あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
road bike

【ロードバイク用】アイウェアの選び方と人気おすすめ10選

スポシル編集部

公開日 :2018/04/25

更新日 :2020/07/17

ロードバイク用アイウェアの人気おすすめ10選を紹介します。ロードバイクに乗っているときは風や埃などのゴミ、紫外線から目を守ることは重要です。選び方のポイントを押さえて、快適にロードバイクを楽しみましょう。

目次

スポンサードサーチ

アイウェアとは?!

アイウェアとは

ロードバイクで使用するアイウェアとは、一般的にサングラスのことを示しており、さまざまな障害から眼球を守ることができます。

アイウェアは紫外線から目を守ることができるだけではなく、虫が目に入ることを予防したり、タイヤで跳ねた小石が飛んできた際に防げれる働きもあります。

また、風による眼球が乾いてしまうことも防ぐことができ、一年を通して装着することをおすすめするアイテムの一つでもあります。

アイウェアはさまざまなデザインに仕上げられている特徴もあるため、サイクリングをおしゃれにしたい人にとっても重要なアイテムでもあります。

アイウェアを装着してロードバイクを走行させることで得られるメリットは多いため、快適にサイクリングをする場合は事前に購入しておきましょう。

シングルレンズとは

シングルレンズとは、一眼レンズとも言われており、一枚のレンズで仕上げられているアイウェアをのことを示しています。

一枚のレンズで作られているため、視界を広く確保できるメリットがあり、安全性に優れている特徴があります。

カッコ良いデザインも多く販売されている種類ですが、値段が高く設定されている場合が多く、初心者の人ではなかなか手軽に購入することができません。

また、曇りやすいデメリットもあるため、曇り止めの加工を施す必要があります。

デュアルレンズとは

デュアルレンズは二眼レンズとも呼ばれており、それぞれのレンズがつながっていないタイプのレンズです。

視界は上記で紹介したシングルレンズと比べると狭くなっていますが、比較的安い値段で販売されている特徴があるため、手軽に購入することができます。

度付きレンズが使用することができるタイプはほとんどデュアルレンズであるため、視力が低い人や私生活でメガネをかけている人は必然的にデュアルレンズになりやすいです。

フィット性に欠けるデメリットがあるため、購入する前に良く確認することをおすすめします。

ロードバイク用アイウェアの選び方のポイント!

フィット感

ロードバイク用アイウェア選びでまず挙げられるのはフィット感です。

自身に合ったサイズでなければ走行中にブレてしまうだけでなく、不快感があれば長時間の走行に向かないのでしっかりとフィット感を確認しましょう。

レンズカラー

ロードバイク用アイウェア選びでは紫外線カットも重要ですが、レンズカラーによって視界も変わるので押さえておきたいポイントです。

天候や環境によって光の量も変わるので、それぞれに適したレンズカラーの選択がパフォーマンスに重要です。

重量

ロードバイク用アイウェアでは重量も気にしたいポイントです。

軽量で耐久性のあるアイウェアが一番であり、耐久性が高くても重いとパフォーマンスは下がってしまうのでつけてみた重量感も確認しておきたいポイントです。

スポンサードサーチ

レンズの種類!

アイウェアに使用されているレンズには、さまざまな種類があります。

レンズの種類が異なることで見え方も大きく変わるため、購入しようとしているアイウェアに使用されているレンズが何なのかを良く確認するようにしましょう。

調光レンズとは

調光レンズは周りの明るさに対応して自動でレンズの色が変化する優れモノです。

アイウェアは、周りの明るさによってレンズの明るさも変える必要があり、適したカラーのレンズを選んでいないと視界を確保できなくなってしまいます。

一般的に周りが暗い環境であれば薄めの色のレンズがおすすめであり、周りが明るいのであれば暗めのカラーを選ぶようにしましょう。環境によってレンズの色を変えることは手間がかかってしまうだけではなく、お金もかかってしまいます。

しかし、調光レンズを一つ購入しておけばカラー違いのレンズを用意する必要がなく、交換する必要もありません。朝だけではなく、夕方や夜にもロードバイクを使用する人におすすめであり、一定時間帯にしか使用しない人によってはあまり重要性が高くはありません。

偏光レンズとは

偏光レンズとは、太陽などの光をさえぎる特殊なフィルムが貼り付けられていることで、眩しさを軽減してくれます。

そのため、眩しいと感じることが少なく、反射光で視界が遮られることを予防できます。反射光で眩しさを感じてしまうと視界が狭くなってしまうため、事故に発展してしまうこともあります。

反射光で眩しく感じている時間が長いと眼球にダメージを与えてしまうこともあり、偏光レンズの重要性は非常に高いです。そのため、太陽光が激しい夏場には重要性が高いレンズの種類でもあります。夏場にサイクリングを行う人におすすめのレンズです。

雪に反射する光もしっかりさえぎることができるため、雪のレジャーにも愛用されているレンズでもあり

調光レンズは周りの明るさに対応して自動でレンズの色が変化する優れモノです。アイウェアは、周りの明るさによってレンズの明るさも変える必要があり、適したカラーのレンズを選んでいないと視界を確保できなくなってしまいます。

一般的に周りが暗い環境であれば薄めの色のレンズがおすすめであり、周りが明るいのであれば暗めのカラーを選ぶようにしましょう。環境によってレンズの色を変えることは手間がかかってしまうだけではなく、お金もかかってしまいます。

しかし、調光レンズを一つ購入しておけばカラー違いのレンズを用意する必要がなく、交換する必要もありません。朝だけではなく、夕方や夜にもロードバイクを使用する人におすすめであり、一定時間帯にしか使用しない人によってはあまり重要性が高くはありません

プリズムレンズとは

プリズムレンズは最近販売されているレンズであり、眩しさを軽減できるだけではなく、自然の色彩で確認することができる特徴があります。

アイウェアは眩しさを軽減するために視界全体が暗くなってしまう場合もあります。暗くなることで普段見ているカラーとかけ離れてしまうため、確認しづらいデメリットがあります。

しかし、プリズムレンズの場合は、視界全体の色彩が実際の色彩とほぼ変わらないため、極端に視界が暗くなることが嫌な人におすすめです。視界の色彩が変わることがあまりなく、単純に眩しさだけを軽減することに成功しています。

注目度が向上しているレンズであり、アイウェアを装着することで視界が暗くなってしまうことに抵抗がある人におすすめのレンズです。

度付きレンズとは

度付きレンズとは、視力が弱い人におすすめのレンズであり、メガネやコンタクトをはずした状態でロードバイクを使用する人におすすめです。

度付きレンズの場合は交換することが前提であるため、二眼レンズの種類を選ぶことが一般的です。

度付きレンズを選ぶ場合は、自身の視力とともに適した度のレンズを選ぶことが必要になります。

左右の目でも視力に違いがあらわれることも多く、そのような人の場合は、左右の視力に適した度付きレンズを購入することをおすすめします。
普通のメガネを装着したままロードバイクを走行させることは非常に困難であるため、アイウェアに度付きレンズを取り付けるようにしましょう。

度付きレンズは事前に自身の視力を測定して、把握しておくことが大切です。

人気メーカー!

ロードバイクのアイウェアを販売しているメーカーは数々ありますが、人気のメーカーも当然存在しています。初心者の方はアイウェアを選ぶことが難しくなっていますが、人気のメーカーを知っておくことで、アイウェアを選ぶ時間を短縮することもできます。

オークリー

オークリーはアイウェアを販売している大手メーカーであるため、さまざまな種類が販売されている特徴もあります。

そのため、ロードバイク初心者の方がアイウェア選びで悩んでしまった場合は、オークリーのアイウェアを購入することをおすすめします。
人気メーカーであるため、購入後に後悔してしまうことが少なく、満足いく仕上がりになっていることが多いです。

オークリーが販売しているアイウェアは仕上がりに力を入れているアイウェアであるため、完成度に高いことが伺えます。

ロードバイク以外にも陸上などの競技でも使用することができるサングラスを販売しているメーカーでもあるため、さまざまな目的でサングラスを購入しようと考えている人が愛用しているメーカーでもあります。

スポンサードサーチ

ロードバイク用アイウェアの人気おすすめ10選!

OAKLEY サングラス Jawbreaker ジョウブレイカー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー フレーム: Carbon Fiber / レンズ: Prizm Trail

OAKLEY サングラス Jawbreaker ジョウブレイカーはレンズの交換の手間がかからない仕組みになっているため、簡単にレンズを交換することができます。

レンズ交換の手間を軽減することで、適したレンズに交換する頻度も高くなり、視界を良好にすることも可能です。

アイウェアはレンズを交換することが前提のアイテムであるため、レンズ交換の手間がかからないことは大きなメリットです。

レンズ交換が面倒と感じてしまう人におすすめのアイウェアでもあります。

KASK(カスク) OPEN CUBE WHT/BLK S ASIAN WHT/BLK S

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ホワイト&ブラック

KASK(カスク) OPEN CUBE WHT/BLK S ASIAN WHT/BLK Sはハーフフレーム構造により、どのような環境下でもレンズが曇ってしまうことを防ぐことができます。

そのため、ロードバイクで走行中にレンズが曇ってしまい、視界を確保できない人におすすめのアイウェアです。

また、ノーズパッドが二段階調整することが可能であり、フィット感を高めることができます。デザイン性に優れているだけではなく、機能性にも優れている特徴があります。

サイクリングアイウェア自転車サングラスマウンテンバイク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック

サイクリングアイウェア自転車サングラスマウンテンバイクスポーツ防爆ゴーグルはコストパフォーマンスに優れているアイウェアです。

アイウェアはさまざまなメーカーが販売しており、有名なメーカーが販売しているほど価格が高くなってしまいます。

そのため、ロードバイク初心者の人が購入しづらいアイテムの一つになっていますが、安い価格で販売されていることもあり、手軽に購入することができます。安いアイウェアを探している人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

カラー Blue Violet

bolle(ボレー) B-Rock Matte White Blue Violet AF 12200はロードバイクを走行する姿勢でも視界がゆがまないように設計されている特徴があります。

ロードバイクは前傾姿勢で走行することが基本であるため、普通のサングラスでは視界が歪んでしまうことがありますが、そのような現象が起きにくいです。

そのため、ロードバイクを使用する際に適したアイウェアです。頭にフィットする設計にされているため、走行中にずれてしまうことがなく、悪路を走行する場合でもしっかりフィットします。

ルディプロジェクト(RUDYPROJECT) スポーツサングラス ロードバイク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ レンズ幅:141mm - テンプル長:118mm - 高さ:44mm
カラー ブラック
素材 ポリマー素材

ルディプロジェクト(RUDYPROJECT) スポーツサングラス ロードバイクはフィット性に優れているアイウェアであるため、衝撃が加わってもずれてしまったり、外れてしまうことがありません。

また、ヘルメットを着用した際でもフィット感が得られるように開発されている特徴もあります。

ノーズパッドがポリマー素材で作られていることもあり、さまざまな顔の形の人でもフィットするようになっています。アイウェアに対してフィット感を重視したい人におすすめです。

サングラス クリア調光レンズ Aeromax

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー Modulator Clear Grey

サングラス クリア調光レンズ Aeromax Matte Black Modulator Clear Grayは全方位視野補正レンズが取り付けられていることで、視界を広く確保することができ、障害物などの感知をいち早くすることができます。

アレルギーフリー素材が使用されていることもあり、アレルギーがある人でも安心して装着することが可能です。

また、耐久性に優れている特徴もあり、落としてしまっても壊れてしまうことがなく、長く愛用し続けることも可能になっています。

Nunulu 屋外の男性のサングラスの道サイクリングメガネ

Amazonで詳細を見る
カラー レッド・ブラック
素材 高品質のポリカーボネート

Nunulu 屋外の男性のサングラスの道サイクリングメガネマウンテンバイクはデザイン性に優れている特徴があります。

デザインと言ってもさまざまなジャンルに分類することができますが、カッコ良いデザインやユニークなデザインに分類されています。

そのため、他の人とアイウェアが被りたくないと考えている人におすすめであり、おしゃれ感を出すことができます。また、さまざまな服装にもコーデしやすい特徴もあるため、幅広い人が使用しているアイウェアでもあります。

カラー Modulator Brown Emerald

bolle(ボレー) Aeromax Matte White/Mint Modulator Brown Emerald oleo AF 12270は水や油をはじくコーティングが施されている特徴があります。そのため、汚れにくい特徴があり、手入れにかかる手間を少なくすることができます。

汚れが付きにくい特徴があるため、綺麗に使用し続けることも可能です。

汚れてしまった場合は、水で洗うだけで綺麗にすることができます。力を入れて洗ってしまうとコーティングが剥げてしまうこともあり、注意しましょう。

WEIZHONGXIANG- 7色のサイクリングサングラスアウトドア

Amazonで詳細を見る
カラー レッド

WEIZHONGXIANG- 7色のサイクリングサングラスアウトドアは軽量化されている特徴があります。

軽量化されているアイウェアを装着することで頭にかかる負担を少しでも軽減することができ、長距離走行することを前提でロードバイクを使用する人におすすめのアイウェアでもあります。

軽量化されていると耐久性がかけてしまっているという印象をもたれやすいですが、軽量化されているにも関わらず、衝撃に強い特徴もあります。

ルディプロジェクト(RUDYPROJECT) スポーツサングラス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ レンズ幅:141mm - テンプル長:118mm - 高さ:44mm

ここにテキストルディプロジェクト(RUDYPROJECT) スポーツサングラスはカラーバリエーションに富んでいるアイウェアです。

そのため、好みのカラーを選ぶことができ、満足いくアイウェアを購入することができます。また、デザイン性に優れている特徴があるため、アイウェアをおしゃれアイテムとして使用したい人におすすめです。

軽量化もされていることもあり、装着感に優れている特徴もあります。長時間装着し続けても疲れることがないため、快適なサイクリングを行うことができます。

ロードバイク アイウェアの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

ロードバイク用アイウェアの人気おすすめ10選を紹介しました!

フィット感やカラーリングなどのポイントを踏まえ、環境やコンディションなど自身に合ったロードバイク用アイウェアを選ぶことでパフォーマンスのサポートをしましょう。

レンズの種類によってんも様々な特徴があるので、自身にあった用途でレンズも選択してください!

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定