あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fitness

家庭用トランポリンの人気おすすめ10選&効果的な使用方法も紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/05/01

更新日 :2020/05/27

家庭用のトランポリンの選び方と人気おすすめ10選を紹介します。
短時間で運動効果が得られると言われているトランポリン。

5分間トランポリンを飛ぶと、1kmジョギングした運動量に相当すると言われています。子供の体力やバランス感覚を養ったり、大人の日頃の運動不足を解消するのにピッタリです。

今回は家庭で使用できるトランポリンの選び方のポイントとおすすめ10選をお届けします。

目次

スポンサードサーチ

トランポリンの効果

トランポリンは子供が遊ぶための楽しい遊具ですが、トレーニング器具としても優秀です。

NASAの宇宙飛行士のトレーニングでも使用されるぐらい実は高い運動効果があるのです。

ではどのような効果があるかを具体的に紹介していくことにしましょう。

ダイエット効果

トランポリンは基本的にはただジャンプするだけの運動ですが、ダイエット効果があることが最近注目されています。
なんと5分ジャンプするだけで1kmジョギングするのと同じ運動量になるのは少し驚きですね。

この運動効率の良さがダイエットに効果的と言われる秘密です。

ジョギングやランニングマシーンを使った単調な運動はきついですよね。
その点トランポリンは楽しみながらできるため、やる気を失うことなく長続きしやすいのもダイエットに向いています

お好みの曲を聴きながらするとより楽しくできますよ。

リンパ浄化作用

トランポリンは全身運動であることからリンパ浄化作用がどの運動よりも優れていると言われています。トランポリンの上下運動でリンパの流れが飛躍的に向上することで様々な効果があるのです。

リンパの流れがよくなると老廃物が排出されやすくなりデトックス効果は抜群で、新陳代謝もよくなりむくみの解消や美肌にもプラス作用があります

さらにたった2分間の運動でリンパ器官が浄化され、白血球が3倍も増加し免疫力アップまで期待できます。

バランス感覚の向上

トランポリンにはバランス感覚を向上させる効果もあるとされています。トランポリンはバランスが悪いとうまく上下にジャンプし続けることはできません。
そのためジャンプし続けるためには、無意識のうちにバランスを取ろうとしながら跳び跳ねています。

最初は上手くいかなくても、慣れてくればたいていの人は徐々にちゃんと跳べるようなり自然とバランス感覚が身につき跳んでいる時の姿勢も良くなります

トランポリンを跳ぶときだけでなく普段の姿勢もよくなるという効果もあります。

子供におけるトランポリンの効果

一般的に運動能力の基礎は10歳までに確立されると言われています。

トランポリンは楽しくできることもあって子供の運動能力の基礎作りにはうってつけです。

ここでは、子供にとってのトランポリンの具体的な効果について紹介していきたいと思います。

楽しみながら柔軟性・バランス力が鍛えられる

トランポリンは身体全体を使いながら跳び跳ねるという動作をバランス良く繰り返していくことになります。
トランポリンをバランス良く跳び続けるためには、膝や足首などの関節を柔らかく動かしたりしなければいけません

つまり継続してトランポリンで運動していくとバランスを感覚が養われ、それと同時に関節の可動範囲も広くなり体も柔らかくなるということです。

このようにして子供は楽しみながら、知らず知らずのうちに柔軟性やバランス感覚を身につけていきます

体幹が鍛えられる

トランポリンはジャンプする時のバランスだけでなく、空中でのバランスを取ることも必要です。
では空中でバランスを取るためには何が必要だと思いますか?

実は空中でバランスを取るために必要なのは体幹の強さなのです。
体幹とは胴体部分のことで、最近よく聞くインナーマッスルが特に鍛えられます

インナーマッスルは意識して鍛えるのも難しいのですが、トランポリンをするだけで自然に鍛えられるのはすごいですね。

体幹を鍛えることで体が強くなりスポーツをした時には怪我をしにくくなります。

俊敏性が鍛えられる

「俊敏」という言葉は「才知に優れていて常に正しい判断や行動が素早く取れること」という意味があります。
子供にとって俊敏性を身につけるトレーニングはなかなか難しそうです。

しかし、トランポリンを飛び跳ねている間、脳は素早く「状況の把握」、「次の行動の判断」、「体の動かし方の指令」を繰り返しています
まさに俊敏性を身につけるために自然に、しかも楽しくトレーニングしていることになるのです。

俊敏性を身につけると記憶力や集中力の向上につながり、学習能力が高まることも期待できるそうです。

スポンサードサーチ

トランポリンの選び方のポイント

スプリング式orゴムバンド式

家庭用トランポリンにはスプリング式とゴムバンド式があるのを知っていますか?

その特徴を知らないとどちらを選んだらよいかわかりませんよね。

口コミで選ぶのもいいですが、それぞれの特徴とメリット・デメリットを自分で理解して選びましょう。

スプリング

スプリングタイプのトランポリンのメリット・デメリットは以下の通りです。
メリットとしては、


  • ばねが故障しても取り換えが簡単

  • 耐久性がある


デメリットとしては、


  • トランポリンを使うときにギシギシと音がする(人によっては不快、近所迷惑にもなる)

  • ばねにはさまって怪我をする危険性がある


音が出ると近所迷惑になるような住宅やマンションでは音に配慮する必要があります。

音に配慮できる環境でばねの音が気にならない、なにより丈夫で長持ちのトランポリンがいいという方にスプリングタイプがおすすめです。

ゴムバンド

ゴムバンドタイプのトランポリンのメリット・デメリットは以下の通りです。
メリットとしては、


  • トランポリンを使うときの音が静か

  • ばねに挟まれる心配がなく安全


デメリットとしては、


  • ゴムが破れると取り換えが利かないため買い直しになる

  • スプリング式に比べて耐久性は低い

ゴム式のトランポリンは音が非常に静かで場所を選びませんし、スプリング式と違い挟まれて怪我をする心配がありません
ゴム式だと安心して使えますね。

幼稚園以下の小さいお子さんのいるご家庭におすすめです。

手すりの有無で選ぶ

トランポリンの中には手すり付きのトランポリンもあります。
手すりがあれば掴まりながら安全にジャンプすることもできますし、手を離していてもいざという時につかまって転倒を防げます。

子供用のトランポリンを購入する時にはぜひ付けておきたいアイテムです。

小さいお子さんでも安心して使えておすすめです。
ただし、手すり自体に頭をぶつける可能性もあるので、様子を見て必要と思ってから後付けタイプの手すりを購入しても良いでしょう

耐荷重で選ぶ

トランポリンによって耐荷重が異なります。

子供が使うのか、大人が使うのか、大柄な人が使うのか、使う人の体重にあった耐荷重が設定されているかどうかを確認して選びましょう。

直径の大きさで選ぶ

家庭用のトランポリンの直径は100cm前後が多いです。
また、直径が大きくても折りたたんで収納できるトランポリンもあります。

使う環境に合ったサイズのトランポリンを選びましょう。

折りたたみ機能で選ぶ

家庭用のトランポリンはバネ式でもゴム式でも折りたためるものがほとんどです。
ただ、折りたたみやすさは商品によって異なり、足をねじ式で取り付けるものと、ちゃぶ台のように足を内側にぱたんと折りたためるものがあります。

ねじ式の折りたたみトランポリンは一度組み立てると折りたたみが面倒なので、部屋のスペースが狭くなって嫌な人はちゃぶ台式の方が出し入れはしやすいでしょう。
折りたたんだトランポリンを収納して持ち運べる袋が付属している商品もあります。

トランポリンを買う前に知っておくべき注意点

トランポリンは比較的大きな家庭用トレーニング器具なので、買ってから「こんなはずではなかった」後悔しないために知っておいてほしいことがいくつかあります。
「誰が使うのか」「どこで使うのか」「どのように使うのか」など、トランポリンの使用目的によって注意することは変わってくるでしょう。
使う場面を想定しながら参考にしてみて下さい。

親が見ていないところでは危険がある

トランポリンは自分が思った以上に空中でのバランス感覚が必要です。

特に小さい子供は体幹がしっかりしていないので、真っすぐに跳べずにバランスを崩してトランポリンから飛び出してしまうこともあります。
また、トランポリンを跳び馴れてくると、トランポリンを使って危険な遊びが始まってしまうこともあり、大きな事故に繋がることもあるので注意が必要です。

親の目の届く場所にトランポリンを置き、最初に跳び方やトランポリンを使うときのルールを徹底するようにしましょう。

実は破れやすいカバー

トランポリンの周囲を覆っているカバーはビニール製のものが多く、破れやすくなっています。
というのも、素材の性質上の経年劣化はもちろんですが、トランポリンを跳ぶときに踏んでしまったり、バネが動くことで引っ張られてしまうからです。

大人であれば真っすぐに跳ぶことが出来るのでカバーを踏まないように注意できますが、子供が使うとなるとそうも言っていられません。
トランポリンを買う際に、替えのカバーが買い足せるかどうかチェックしておくとよいでしょう。

騒音や振動の対策が必要になる場合も

自分でトランポリンを跳んでいるとわかりませんが、トランポリンの音や振動は思っているよりも大きいです。

トランポリンは普通にジャンプするよりも高く跳ぶので、自分の体重以上の荷重がトランポリンの足にかかっているので振動や音が大きくなるのは当然のことです。

戸建てならばトランポリンは1階に置くなどすれば多少気にならなくなるでしょう。
マンションやアパートの2階以上に住んでいる場合は、後で紹介する防音マットを敷くなどして対策するのもおすすめです。

トランポリンの下は掃除が大変

意外と細かい事かもしれませんが、トランポリンは場所を取り折りたたみにくいので動かしづらく、下にホコリが溜まってしまいがちです。
柵付きや手すり付きのトランポリンともなるとなおさらでしょう。

また、ジャンプしたときの衝撃に耐えられるように机などと比べて足がたくさんついているので、掃除機のヘッドがスムーズに入らないことも考えられます。

部屋の大きさや掃除機の特徴、移動のしやすさも考えた大きさのトランポリンを選びましょう。

スポンサードサーチ

騒音が気になる方は防音マットもおすすめ

トランポリンを跳ぶ音が気になる人におすすめなのが防音マットです。

特にマンションの高層階に住んでいる人には必須アイテムと言えるでしょう。
防音マットは厚みが最低10㎜あるものが防音の面でも床に傷をつけないという面でもおすすめです。
子供がもしトランポリンから飛び出してしまっても、マットが敷いてあると怪我の防止にも繋がります。

あまり柔らかすぎるとトランポリンが不安定になってしまい危険なので、EVA樹脂素材など高反発でグリップ力もあり、クッション性も高い物を選ぶと良いでしょう。

トランポリンをつかったおすすめエクササイズ!

・ウォーキング
少し跳ねるように意識して行います。床で歩いているときよりも、体を使うことで体力をつけることにも繋がります。

運動に自信がない方でも気軽にできるエクササイズです。腕を大きく振って、体を大きく使うことも意識しましょう。

・シザーズ
前後に開いた足を交互に入れ替えるエクササイズです。

ウォーキングよりも体を大きく動かすエクササイズで、下半身の筋肉をより動かすことができます。

・ニートゥエルボー
ジャンプした状態で、肘と膝をつけるトレーニングです。

体を丸めてくっつくように前屈みになりますが、体をひねるということを意識して行ってみましょう。

・ジャンプ
両足で着地とジャンプを高い位置を意識して繰り返します。
ただジャンプしているように感じる方もいるかもしれませんが、体幹を鍛えることができますし、疲れやすいエクササイズでもあります。

慣れてきたら腹筋に力を入れることも意識してみましょう。

・ツイスト
両足でジャンプした体をひねるエクササイズです。

上半身だけでなく、腰もひねって膝がしっかり腕と反対の方向に向くように意識しましょう。

・サイドキック
ジャンプしながら、交互に足をサイドに開くようなエクササイズです。

体の軸がぶれないように意識して、膝が曲がらないように注意しましょう。

・フロントキック
サイドキック同様のリズムで、キックする方向をフロントに変えたエクササイズです。

サイドキックよりもバランスが取りづらいエクササイズなので、大きく体を動かしながらも中心を意識してみましょう。

・レッグカール
膝を後ろに曲げて、かかとを触るエクササイズです。

軸を意識して、バランスをしっかり取れるようにしましょう。体が左右にぐらぐらしないように注意してください。

・ダッシュ
まずはウォーキングから始め、トランポリンの上でダッシュするエクササイズです。

反発力が得られないので、つらいと感じる方も多いですが、しっかりとももを上げることと同じ位置を足が踏めるように意識しましょう。

スポンサードサーチ

トランポリンの人気おすすめ10選

DABADA(ダバダ) トランポリン 大型102cm【耐荷重110kg】

ダバダ トランポリン 大型102cm【耐荷重110kg】

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 直径約102cm×高さ22cm
カラー イエロー

アウトドア・フィットネス用品メーカーであるDABADAの折りたたみできるトランポリンです。
直径は102cmで、対荷重は110kgまで対応しているので大人でも使用できます

バネは金属の突起部分が少ない設計になっていて、バネ部分はカバーで隠れています。万が一、カバーの間に足が落ちても怪我をしにくい構造になっています。

カバーのカラーが20色もあるので、使う人の好みや部屋のインテリアに合わせて選べる点がおすすめのトランポリンです。脚は6本です。

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) フォールディング トランポリン 36 IMC-63 折りたたみ式 家庭用
サイズ 直径91x高さ22cm
カラー シルバー
素材 スチール(粉体塗装)・ポリ塩化ビニル・ポリプロピレン・天然ゴム

フィットネス・トレーニング器具ブランドである鉄人倶楽部のトランポリンです。
折りたたみはできませんが、脚を取り付けるだけですぐに使うことができます。

直径は91cmとコンパクトなので小さいトランポリンが欲しい人におすすめです。

対荷重は80kgです。金属バネなので金属音がしますが、バネが劣化しても別売りのバネに取り替えれば長く使うことができるトランポリンです。

ホームジャンピング DR-6600
サイズ 92×92×20cm
カラー グリーン×ブラック
素材 スチール

フィットネス、美容機器等を展開しているAEROLIFE(エアロライフ)のトランポリンです。
折りたたみはできませんが、脚を取り付けるだけですぐに使うことができます。

直径は92cmで、対荷重は85kgです
金属バネですが、全てのバネにマジックテープのカバーがつけられており、またバネ全体を防音効果の高いカバーで覆ってあるので、ジャンプしたときの音が静かな点がおすすめです。

ネットが強化縫いされていて破れにくいトランポリンです。

RIORES (リオレス) トランポリン 102cm 耐荷重110kg 折り畳み式 静音型 家庭用 大人用 子供用

リオレス トランポリン 102cm 耐荷重110kg 折り畳み式

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 102cm
カラー オレンジ
素材 【本体】スチール/【マット】PP/【カバー】PVC

RIORES(リオレス)の折りたたみできるトランポリンです。
直径102cmで、対荷重は110kgです。36本の金属バネが使われていて高い跳躍力を持ちます。

カバーのカラーが12色あり、お部屋に合わせて選べる点がおすすめのトランポリンです。

ロゴが剥がれないように塗料素材を強化し、劣化しにくいです

トランポリン 大人用 ゴム製 ハンドル付 折りたたみ 直径130cm ワイド サイズ 耐荷重100kg 安全 静音

トランポリン 大人用 ゴム製 ハンドル付 折りたたみ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 直径 約 130cm×高さ(脚) 約 25cm 高さ(ハンドルまで) 約 113cm 跳躍面 約 90cm
カラー ブラック
素材 スチール、PP、TPE他

フィットネスクラブの東急スポーツオアシスの折りたたみできるトランポリンです。
直径130cmで、対荷重は100kgです。跳躍面の直径が90cmと広いので、本格的にトランポリンでトレーニングしたい方におすすめです。

ゴムバンドをより多く設置するために六角形になっています。42本のゴムバンドが留められていて、耐久性に優れています。
跳躍面、カバーとゴムバンドとをつなぐ部分は5重に縫われていて丈夫です。

また、カバーと跳躍面が縫い付けられているので脚がカバーの隙間に入ることがありません。
ハンドル付きなのでバランスに自信がない人でも使いやすいトランポリンです。

MRG トランポリン 102cm
サイズ 102cm×22.5cm
カラー レッド
素材 スチール(トランポリン本体)、PP(ゴム)、PVC(カバー)

MRGの折りたたみできるトランポリンです。直径102cmで、対荷重は100kgです
跳躍面にロゴがないのでジャンプしてもインクが剥がれません。

ゴムバンドを使用していて、小学校やトランポリン教室などの教育機関で使われているトランポリンとほぼ同じ構造です。

小さい子供と一緒にトランポリンを楽しみたい人におすすめのトランポリンです。カバーを外した状態でも使えます。

サイズ 全体寸法:約360(梯子含む)(幅)×313(奥行)×254(高さ)cm
カラー ブラック グリーン
素材 特殊加工ポリプロピレン

10FT (直径:304cm) 大型トランポリンは子供におすすめのトランポリンであり、安全性に特化しています。

トランポリン全面にネットを取り付けることができる仕組みになっていることでトランポリンから落ちてしまうことがありません。そのため、小さな子供でも利用することが可能になっています。

また、トランポリンの上に乗るために梯子も取り付けられていることで子供が自力で上ることもできます。小さな子供にトランポリンをさせたい場合におすすめのトランポリンです。

トランポリン 補助手すり付き 大型102cm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 102cm
カラー ブラック

トランポリン 補助手すり付き 大型102cmは横長に伸びているハンドルが取り付けられているトランポリンです。

横長のハンドルなため、横移動しながらも跳ねることができ、さまざまな跳び方を行うことができます。また、大型のトランポリンであるため、心おきなくジャンプすることが可能になっています。

ハンドルの高さは自由に調整できるようになっているおかげで子供から大人までハンドルを利用して跳ねることができます。ハンドル部分にはスポンジが取り付けられており、手に優しいです。

NEOLEAD HO!!PS エアー 遊具 エア遊具 くまさんバウンス

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約2200×2150×2500
素材 PVCターポリン生地製

NEOLEAD HO!!PS エアー 遊具 エア遊具 くまさんバウンスは子供専用のトランポリンであり、運動目的より遊び目的でトランポリンを子供にさせたいと考えている人におすすめです。

見た目が可愛く仕上げられていることもあり、子供も受け入れやすくなってします。

専用のブロワを使用することで簡単にバルーンを膨らませることができます。トランポリンを囲むようにバルーンがあるため、子供が怪我をしてしまうリスクは限りなく低いです。

大型であるため、多くの子供が一度に楽しむこともできます。

トランポリンの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

家庭用のトランポリンの選び方と人気おすすめ10選を紹介しました。サイズや耐荷重はトランポリンによって様々です。

また、安全面への配慮や静音設計などもトランポリンによって異なります。

トランポリンを使う人や環境に合わせて、自分に合ったトランポリンを選びましょう。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定