クロスバイク用サドル
2018年4月25日

【痛みとさよなら!】クロスバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選

クロスバイクを利用する人はある程度の時間の走行や、スピードを出した走行を想定している方が多いでしょう。そんな中で、クロスバイクのフレームやタイヤと同時に重要になってくるアイテムがサドルです。

硬すぎて長い時間の走行はお尻が痛くなってしまったり、自分の体形に合っていない形でこぎにくいと感じている方はいません?サドルをしっかり選び抜けばその悩みは解消できるでしょう。
今回はサドルの選び方から説明していき、いろんなタイプの方におすすめできるサドルをご紹介いたします。

スポンサードサーチ

クロスバイク用サドルの選び方のポイント

クロスバイク用サドルの選び方のポイントを紹介します。

クロスバイク用サドルを形状で選ぶ

穴あき

初心者の方には、見慣れない形のものではありますが、機能性が高いものを探している方におすすめのタイプです。

穴が開いていることによって圧迫せず痺れを感じずに、比較的長時間心地よく乗り続けることが可能です。

また、通気性が良いのも特徴です。
乗っているときに蒸れが気になってしまう方は一度、試してみてはいかがでしょうか。
軽量で通気性が良いのがメリットですが、穴が開いていることによって強度が少し弱くなってしまうのがデメリットです。

ポジションを変更する場合や、初心者の方はポジションを定めにくいという場合もあるので、少し慣れるまで時間がかかってしまう方もいるかもしれません。
ですが、股間部分を圧迫しないだけである程度の痛みが軽減されるため、痛みに悩んでいる方にはおすすめです。

溝なし

溝なしのメリットはポジションを定めやすいことです。
初心者でなかなかフォームを正しく見つけられない方や長時間バイクに乗る場合に、ポジションを調節しやすいので痛みを感じる方も細めにポジションを変えて、乗り続けることができます。

ただ、形状的には一番痛みが出やすいものなので、痛みが一番のネックになるようなら、素材をウレタンなどのジェルのものや、購入する前に試乗してみて自分に合ったものを見つけることをおすすめします。

溝あり

股間を圧迫しないことで穴あき同様、痛みを和らげてくれる形状です。
また、穴あきだと強度が弱くなってしまうのがデメリットですが、溝ありは痛みを軽減しながらも、強度を強く保つことが可能です。

ポジションも変更しやすく、初心者でも使用している方も多いサドルです。
いろいろな面からも便利で乗りやすいサドルですが、足の付け根部分などに痛みを感じる場合があることがデメリットです。お尻との接地面が少なくなってしまうのが溝ありのデメリットです。

クロスバイク用サドルをパッドの厚さで選ぶ

クロスバイクにおいて大切なことは気軽に乗れることだと思います。
私服ですぐにまたがれる状態にしておきたいですよね。パッドは厚めのサドルを選択してお尻を快適に、またがってすぐに痛いと感じるサドルは避けた方が良いです。

クロスバイク用サドルをサイズで選ぶ

サドルを選ぶ時に見落とされがちなのがサドルのサイズです。

洋服や靴を買うときにサイズにこだわるように、お尻の形も十人十色ですので、気になる方はぜひクロスバイク用サドルのサイズにもこだわってみて下さい。

【快適性重視】クロスバイク用サドルの人気おすすめ10選

(サドルセット)GORIX ゴリックス GX-C19

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

安心感と快適さを兼ね備えたフラットデザインのコンフォートサドルです。スポーティなデザインでありながらクッション性を重視していて、座り心地は全体的に柔らかめになります。 人気のある開口タイプのクロスバイク用サドルで、尿道などへの圧迫感を和らげてくれる人気のおすすめクロスバイク用サドルです。

センターホールの定番モデルのクロスバイク用サドルです。インナーフォームも肉厚なので快適な乗り心地のカットアウトのおすすめクロスバイク用サドルです。センターホールなので、通気性に優れており、ムレを抑えながら、サドルのズレのリスクを軽減しています。

FOGLIA(フォグリア) スポーツサドル VL-3129

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

肉厚な座面で快適な乗り心地のカットアウトのおすすめクロスバイク用サドルです。カラー豊富なカットアウトサドルで、環境物質検査合格品です。人気の穴あきタイプのサドルで、通気性に優れており、ムレを抑えながら、サドルのズレのリスクを軽減しています。

クッション性に優れたオーソドックスなデザインのレーシングサドルです。1990年に誕生したバズーカブランドで、低価格かつ高品質なブランドのおすすめクロスバイク用サドルです。クッション性が高いので、走行時の疲労も溜まりにくい設計になっています。

WTBの軽量タイプのおすすめクロスバイク用サドル、VALCON PROになります。 ベースに切り込みを入れることで軽量ながらクッション性はだいぶアップされています。 クッション性に優れている事で疲労を軽減させます。また、人気の穴あきタイプのサドルで、通気性に優れており、ムレを抑えながら、サドルのズレのリスクを軽減しています。

MCSELLE(マクセラ) Pulsar サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

マクセラのおすすめクロスバイク用のサドルです。自転車において歴史のあるヨーロッパで高く評価された「mcselle」は、RODEMTBを問わず、品質の高さとより機能的な自転車コンポーネントとして注目されています。多種多様なライディングを確実にサポートするために設計・開発に力を注いで作られています。

OUTERDOバイクシート人間工学のワイドサイクリングシート

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

シートチューブ、分割シートポストのおすすめクロスバイク用サドルです。厚手で拡幅デザインに通気性の向上と快適さを提供します。反射ステッカー付きで夜間でも他のドライバーに自分の存在を知らせ、安心してクロスバイクにライディングする事ができます。

GORIX(ゴリックス) スタイリッシュレーシング自転車サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GORIXから発売のおすすめクロスバイク用サドルです。やや柔らかめのサドルで快適な乗り心地を実現させています。 デザインもGOODで愛車のカスタマイズにも最適、人気のある開口タイプのクロスバイク用サドルです。

ROCKBROS(ロックブロス)サイクリング マウンテン自転車サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スタイリッシュでフィット感の高いデザインと高い機能性を持つコストパフォーマンスに優れたモデルのおすすめクロスバイク用サドルです。穴空きデザインで通気を保ち、お尻のストレスを軽減するとともに、サドルとの間のムレを防ぎます。

selle sanmarco(セラ サンマルコ) エラ ダイナミック パワー サドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

おすすめクロスバイク用サドルです。このサドルはマイクロフィールを採用しています。マイクロフィールは、通気性が良いうえにきわめて磨耗に強い素材です。これまでサドルに最適とされてきた人工皮革のロリカよりも5%軽量で35%も耐久性の高い素材です。の素材は環境にもやさしく、廃棄時も生態系に悪影響を与えません。

スポンサードサーチ

あると便利なサドルバック

バイクで出掛けている間、コンパクトに荷物を持ち運ぶことができ、最近では機能性が高いものやデザイン性の高いものが販売されています。大きさも様々で、必要な荷物に合わせて選んで購入することも可能です。

最近では、防水加工されており、雨の日だけでなく大会や絶対に濡れてはいけないものまで収納できるタイプもあります。
ポケット付きのものはすぐに荷物が取り出せるため、レースに参加する方だけでなく、趣味でバイクに乗っている方からも注目を集めています。

サドルバッグの選び方と人気おすすめ10選

クロスバイクサドルの痛みを改善

意外と高さを気にしたことがない方も多いですが、痛みを軽減するだけでなく正しいフォームで乗るためにもとても重要なポイントです。

乗り心地にも大きく関係する部分なので、違和感を感じている方も高さが自分に合っているか、確かめてみてください。

サドルの正しい高さは、座ったままでは足がつかない高さが正しい高さです。

自分自身で調節している方もいますが、初めての方や痛みが無くならない方は、クロスバイク店に行って高さ調節をしてもらうことをおすすめします。

スポンサードサーチ

自分にあったクロスバイク用サドルを選ぼう

ここまでおすすめのクロスバイク用サドルを紹介してきました。サドルも同じようで少しずつ違うものですので、店頭で購入する場合などは試乗することもおすすめします。ぴったりのクロスバイク用サドルを見つけ最適なサイクリングを楽しみましょう。

合わせて読みたい!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。