あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーのリベロって何?役割や意味について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/05/06

更新日 :2019/05/09

リベロについて詳しく徹底解説します。

目次

スポンサードサーチ

リベロって何?

サッカー リベロ
サッカーにおいて重要な役割を果たすのがリベロです。そもそもリベロとはイタリア語で自由なという意味をもつ、libero(リベロ)から来ています。
サッカーのポジションフォワード、ミッドフィルダー、ディフェンスにおいて、リベロがどこのポジションに所属するかわかりますか?

リベロはディフェンスの選手

結論から述べると、リベロとはディフェンスの選手なのです。
ディフェンスなのに自由に動くの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ディフェンスで自由に動けるポジションがリベロなのです。相手の攻撃を食い止める最後の砦の役割をになってるポジションがスイーパーと呼ばれるのに対して、自由に動きつつ隙あらば自由に攻撃に参加するポジションがリベロなのです。

リベロの主な役割

リベロは攻撃にも参加するディフェンスと上記で述べましたが、ディフェンスメインだけれども場合によっては攻撃に参加することがリベロの役割なのです。
守備も攻撃もするため、運動量は他の選手よりも多く、とても疲れるポジションです。さらに細かい役割としては、

  • ディフェンス全体のカバーリングをする

ディフェンスの1人が抜かれてしまった、相手に攻め込まれそうなところを守る、といったディフェンス全体における全ての補佐役がリベロです。その分場所にとらわれずにフリーな状況がたくさんあります。

  • 攻撃の主導権を握る役目

リベロは隙をみて攻撃に参加すると上記で述べましたが、攻撃の最後尾から舵を握る役目をしたり、自分自身が相手ゴールまで迫って得点を狙うことだってあります。
オフェンスは攻撃を、ディフェンスは守備を、ミッドフィルダーは全体のバランスを、といったように役割が決まっていないため相手チームからしたらとても嫌な存在なのです。
メインはディフェンス全体のカバーリングなのですが、相手にとっていかに邪魔な存在になれるかこれがリベロというポジションの大きな役割です。

スポンサードサーチ

実際にリベロをやってる選手はいない?

リベロというポジションは自由に動ける分重要な役割を担います。
現在、プロサッカー選手でリベロのポジションをやってる人はほとんどいません。サッカーは時代とともに変わるスポーツだからです。
リベロのような特別な動きをする選手がどのチームにもいたような時代は過ぎ、現在のサッカーは
全員攻撃全員守備
が基本となっています。どういうことかというと、リベロのような選手の役割を全員で行うということです。リベロが守備のカバーをするのではなく、全員がリベロのような役割をするのです。そして守備の選手であっても隙やチャンスを見計らって攻撃に参加していくのです。
現代のサッカーではディフェンスの選手が得点を決めることは決して珍しいことではなくなっています。それは、全員で攻撃を行なっているからなのです。

時代とともにマンツーマンディフェンスからゾーンディフェンスに変わったから

これが正しい理由です。サッカーを知ってる人は理解できるかもしれませんが、サッカーを知らない方に簡単に説明すると、全員で攻撃して全員で守備をしようというように変わったのです。

小学生、中学生年代ではリベロはある

プロサッカー選手と違って、小学生や中学生年代では身体能力や身長などと人によってスキルに大きな差があります。
そのため、足が特別早い人や守備が特別うまい人などといった選手がリベロのポジションを任されることがあります。
相手のチームがとても強い場合などは守備強化のためなリベロのポジションを置くことが多いのです。
リベロというポジションはプロではあまり見られないために、リベロについて知らない人がいるのかもしれません。

リベロの確立者、ベッケンバウアー

リベロというポジションを確立したのは、1964年〜1983年で活躍し、世界的名門であるバイエルンミュンヘンの元名誉会長でもあった元ドイツ代表のベッケンバウアーです。
リベロのポジションから選手を操るベッケンバウアーは皇帝と呼ばれていました。

日本のベッケンバウアー、長谷部誠


出典:youtube.com
現代のプロサッカーではリベロのポジションはあまり見られないと述べましたが、私達の身近なサッカー選手がリベロをやっていました。
それは長谷部誠選手です。

長谷部誠選手は自分自身長所をチームの弱点を補う力だと言っています。
まさにリベロのポジションにぴったりの選手です。
長谷部誠選手の補う力はドイツの地で高く評価され、日本のベッケンバウアーとも例えられたほどである。

スポンサードサーチ

まとめ

リベロというポジションについて詳しく説明しました。現代サッカーではあまり馴染みのないリベロですが、サッカーを知る上ではとても重要な言葉なことなのでぜひこの機会に知っておきましょう。

サッカーの関連リンク

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike