あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
テニスtennis

テニス用グリップテープの選び方と人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2017/11/23

更新日 :2019/05/31

テニスのグリップテープの選び方と、おすすめのテープを10個ご紹介します。

テニスの関連記事はこちら

テニスキャップの選び方と主要メーカー4社別おすすめ3選 

テニスラケットケースの人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

テニスのグリップテープについて

テニスラケットに元々付いているグリップテープは簡単には剥がれないようになっているため、巻き替えるとなると1,500円前後掛かってしまいます。しかし、別売りのグリップテープは巻き替えが簡単に行え、数百円程度で購入できます。この貼り換え可能なグリップテープは、オーバーテープといい、これを巻くことで手汗をかいてもグリップテープが吸収してくれるので滑りにくくなります。クッション性にも優れており柔らかな感触です。テニスボールの衝撃も吸収するので、飛距離が伸びるほか、コントロールもしやすくなります。

テニスのグリップテープの種類

テニスのグリップテープには、リプレイスメントテープとオーバーテープの2種類があります。

  • リプレイスメントグリップ
  • オーバーグリップ

リプレイスメントグリップ

最初に巻かれている下巻きテープで、基本的には巻き替えることはしません。主な種類はノーマルタイプとレザータイプです。

ノーマルタイプ

一般的なテニスラケットに初めから巻かれているもので、素材は合成樹脂(ゴム素材)です。握るとソフトな感触で、テニスボールからの衝撃をよく吸収します。ゴム素材なのでテープ自体に重さがなく、テニスラケット全体でみても、トップが重いバランスの良いテニスラケットに仕上げることができます。

レザータイプ

素材に皮を使用したもので、クッション性が低いのでテニスボールの衝撃をダイレクトに感じることができます。ただし、汗や水に弱いため、濡れてしまうと悪臭がしたり、放置すると腐ることもあるため、定期的な交換が必要となります。合成樹脂よりも重量があるので、トップよりも重くなります。ボールタッチを気にするプレーヤーにおすすめです。

オーバーグリップ

リプレイスメントテープの上から巻くグリップテープで、巻き替えが可能なため多くの種類が販売されています。主な種類はウェットタイプとドライタイプの2種類です。

ウェットタイプ

ウェットタイプはしっとりとした質感をしており、触ると濡れたような感覚があります。このテープを巻いて握ると、手のひらにピタリと貼りつくような感触があり、汗をかいても滑りにくくなっています。最近では、そのフィット感と持続力がアップしたものも登場しており、さらにパフォーマンス向上が望めるとして人気です。

ドライタイプ

ドライタイプはサラサラとした質感をしているため、選び方を間違えると滑ってしまい上手くコントロールできなくなってしまいます。ある程度キャリアを積んだプレーヤーでも、ボールを打つたびにグリップを握り直すほどです。

スポンサードサーチ

グリップテープの選び方とおすすめのポイント

グリップテープを選ぶ際にはいくつかの選び方とおすすめポイントがあります。

  • フィット感
  • 求めるパフォーマンス
  • 手のひらとの相性
  • テニス経験レベル
  • グリップテープのサイズ

フィット感

テニスラケットを握った時にどのような感触にしたいのかによって、グリップテープの選び方も変わってきます。ラケットの素材を手のひらで感じたいのか、それともゴツゴツ感をなくしてソフトにしたいのかを決めておきましょう。
固めの感触ならアンダーテープはレザー、柔らかい感触ならアンダーテープは合成樹脂がおすすめです。

求めるパフォーマンス

打球感を重視するか、コントロールを重視するかで選ぶグリップテープが変わります。アンダーテープのレザーは、打球の衝撃を手のひらにダイレクトに伝えてくれるので、しっかりとした打球感が得られます。一方、合成樹脂は打球の衝撃を素材がしっかりと吸収するため、ボールをコントロールしやすくなります。

手のひらとの相性

手のひらとの相性もとても重要です、手汗をよくかく人はオーバーテープはドライタイプを選びましょう。ドライタイプは、サラサラとした質感をしているので手汗をかいてもテープが吸収してくれ、程よい湿り気でプレーすることができます。
ウェットタイプは、しっとりとした質感をしているので、手が乾燥する人におすすめです。乾燥肌の人の手にもしっかりと密着してくれるので、滑ってテニスラケットを落とすことはありません。また、テニス肘の方は、合成樹脂テープをおすすめします。

テニス経験レベル

テニスを始めたばかりの人には、アンダーは合成樹脂、オーバーは凹凸タイプが良いでしょう。ある程度経験を積んだら、オーバーをウェットかドライに変えましょう。テニス経験レベルが中級から上級になり、より打球感にこだわりたい時にはアンダーテープをレザーに変えると良いでしょう。

グリップテープのサイズ

サイズは縦・横・厚みで決まります。目安となる厚みは0.6mm前後で、0.4mm以下は薄め、0.7mm以上は厚めになります。太さは1から順に太くなり4まであります。選び際には、握った時に薬指と親指の付け根までが約8mm空くと良いでしょう。長さは100cm以上あれば十分です。
これらのポイントを参考に、自身の予算も考慮してテニスのグリップテープを選ぶと良いでしょう。

テニスのグリップテープおすすめ10選

ここでは、テニスのグリップテープおすすめの商品を10個ご紹介します。

  • リプレイスメントグリップ・合成樹脂タイプ
  • リプレイスメントグリップ・レザータイプ
  • オーバーグリップ・ドライタイプ

リプレイスメントグリップ・合成樹脂タイプ

HEAD ハイドロゾーブ・コンフォート

ヘッド(HEAD) リプレイスメントグリップ ハイドロゾーブ・コンフォート 285313

ヘッド(HEAD) リプレイスメントグリップ ハイドロゾーブ・コンフォート 285313

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
厚みを2.1mmにし、クッション性の優れたソフトな感触のテープです。グラフィン・パワー系のテニスラケットにオススメです。

Babolat シンテックフィール

Babolat(バボラ) シンテックフィール ブラック 900

Babolat(バボラ) シンテックフィール ブラック 900

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
厚さ1.8mm・ポリウレタン素材で、微細な穴開け加工が施されており、強力なフィット感を得られます。

リプレイスメントグリップ・レザータイプ

YONEX アルティマムレザー

Yonex(ヨネックス) プレミアムグリップアルティマムレザー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レザータイプの中でもソフトなタイプになります。ですが、打球感はしっかりと得ることができます。ボールタッチを重視する方にオススメです。

Wilsonn プレミアムレザー

Wilson(ウイルソン) テニス リプレースメントグリップ PREMIUM LEATHER GRIP (プレミアムレザーグリップ) 1個入り

Wilson(ウイルソン) テニス リプレースメントグリップ PREMIUM LEATHER GRIP (プレミアムレザーグリップ) 1個入り

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レザータイプの中でもかなり固めの仕様となっています。

オーバーグリップ・ウェットタイプ

Wilson PRO OVERGRIP

Wilson(ウイルソン) テニス バドミントン グリップテープ 錦織圭・松友美佐紀使用 PRO OVERGRIP (プロオーバーグリップ) 12個入り / 30個入り

Wilson(ウイルソン) テニス バドミントン グリップテープ 錦織圭・松友美佐紀使用 PRO OVERGRIP (プロオーバーグリップ) 12個入り / 30個入り

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
フィット感に優れているので握った時の感触がとても良いです。

YONEX スーパーストロング

ヨネックス(YONEX) ウェットスーパーストロンググリップ AC135

ヨネックス(YONEX) ウェットスーパーストロンググリップ AC135

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
定番のウェットテープで、初めて使用する方にオススメのグリップテープです。

BOWBRAND プログリップスーパーウェット

ボウブランド(BOWBRAND) グリップテープ ボウブランド プログリップ(スーパーウェット 3本巻) BOW003

ボウブランド(BOWBRAND) グリップテープ ボウブランド プログリップ(スーパーウェット 3本巻) BOW003

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
耐久性・耐摩耗性に特に優れているプロユース仕様のグリップテープです。

オーバーグリップ・ドライタイプ

TOURNAGRIP オリジナルドライブルー

Tournaテニスover grip 3 Overgrips耐久性吸収性乾燥Feel Tournagripブルー

Tournaテニスover grip 3 Overgrips耐久性吸収性乾燥Feel Tournagripブルー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
HEADプレーヤーが多く利用しているプロ仕様のドライテープです。耐久性は比較的低めですが、使用感は抜群です。

YONEX ドライスーパーストロング

ヨネックス(YONEX) テニス バドミントン グリップテープ ドライスーパーストロンググリップ(3本入) AC140

ヨネックス(YONEX) テニス バドミントン グリップテープ ドライスーパーストロンググリップ(3本入) AC140

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使い心地はもちろん、耐久性にも優れています。

WINNINGSHOT タフドライ

WINNINGSHOT(ウィニングショット) ドライグリップテープ タフドライ 1本入り

WINNINGSHOT(ウィニングショット) ドライグリップテープ タフドライ 1本入り

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ドライタイプの中でも耐久性に優れており、長持ちします。

スポンサードサーチ

【テニス】グリップテープの売れ筋ランキングもチェック‼︎

amazon売れ筋ランキング
楽天市場売れ筋ランキング

テニスグリップは自分に合ったものを選ぼう

テニスのグリップテープのおすすめ種類を紹介し、選び方を解説しました。テニスのグリップテープは自分にあったものを使うことでパフォーマンスが向上します。ですので、今回ご紹介したものを参考に自分にあったテニスのグリップテープを探してみてください。

スポンサードサーチ

テニスの関連リンク

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike