あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
ultimate

アルティメットって何?基本ルールをわかりやすく説明!

スポシル編集部

公開日 :2019/03/29

更新日 :2020/06/03

アルティメットという競技をご存知でしょうか?
皆さんご存知のフライングディスク(=フリスビー)を使った競技のひとつが、アルティメットという競技なのです!フリスビーはただの遊び道具だと思っていましたか?実はスポーツにも使用されているのです。

今回はそのフリスビーを使った競技である、アルティメットのルールを徹底解説いたします!
詳しいルールから、反則について、また競技が行われるコートの詳細情報など、アルティメットの基本がたっぷりとつまった記事になっています。
アルティメットに興味のある方、これから競技を始めてみようかな?というかたは、ぜひ参考にしてください!

目次

スポンサードサーチ

アルティメットとは

みなさんはフライングディスクというものをご存知でしょうか。今回の記事のテーマであるアルティメットで使用されるボールのようなものです。
このフライングディスクとは、公園の芝生などで使用するフリスビーのことです。昔は玩具としてのみ使われていました。

現在では、その飛行特性を生かして12種目のスポーツとしてのフライングディスク競技があります。
その競技の中の1種にアルティメットがあります。
アルティメットとは、走る・投げる・跳ぶといった様々な能力が要求されるスポーツです。バスケットボールとアメリカンフットボールを合わせたような競技です。
細長いサッカーコートのような場所で行われ、味方同士でフライングディスクをパスしてつなぎ、エンドゾーンを目指します。エンドゾーン内でディスクをキャッチすると、得点となります。得点で勝敗が決まる競技なのです!

アルティメットの基本ルール

アルティメットについて、知りたい、!これから競技を始めたい!という方は、まずルールについて詳しく知る必要があります。
ここからは、アルティメットのルールを徹底解説します!
ルールの特徴を、選手の人数、得点、試合時間などから見ていきましょう。

アルティメットのルールの主な3つの種類を解説します。


  • 人数

  • 得点

  • 試合時間

人数

アルティメットの試合に出ることができる選手の人数を紹介します。
アルティメットは、2チームが戦って得点を競う競技です。1チームあたりの人数は、5~7人で構成されています。
交代についてですが、得点が入ったとき、次のスローオフの準備完了までの間、人数制限なしで交代できます。また、交代は得点が入ったときであれば、何回でもすることができます。
けが人が出て、交代せざるを得ない場合は、相手チームも、同人数までの交代を認められます。

得点

アルティメットの試合は、得点数で競われ、ゴールをした場合に得点となります。味方同士でパスをつなぎ、ディスクを落とさないようにして、エンドゾーン内でキャッチできればゴールとなります。
世界国際大会では、17点を先取したチームの勝利となります。(※大会によっては15点、21点先取などもあります)

試合では、2チームがそれぞれオフェンスとディフェンスに分かれます。得点が入るごとに攻守交代です。また反則があったときや、パスを敵に取られてしまったとき、ディスクがコート外に出てしまったり地面に落ちてしまっても攻守交代です。
どちらかのチームが9点先取した時点で前半終了です。
後半は、前半にディフェンスをしたチームがオフェンスからのスタートになります。
後半までに17点先取したチームが勝利です!

試合時間

最後に、アルティメットの試合の時間について解説します。
アルティメットは、基本的にはどちらかのチームが決勝点をとるまで、試合が続きます。
ただし国内の大会では試合時間が定められている事もあります。大会によって制限時間が定められているか否か変わってくるので、しっかりチェックしてくださいね!
制限時間をつける場合、「〇〇分経過時点で決着がついていない場合、点の高いチームに+〇点をつける」などのタイムキャップをつけている大会もあります。
しかし基本的には試合時間に制限がないため、とにかく体力勝負の競技なのです!

スポンサードサーチ

アルティメットの反則

アルティメットには反則ルールが設けられています。
反則をしてしまうと、攻守交代となってしまいチャンスを逃してしまう可能性があります。
また、アルティメットはセルフジャッジであるため、ルールや反則を理解していないといけません。
しっかりと反則ルールを確認して、競技に臨みましょう。
以下、反則についてまとめました!
アルティメットの反則についての以下の6つを解説します。


  • ファール

  • トラベリング

  • ストーリングアウト

  • ピック

  • ストリップ

  • ダブルチーム

ファール

反則行為のファールについて解説します。
2人以上の異なるチームの選手同士が、偶発的ではなく故意に身体接触する反則を、ファールといいます。ファールは、接触された選手のみが、自己申告することができる。
ファールを申告した場合でも、申告した側がディスクの所有権を得る又は持続できる場合は、プレイを続行します。しかし、ファールを申告した側にディスクの所有権がない場合は、プレイは一旦中断され、ファールの起こった場所からスローオフして再開となります。

トラベリング

続いて、反則であるトラベリングについて解説します。
トラベリングとは、バスケットボールのルールで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
ディスクを持った選手が、3歩を超えて歩いたもしくは走った場合、トラベリングとなり反則になります。
軸足が移動してしまった場足もトラベリングとみなされますので注意しましょう。

トラベリングをしてしまった場合は、反則前の位置に戻り、ディスクの所有権を交代してプレイを再開します。

ストーリングアウト

次に、ストーリングアウトという反則を解説します。
ディスクをキャッチした選手は、持ってから10秒以内にディスクを離さなければいけません。
ディフェンスであるマーカーが、ディスクを持って投げようとしているスローワ―に対して、3メートル以内の位置についてから「ストーリング!」とコールしてから、「1,2,3,4,・・・・」とカウントをしていきます。10カウント数え終わった時にまだディスクを持っていたらストーリングアウトという反則となります。
その反則を申告された時点で、ディスクの所有権が相手に移ります。

ピック

反則の中でも、ヴァイオレーションの1つである、ピック。
ピックとは、走路妨害のファールであります。
正確には、相手選手の動きを故意に妨害する動きやポジションをとり、身体接触を起こさせようとすることです。また、相手の進路を、故意かどうかにかかわらず横切ることをいいます。
妨害された選手がピックと申告しなければ、そのままゲームは進みます。
申告されるとプレーは中断。ピックが起こったと思われる状態まで戻して、ゲームを再開します。

ストリップ

次はストリップという反則の解説です。
ディフェンス側の選手が、オフェンス選手のスローワーまたはレシーバーの所有しているディスクをはたいたり、オフェンス選手自身に対するファールを行って、ディスクを落としたり奪ったりしてきた場合は、ストリップというファールとなります。
スポーツマンシップにのっとってプレイしている人がほとんどですから、この反則はあまり多くは見かけませんが、された場合はストリップ!と申告しましょう。

ダブルチーム

最後に、チームという反則について解説します。
ディフェンスチームで、ディスクを持っているスローワーの軸足を基準にした半径3メートル以内につけるのは、たった一人だけと決まっています。
3メートル以内に2名以上がマークに入った場合は、ダブルチームという反則になります。

大抵、ゾーンディフェンスをしてくるチームは、ダブルチームという反則スレスレでしかけてきます。厳密に3メートルかわからない場合がほとんどですが、躊躇せず「ダブルチーム」と叫びましょう!

アルティメットのコートサイズ

アルティメットのコートを解説いたします。
アルティメットは、サッカーコートを細長くしたようなコートで行われます。
長さ100メートル×幅37メートルのコートです。
コートやラインをしっかり理解して、点数の入るゾーンがどこなのか、どこからがアウトになってしまうのかをしっかり覚えておきましょう。


  • エンドライン

  • エンドゾーンの一番外側のラインで、コートの幅の長さである37メートルあります。相手チームにも同じラインがあります。

  • サイドライン

  • コートの両サイドのラインをサイドラインと言います。その長さは、エンドラインから向こうのエンドラインまで、100メートルあります。

スポンサードサーチ

明日からアルティメットを体験!人気オススメフリスビー10選

アルティメットを楽しんだり、試合に臨んだりする上で欠かせないアイテムの一つがフリスビーです。

USAU公認のフリスビーだけでなく、これからフリスビーを始める一歩を踏み出す人に向けた遊びでも使えるフリスビーまで幅広く紹介します。全身運動として楽しめるアルティメットやフリスビー遊びを行えるよう、種類も豊富にある中から最適なフリスビーを選んでみてください。

ラングスジャパン(RANGS) ウルトラスター ホワイト 175g アルティメット・スポーツディスク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

アルティメットの公式戦でも使用

ディスクラフトのフリスビー・ウルトラスターは、WFDFやJFDAにも公認されたスポーツディスクの定番として評されています。

直径27cmで重量175gであり、カラー選択は合計10色もあるので、好みのカラーを揃えてアルティメットの練習に励めます。
アルティメット競技用ディスクとしても使用されているので、本番を想定した技だけでなく戦術も組み合わせながらこのフリスビーを使ってシミュレーションしやすくなります。公式戦では白がメインで使用されるので、本番想定した購入なら白をおすすめします。

DISCRAFT スカイスタイラー 160g フリースタイル・スポーツディスク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

定番ディスクで本番さながらの腕磨き

ディスクラフトのフリスビー・スカイスタイラーは、WFDFやJFDAといった世界や日本の協会から公認を受けている定番ディスクです。

直径27cmで重量160gであり、本番さながらのアルティメットの練習用にも使いこなせます。白・黄・青・橙の4色から選べますが、中央には大きくスポーツディスクのデザインを施しています。
本番を見据えて、アルティメットで試したい動きや難度の高いテクニックを試すことで、緊張感を高めるための使い方もできます。

YIKUN DISCS フライングディスク

Amazonで詳細を見る

USAU公認フリスビーで安定した実力を発揮

YIKUNのUSAU公認フリスビーになり、アルティメット競技用定番ディスクとしても使用されています。

ライトカラー4色から選べますが、直径273mmで重量は175gで認定仕様での練習には最適です。激しいアルティメットで使用しても長持ちするよう耐久性に優れるだけでなく、上質のエコ原材料を使っているので手への感触も良いです。

また、フリスビーを飛ばした際の安定性と対空性能を向上させるために、Headrick滑り止め線を改善させることでより安定したプレーを発揮できます。

パンチが効いたデザインに軽量で使いやすい

カイザーのフリスビー・ストームで、赤と黒の渦を描いたようなパンチが効いたデザインディスクです。

直径30cmで従来品と比べても大型サイズにはなりますが、ポリエステル素材を使用し、重量も125gで軽量フリスビーなため、子供でも投げやすく取りやすくなっています。スィングアウト、サイドワインダーをはじめ、バックハンドキャッチなどの高度な技にも練習で挑戦しやすい仕様です。対象年齢は6歳以上の子供から使えるので、運動をしっかりさせる良いツールにもなります。

ラングスジャパン(RANGS) フリスビー マックスコースター

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

航空力学に基づいたシンプルデザイン

ラングスジャパンのマックスコースターは、従来の円形フリスビーとは異なり、輪の形状で持ち手も握りやすくなっています。

赤タイプと青タイプの2種類ありますが、中央にラインが入っているシンプル仕様で、重量も85gとかなりの軽量で扱いやすいです。元は航空力学に基づいてデザインされたこともあり、軽い力で遠くまで飛ばせる飛距離を実現できます。

また、フリスビーの安定飛行と性能を発揮してくれるので、まだフリスビーに慣れていない場合に試すのにおすすめです。

LMXQQ LEDフライングディスクUltimate

Amazonで詳細を見る

LEDで光る加工で一味違ったフリスビー

LMXQQのフライングディスク・アルティメイトで、ディスク中央がLEDライトで光る加工がなされています。

従来のフリスビーの使い方としても十分対応でき、軽量でありながら防水加工も施された丈夫な素材で製造されています。直径25cmで大型サイズにはなりますが、運動機能を鍛えるために子供や犬と使用したり、アルティメットの練習用として使用したり用途様々に扱えます。

LEDのオンオフは、ディスク裏面のスイッチを使って簡単に切り替えできます。

LMXQQ フリスビーフライングディスクブルートゥーススピーカー

Amazonで詳細を見る

LED・スピーカー・ブルートゥースなど機能満載

LMXQQのフリスビーには様々な変わった特徴が搭載されています。LEDライトが点灯するだけでなく、ワイヤレススピーカーが搭載されて音楽を流しながらフリスビーを楽しめます。

スピーカーはブルートゥースタイプになっていますが、磁器吸引充電式で簡単操作で行えます。重量は998gで電気系統を搭載している分重量もありますが、娯楽だけでなくアルティメットで使用も問題ありません。

LED電飾が付いているので、ナイトゲームとして一味違ったフリスビーを楽しめます。

TING 子供フライングディスク

Amazonで詳細を見る

変形させて子供の発達に刺激を与える

TINGの子供用フライングディスクですが、従来の丸型ではなく花型になっており、変形可能な円盤ボールとしても遊べます。

花型は23cm四方のサイズですが、変形させると直径15.5cmにも及ぶ球状にもなります。本格的フリスビーを始める前に、子供の成長や運動機能を促していくための刺激を与えるには最適で、3歳以上を対象とした子供から使用可能です。

環境に優しいABS原料を使用し、見た目のボリュームよりも軽量で親子で体を動かすのにも使用しやすいフリスビーです。

ラングスジャパン(RANGS) ドッヂビー 235 クロスビーム

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

柔らか素材で安心して使用できる

ラングスジャパンのドッヂビーで、柔らかく安全な素材を使用して、子供が使っても安心できます。

サイズは直径200mmから600mmまで全部で4サイズから選べ、外側はナイロン、内側はウレタンを使用して軽くて安定感も良いです。水に浮くため、水辺でのレジャーにも使いやすく、屋外でアルティメットを行う上でも使用のしやすさがポイントになっています。
ボールの代わりにフリスビーを使って遊ぶドッヂビーの道具として豊富な使い方ができます。

Airman Hero disc 235 V-model 10枚ボリュームセット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

お得なフリスビー10枚セット

エアマンのフリスビー10枚ボリュームセットになっており、フリスビーを使うすべての遊び方に使用できます。

中央のロゴをあしらった以外は無地のシンプルデザインですが、黄・橙・白の3色から選べます。直径235mmでジュニアサイズよりも大きいですが、PE素材で耐久性に優れています。
アルティメットだけでなく、アキュラシーやディスタンスといったフライングディスク競技の練習にも最適ですし、犬と一緒に遊べるサイズとして用途幅広く使用できます。

まとめ

アルティメットについて、ルールや反則について、またコートの詳細を徹底解説しました。
アルティメットの基本事項がたっぷりと詰まっています。
これからアルティメットに挑戦してみたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定