンラバーを使用していることで、グリップ性とクッション性を両立することにも成功しました。

スポンサードサーチ

自分にあったランニングシューズを選ぼう

サブ3は市民ランナーにとって、とても大きな目標です。目標を達成するためには、日々のトレーニングやコンディショニングはもちろんですが、まずは自分の走りを最大限サポートしてくれるシューズを選びましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。