あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
cross bike

【痛みとさよなら!】クロスバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選

スポシル編集部
更新日 :2018/04/25

クロスバイクを利用する人はある程度の時間の走行や、スピードを出した走行を想定している方が多いでしょう。そんな中で、クロスバイクのフレームやタイヤと同時に重要になってくるアイテムがサドルです。

目次

スポンサードサーチ

クロスバイク用サドルの選び方のポイント

クロスバイク用サドルの選び方のポイントを紹介します。

クロスバイク用サドルを形状で選ぶ

穴あき

初心者の方には、見慣れない形のものではありますが、機能性が高いものを探している方におすすめのタイプです。

穴が開いていることによって圧迫せず痺れを感じずに、比較的長時間心地よく乗り続けることが可能です。

また、通気性が良いのも特徴です。
乗っているときに蒸れが気になってしまう方は一度、試してみてはいかがでしょうか。
軽量で通気性が良いのがメリットですが、穴が開いていることによって強度が少し弱くなってしまうのがデメリットです。

ポジションを変更する場合や、初心者の方はポジションを定めにくいという場合もあるので、少し慣れるまで時間がかかってしまう方もいるかもしれません。
ですが、股間部分を圧迫しないだけである程度の痛みが軽減されるため、痛みに悩んでいる方にはおすすめです。

溝なし

溝なしのメリットはポジションを定めやすいことです。
初心者でなかなかフォームを正しく見つけられない方や長時間バイクに乗る場合に、ポジションを調節しやすいので痛みを感じる方も細めにポジションを変えて、乗り続けることができます。

ただ、形状的には一番痛みが出やすいものなので、痛みが一番のネックになるようなら、素材をウレタンなどのジェルのものや、購入する前に試乗してみて自分に合ったものを見つけることをおすすめします。

溝あり

股間を圧迫しないことで穴あき同様、痛みを和らげてくれる形状です。
また、穴あきだと強度が弱くなってしまうのがデメリットですが、溝ありは痛みを軽減しながらも、強度を強く保つことが可能です。

ポジションも変更しやすく、初心者でも使用している方も多いサドルです。
いろいろな面からも便利で乗りやすいサドルですが、足の付け根部分などに痛みを感じる場合があることがデメリットです。お尻との接地面が少なくなってしまうのが溝ありのデメリットです。

クロスバイク用サドルをパッドの厚さで選ぶ

クロスバイクにおいて大切なことは気軽に乗れることだと思います。
私服ですぐにまたがれる状態にしておきたいですよね。パッドは厚めのサドルを選択してお尻を快適に、またがってすぐに痛いと感じるサドルは避けた方が良いです。

クロスバイク用サドルをサイズで選ぶ

サドルを選ぶ時に見落とされがちなのがサドルのサイズです。

洋服や靴を買うときにサイズにこだわるように、お尻の形も十人十色ですので、気になる方はぜひクロスバイク用サドルのサイズにもこだわってみて下さい。

【快適性重視】クロスバイク用サドルの人気おすすめ10選

(サドルセット)GORIX ゴリックス GX-C19

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る




FOGLIA(フォグリア) スポーツサドル VL-3129

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Bazooka(バズーカ) RIDEサドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る




MCSELLE(マクセラ) Pulsar サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


OUTERDOバイクシート人間工学のワイドサイクリングシート

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


GORIX(ゴリックス) スタイリッシュレーシング自転車サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


ROCKBROS(ロックブロス)サイクリング マウンテン自転車サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


selle sanmarco(セラ サンマルコ) エラ ダイナミック パワー サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スポンサードサーチ

あると便利なサドルバック

バイクで出掛けている間、コンパクトに荷物を持ち運ぶことができ、最近では機能性が高いものやデザイン性の高いものが販売されています。大きさも様々で、必要な荷物に合わせて選んで購入することも可能です。

最近では、防水加工されており、雨の日だけでなく大会や絶対に濡れてはいけないものまで収納できるタイプもあります。
ポケット付きのものはすぐに荷物が取り出せるため、レースに参加する方だけでなく、趣味でバイクに乗っている方からも注目を集めています。

サドルバッグの選び方と人気おすすめ10選

クロスバイクサドルの痛みを改善

意外と高さを気にしたことがない方も多いですが、痛みを軽減するだけでなく正しいフォームで乗るためにもとても重要なポイントです。

乗り心地にも大きく関係する部分なので、違和感を感じている方も高さが自分に合っているか、確かめてみてください。

サドルの正しい高さは、座ったままでは足がつかない高さが正しい高さです。

自分自身で調節している方もいますが、初めての方や痛みが無くならない方は、クロスバイク店に行って高さ調節をしてもらうことをおすすめします。

スポンサードサーチ

自分にあったクロスバイク用サドルを選ぼう

ここまでおすすめのクロスバイク用サドルを紹介してきました。サドルも同じようで少しずつ違うものですので、店頭で購入する場合などは試乗することもおすすめします。ぴったりのクロスバイク用サドルを見つけ最適なサイクリングを楽しみましょう。

合わせて読みたい!!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike