あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
mountain bike

【疲れにくさ重視!!】マウンテンバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選

スポシル編集部

公開日 :2018/05/07

更新日 :2019/09/11

マウンテンバイクのサドルはGIANTやTIOGAなど、様々なスポーツメーカーから発売されており、クッション性や軽量性など商品ごとにいろいろな特徴があります。

また、目的によっても選ぶべきサドルに違いがあります。

そのため、初心者の方は特に、サドルを選ぶ際にどのメーカーのサドルを選べば良いのか、迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、Amazon・楽天などの売り上げ上位の商品をご紹介するとともに、「SPOSHIRU編集部が」おすすめするマウンテンバイクのサドルをたっぷりとご紹介していきます。

本記事を参考にしていただき、自身に合ったサドルを見つけてみてください!

目次

スポンサードサーチ

マウンテンバイクでサドルにこだわるべき理由

ロードバイク サドル
様々なアイテムや機能性が充実してきた世の中でも、マウンテンバイクを乗るに当たってサドル選びにこだわりを持つ方も多く、サドルの重要性に乗ってから気付く方も多いです。やはり、初心者なら当然のことながら、乗っている最中にお尻に痛みを感じる方も少なくありません

自分に合ったサドルを見つけることに時間がかかる方もいますが、痛みや違和感を感じてしまうと集中できない可能性があるので、なるべく早く初心者の方も自分に合ったサドルを見つけることが大切になってきます。

これが良いというものが人によっても違うため、自分のお尻や好みに合わせて選ぶしか方法はないのですが、試乗を沢山して自分に合ったものを見つけることをおすすめします。または、経験者や知人の意見を聞いてみるのも勉強になりますよ。

マウンテンバイク サドルの選び方のポイント

クッション性

サドルは硬いものから柔らかいものまで好みが別れてしまうものですが、初心者で硬い!と感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

軽さを重視しているバイクだからこそ、クッション性を少なくして、軽量化を目指しているものもあります。

しかし、長時間のサイクリングだとどうしても負担が強くなり、硬いサドルだと初心者の方は特に疲れやすく感じてしまうでしょう。スピードに重点を置かないのであれば、クッション性のあるサドルをおすすめします。

サドルの形状

サドルの形状には3種類あり、それぞれに長所、短所があるので自分に合ったタイプの形状を選ぶようにしましょう。

みぞなしのサドルは3種類の中で1番疲れにくく、長距離の走行に向いています

みぞありのサドルは真ん中にみぞがあるため、みぞなしに比べると局部やお尻の痛みや痺れは軽減できます。しかし、体とサドルの接地面が局部の外側のみとなるため、脚の付け根等に痛みを生じる可能性があります。

穴あきのサドルは真ん中に穴が開いているため、みぞありと同様に局部やお尻の痺れや痛みを軽減することができます。また、穴が開いていることで通気性もアップし、ムレにくく、股ずれのリスクを減らすこともできます。

パッドの厚さ

マウンテンバイクに乗るときに大切なのが「乗り心地」です。サドルが薄すぎたり固すぎたりすると、長時間乗っているうちにお尻に痛みを生じることがあります。せっかくマウンテンバイクに乗るなら、気軽に楽しく乗りたいですよね。

地面からの衝撃を受けることも考えたら、サドルのパッドは「厚め」のサドルを選ぶようにし、常に心地よく乗れるようにしましょう!

サイズ

軽視されがちですが、サドルの形状やパッドの厚さと同様にサドル選びの上で重要なのがサイズです。骨盤が広めの人は広めのサイズ、骨盤が狭めの人は狭めのサイズを選ぶようにしましょう。

基本的にはサイズが広いほど安定感はあります。しかし、その分脚を動かしにくい可能性があり、サイズが狭いほど脚を動かしやすいのですが、カラダとの接地面積も狭いため痛みを生じる可能性があります。

スポンサードサーチ

マウンテンバイク サドルの人気おすすめ10選




TIOGA フォルティスオーラ コンフォートスポーツサドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



プロ ターニックス サドル 132mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



BRIDGESTONE スポーティーサドル (MTB用サドル)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る






VELO Plush VL3147 男性向けサドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



エルゴン SFC3 ゲル サドル L

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る






SELLE ROYAL R.e.med(リメッド) サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



DOPPELGANGER エアフィットサドル エラストマークッション搭載

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 GIANT 肉厚サドル  TIOGA フォルティスオーラ コンフォートスポーツサドル プロ ターニックス サドル 132mm BRIDGESTONE スポーティーサドル (MTB用サドル) GORIX サドル VELO Plush VL3147 男性向けサドル エルゴン SFC3 ゲル サドル L Bianchi サドル VACUMME SELLE ROYAL R.e.med(リメッド) サドル DOPPELGANGER エアフィットサドル エラストマークッション搭載
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天

自分にあったマウンテンバイク サドルを選ぼう

いかがでしたでしょうか?今まで特に気にせず使っていたサドルも、用途やサイズなど様々な種類があります。今回のマウンテンバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選を参考にして、ぜひあなたに合ったサドルを見つけてください!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike