あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

キーパーグローブ人気おすすめ5選【ナイキ特集!!】選び方など解説

スポシル編集部

公開日 :2018/04/30

更新日 :2019/06/17

世界的人気のスポーツ、サッカー!世界ではゴールキーパーはフォワードと並ぶ人気のあるポジションといわれています。そしてゴールキーパーにとって、キーパーグローブは必需品です。そこで今回はナイキに絞ってキーパーグローブを紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

ナイキキーパーグローブの種類

ナイキキーパーグローブには様々な種類があります。
それぞれの特徴について解説していきます。

ベイパーグリップ


出典:amazon.co.jp

プロ選手着用のナイキのキーパーグローブです。ベイパーグリップの特徴は抜群のグリップ力です。

厚さ4mmという粘着性の高いフォームを使用することで強いシュートの威力を吸収し、キャッチングに抜群の安定感をもたらしてくれます。又パンチングをする際の拳の握りや指の動きに連動して、より自然に動かせるようになりました。

スパインプロ


出典:amazon.co.jp

スパインプロは安定したフィット感が持ち味です。指を軽く曲げた形状にしたため、より安定したフィット感をもたらしてくれます。
更にスパインプロの特徴としてフィンガーサポートを人指し指から小指まで備えているため、突き指などの怪我の防止に役立地ます。上級モデルでありながらコストパフォーマンスに優れている点でも魅力です。

グリップ3


出典:amazon.co.jp

グリップ3の特徴はシュートに対する衝撃からの吸収力と通気性に優れている点です。

親指、人指し指、小指といった3本の指部に粘着性のあるフォームを施しており、グリップ力の強化を実現しています。そして風通しの良いデザインにより抜群の通気性を実現することであらゆる天候に対応でき、かつコストも安いアマチュアレベルにはもってこいのキーパーグローブです。

マッチ


出典:amazon.co.jp

練習用に最適なキーパーグローブです。グリップ力や衝撃吸収力は他のキーパーグローブに劣りますが、コストが低い点と子供向けのキーパーグローブを揃えているのはマッチだけです。
それでも通気性に優れているだけにあらゆる環境、芝生、土のグラウンドにも対応できるので、練習用として複数揃えておきたいキーパーグローブといえます。

SGT


出典:amazon.co.jp

ナイキのキーパーグローブを探していると、SGTという言葉が出てきます。これはサイプグリップテクノロジーの略です。

ボールをキャッチする手のひら部分にレーザー加工して細かい溝を作り、しっかりボールをキャッチしやすくしたナイキのキーパーグローブになります。

ナイキキーパーグローブの選び方のポイント

試合用

試合で使う場合、キーパーグローブで一番大切な要素はグリップ力です。
何故ならグリップ力の優劣でゴールキーパーのパフォーマンスに影響が出るからです。

更に芝生の上で試合をするのであればグローブのぷよぷよした部分、すなわちパームがしっかりしたグローブを選べば優れたパフォーマンスを引き出してくれます。

練習用

練習用で使う場合、何より一番大切な要素は耐久性です。キーパーグローブは消耗品ですのでどんなに大事に使っても必死に練習すれば長くは持ちません。少なくても2年はもたないとみていいでしょう。

つまりグリップ力を多少目をつぶって、コストがかからないグローブを複数用意することをおすすめします。

ユニフォームとスパイクに色を合わせる

グローブを選ぶ際、色をキーパーユニフォームとスパイクに合わせたいと考える人も中にはいると思います。

キーパーグローブのデザインや色は多岐にわたるため、選択にはさほど困りません。しかし、試合で使うキーパーグローブの場合、よりパフォーマンスを発揮しやすいグローブを選ぶことをおすすめします。

ナイキサッカー用品紹介記事↓↓

スポンサードサーチ

ナイキキーパーグローブの人気おすすめ5選

ナイキのキーパーグローブの特徴としては、キーパーグローブの生地と素手とのフィット感が高いことが挙げられます。

フィット感が高いためキーパーグローブを付けていても指の動きに違和感が少ないことも挙げられます。素手に近い感覚でボールをキャッチング出来るため、キーパーグローブのゴワゴワ感が嫌な人にはお勧めです。

[ナイキ] ベイパーグリップ 3

究極のグリップ力で、究極のコントロールを追求しています。
ナイキGKヴェイパーグリップは、粘着性のあるフォームで強力なシュートの衝撃を吸収し、ボールへのグリップ力を強化。4ウェイストレッチによるオーダーメイドのようなフィット感と通気性に優れたデザインです。
あらゆる天候で安定したグリップ力を発揮する最新の4mmコンタクトプラスフォームラバーとACC(オールコンディションズコントロール)テクノロジーを採用し、手の甲の部分にある伸縮性の高いラテックスが自然な動きをサポートします。

NIKE スパインプロ

簡単に調節でき心地よくフィットするラップアラウンドリストバンドとボールキャッチングの際の衝撃を吸収し、グリップを強化する3mmスーパーソフトラテックスフォームを採用している。
手のポジションをボールキャッチしやすい形状に保つプレカーブドバイオアラインテクノロジーも搭載するなど様々な技術が使われているモデルです。

NIKE キーパーグローブ グリップ3

ナイキ グリップ3 ゴールキーパー フットボールグローブはGrip3テクノロジーで衝撃を吸収し、あらゆる状況下でグリップ力を強化します。Grip3テクノロジーが、親指、人差し指、小指を包み込み、しっかりしたグリップ力を発揮します
現代的なデザインの面ファスナー付きリストバンドと、手のひらをしっかり覆う構造でしっかりフィットします。。

NIKE マーキュリアル タッチ エリート

NIKE マーキュリアル タッチ エリート

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

All Conditions Control(ACC)テクノロジーにより、雨天でも乾燥した天候でも優れたグリップ力を発揮します。
返し縫いにより、ずれずにしっかりフィットするモデルです。

NIKE ジュニア マッチ GKグローブ

手のひら部分の滑らかなラテックスフォームが、さまざまな状況に対応したグリップ力を発揮します。
面ファスナー付きリストバンドストラップで、ぴったりのフィット感に調節可能にします。指の部分に配した通気孔で通気性もアップさせているので、非常に使いやすいモデルです。
大人からジュニア用まであります。

自分にあったナイキキーパーグローブを選ぼう

ナイキのキーパーグローブを紹介しましたがキーパーグローブは実に様々なモデルがあります。使用目的も勿論ですが、最後はお客様自身のフィーリングが決め手になります。よって実物に触れ合う等して後悔しないグローブを選びましょう!

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 [ナイキ] ベイパーグリップ 3 NIKE スパインプロ NIKE キーパーグローブ グリップ3 NIKE マーキュリアル タッチ エリート NIKE ジュニア マッチ GKグローブ
購入先 Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike