あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
mountain climbing

登山用サングラスの選び方と人気おすすめ10選!【2020年最新版】

スポシル編集部

公開日 :2018/04/05

更新日 :2020/06/23

登山用サングラスはオークリーやタレックスなど、様々なスポーツメーカーから発売されており、フィット感や軽量性など商品ごとにいろいろな特徴があります。

また、用途によっても選ぶべき商品に違いがあります。

そのため、初心者の方は特に、サングラスを選ぶ際にどのメーカーの商品を選べば良いのか、迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、Amazon・楽天などの売り上げ上位の商品をご紹介するとともに、「SPOSHIRU編集部が」おすすめする登山用サングラスをたっぷりとご紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

登山にサングラスは必要なの?

登山にサングラスをかけていくことは、自身の安全を守る上でとても重要です。

まず、サングラスが務める大きな役割の一つが眼球の保護です。紫外線は肌と同様に、目にもダメージを与えます。角膜や網膜に強い紫外線が当たると炎症が起こり、目の痛みや充血を引き起こします。登山中に目に異常が起きると、安全に登山を続けることは困難になりますね。また蓄積された目のダメージは将来、白内障などの病気を引き起こす可能性があります。

そして、もう一つの重要な役割は地面からの反射をカットし、足元の視界をクリアにすることです。足元が良く見えないと怪我や事故に繋がり、大変危険です。

標高が高い山に登ると、地上にいる時と比べて1000m上がるごとに10%紫外線量が増えます。登山へは、紫外線カット加工がしっかりと施されたサングラスをかけていくことをおすすめします。

登山サングラスの選び方

自分に合った登山サングラスはどのように選べばよいのでしょうか?

登山用のサングラスは視界をクリアにしてくれる色や度付きかどうかに加えて、ずり落ちてこないフィット感も考慮して選ぶことが大切です。

サングラスに違和感があると登山に集中できなくなってしまいますよね。

登山サングラスの選び方を以下の2つのポイントから解説します。


  • フィット感

  • 度付き

フィット感

登山サングラスを選ぶポイントの1つはかけた時のフィット感です。

登山はスポーツのような激しい動きではないものの、身体が上下左右に動くため、サングラスがしっかりフィットしていないとずり落ちてきてしまうことがあります。ずり落ちてきたサングラスをいちいち直していると、登山に集中できなくなってしまいます。

そのため、顔の形に合ったサングラスを見つけることが重要になります。サングラスには、人種ごとの顔の特徴を考慮して設計されたモデルがあります。日本人はアジアンフィットと呼ばれるタイプを選ぶことをおすすめします。アジアンフィットは鼻当てが大きく設計されているなど、彫りの浅い顔用にデザインされたサングラスです。

度付きかどうかで選ぶ

視力が良くない人は、度付きのサングラスがおすすめです。
日帰り登山やハイキングならば、コンタクトを装着してサングラスをかけることもできます。しかし、登山中に汚れた手で、コンタクトのケアをするのは難しいです。加えて、山小屋などで宿泊する日程を組む場合は、コンタクトのケア用品を持っていかなければなりません。登山はなるべく少ない荷物で行きたいですよね。そんな時は、サングラスに度が入っていると便利です。

度付きのサングラスはお店で視力検査をしてから作る場合が多くなります。少々値段は高くなりますが、作ったサングラスは登山だけでなく、車の運転やランニングにも使えます。

登山の醍醐味の一つである景色や、安全なルートの確認は目で見て行うものです。視界をクリアにできるサングラスを選びましょう。

スポンサードサーチ

最近流行りのおしゃれなサングラスは?

最近は登山をする人が増えたため、登山の装備にもおしゃれなスタイルを取り入れたものが多く販売されています。

登山サングラスでは、従来のスポーツタイプのサングラスと違い、普段のおしゃれに取り入れやすい丸みのある形のサングラスに人気が出ています。おしゃれな登山サングラスでポピュラーな型として、レンズの形が正方形のようなウェリントン型や丸いレンズのボストン型があります。

ボストン型はおしゃれ上級者の印象がありますが、ウェリントン型は様々なファッションに取り入れやすいタイプです。おしゃれなサングラスは登山の気分を盛り上げてくれるだけでなく、普段使いもできて一石二鳥と言えますね。

レンズの色による効果

色は時に人体への影響を及ぼすことがあります。これは学術的にも色彩心理学という分野で証明されています。

建築物や、服の色、肌の色など、人間は色を使っていろいろな感情や物事を識別させていることが多いです。
また、スポーツ選手に関しては好きな色をわざと自分のユニフォームやカバン、グッズに入れこむことで精神の安定や落ち着きを取り戻させようとしている人もいます。

人間にとって色とは様々な意味合いを持つ大事なツールといえるでしょう。ただ色にはそれぞれ違った影響を及ぼす効果があります。以下に示す色にはどんな精神的効果があるのでしょうか?

ブルー系

ブルー系の色は主に、人間の精神を落ち着かせる効果があるとされています。

看護師や医師などの医療関係者のユニフォームに、ブルー系の色を取り入れることが多くなったのは、患者に対して落ち着いた色を見せることで患者の不安や心配、焦りを少しでも軽減させる効果が期待できるからとされています。

グリーン系

グリーン系の色を見て想像できるのは〝森〟や〝葉〟などの自然ですよね。
その関係から、グリーン系の色からは創造性を向上させる効果が期待できるとされています。

また、色合いでいえばブルー系に少し似ているところがあり、リラックス効果も期待されています。

ピンク系

ピンク系の色は人間の苛立ちを抑える効果が期待されています。

1979年に行われた海外の研究では明るいピンクの牢屋に囚人を入れたところ、囚人の攻撃性がすぐに低下し、筋肉が弛緩したという結果が出ています。

また、囚人の苛立ちや不満感も大幅に低下し、スイスでは刑務所の20パーセントで、1つ以上の牢屋がピンク色になっているくらいなのです。

イエロー系

イエロー系の色には親近感や親しみやすさ、開放感などが生まれる効果があると期待されています。

黄色は主に幸福を表すため、晴れの日などのイエロー系の色で気分が良くなるのはこの色の効果かもしれないとされています。

パープル系

紫は赤と青が混ざった色です。そのため、特性や効果も赤と青、両者を含んだ効果がでると期待されています。
つまり、パープルには落ち着きや安定をもたらす反面、赤のようなアドレナリンがでるような興奮に似た効果をもたらすことがわかっています。

ブラック系

ブラック系の色は効率やスマートさを生みだす効果があるとされていますが、同時に攻撃性も増加させてしまうこともあるとされています。

黒い服は女性が着ると〝スマートなかっこいい女性〟という印象を持たれやすく、逆に男性は、白を基調とすることで印象が良くなります。

スポンサードサーチ

登山サングラスの人気おすすめメーカー

登山サングラスはたくさんのメーカーから販売されていますが、その中でも機能・性能が特に優れている2つのメーカーをご紹介します。

サングラスは山で浴びる紫外線から目を守るために必要な装備です。人気もあり、信頼できるブランドのサングラスを選ぶことをおすすめします。

登山サングラスのおすすめ人気メーカーは以下の2つです。


  • オークリー

  • タレックス

オークリー

オークリーは1980年代からアイウェアを販売しているアメリカのメーカーです。

オークリーのサングラスは全て、プルトナイトという特許素材を使用することで、非常に優れた耐衝撃性を実現しています。目の保護においてオークリーに優るメーカーはありません。オークリーのサングラスはプルトナイトがレンズの1成分として使用されているため、UVコーティングをしたサングラスと違い、傷がついてしまったとしてもUVカットの効果が持続するという特徴があります。

そして、オークリーのもう一つの特徴がかけ心地を追及していることです。かけていることを忘れてしまうほど軽いサングラスと評価されています。また、アジアンフィットというタイプのサングラスは彫りの浅いアジア人向けにデザインされたタイプで、かけ心地とフィット感に人気があります。

タレックス

タレックスは世界で唯一の偏光レンズ専門メーカーです。40年以上も、有害な光を除去し、クリアな視界を実現するフィルター機能をレンズに持たせるための技術開発を行っています。
タレックスレンズの視界は非常にキレイであると評価されており、愛用者が多いメーカーです。光の透過率は他社のものと変わらなくても、タレックスのレンズは視界が明るく、より自然に近く見えます。

レンズは全て自社生産で、製造工程の60%が人の手によって行われています。
そして、レンズの種類が豊富で、自社のフレームだけでなく、他のメーカーのフレームにタレックスのレンズが採用されているサングラスもあります。
タレックスのレンズはプロショップとして認定されたお店でしか買うことができません。品質の管理が徹底されたメーカーと言えます。

登山サングラスの人気おすすめ10選

高品質・高機能なレンズは有害な紫外線から目を守る上でとても重要です。

フィット感を重視したスポーツタイプのものや、登山におすすめのレンズ色である黒いレンズを中心に登山サングラスのおすすめ10選を紹介します。

OAKLEY サングラス HALF JACKET2.0 9153-04 POLA

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レンズタイプ 偏光
可視光透光率 10%

登山だけでなく、どんなスポーツシーンにも使える偏光レンズを使用したサングラスです。オークリーの高品質偏光レンズは視野のゆがみがなく、かけて数秒で裸眼のような自然な視界になります。

レンズの下半分はフレームがないデザインで、シャープですっきりとしたフォルムはシンプルながら非常におしゃれです。

OAKLEY サングラス HALF JACKET2.0は光の透過率が10%と低いため、晴天などの明るい環境に向いています。加えて、地面や水面からの反射光を99%カットし、眩しさを軽減します。

YAYGOD 変色調光サングラス 偏光サングラス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レンズタイプ 調光・偏光
可視光透光率 紫外線の強さにより変化

偏光サングラスは偏光に加えて、変色調光機能が付いています。変色調光とは、紫外線量によりサングラスの色の濃さが変ります。暗いところでは透明~明るいところでは濃い色のレンズになります。

登山中、サングラスを外して収納するのは手間だし、荷物になります。YAYGOD変色調光サングラス 偏光サングラスは眩しさを自動で調節してくれるので、朝から夜までかけっぱなしにできるのは非常に便利ですね。

AXE オーバーグラス ハイコントラストレンズ リアルック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レンズタイプ 偏光
可視光透光率 34%

メガネの上からかけるタイプのオーバーサングラスです。光の透過率が34%と明るめのレンズで、曇りの日に向いているサングラスです。

花粉症の季節などで一時的にコンタクトの使用を控えている期間、度付きのサングラスを作るのは面倒だな、という場合はメガネの上からかけられるタイプのサングラスがおすすめです。

幅145㎜高さ46㎜以内のメガネであれば上からかけることができます。

adidas サングラス アイウェア 調光レンズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レンズタイプ 調光
可視光透光率 紫外線の強さにより変化

黄色のポイントカラーがおしゃれな調光タイプのサングラスです。シャープでスポーティーなデザインですっきりとした見た目です。

フィット感を向上するための工夫が施されています。ノーズパッドの幅、レンズとフレームの角度調整を調整することで、どんな顔にでもフィットします。
さらにレンズの交換が非常に簡単にできるため、使用するシチュエーションに合わせてレンズをカスタムできるのも嬉しいポイントです。

レンズタイプ 偏光
可視光透光率 49%

TALEX CR-39 偏光レンズを採用した偏光タイプのサングラスです。

軽いかけ心地で見え方に違和感がないため、長時間サングラスをかけていても疲れないと評判です。
タレックス社の偏光レンズのおかげで、眩しさを抑え、視界が非常にくっきりとします。景色を楽しむのには最高のサングラスと言えるでしょう。

Zeque CAVAROはシックでナチュラルなデザインで、登山ファッションから普段着まで幅広く合わせることができます。

SWANS スポーツ 偏光 サングラス ゴルフウォーク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レンズタイプ 偏光
可視光透光率 27%

晴天から曇りに適した偏光サングラスです。

スワンズは100年以上の歴史を有する老舗ブランドで、プロゴルファーの石川遼選手をはじめとしたプロアスリートにも支持されています。
偏光レンズの性能が良く、景色がくっきりと見えます。また、可視光の透過率が丁度良く設定されているため、朝から夕方まで長い時間使用することができます。

フィットしている分、まつ毛の長い人はまつ毛がレンズに当たってしまうという口コミもありますので、試着してからの購入をおすすめします。

レンズタイプ 偏光
可視光透光率 30%

TALEX CR-39 偏光レンズを採用したサングラスです。偏光度が99%と、最高品質の偏光サングラスであることに間違いありません。

Zeque STELTHは反射光や雑光を極限まで抑える偏光機能だけでなく、物の輪郭のコントラストを強調する性能と、サングラスをかけたときに気になる視界の色調変化抑えるという性能も併せ持っています。
そのため、景色がくっきり、自然な色で見える最高の登山グッズの一つと言えます。

コールマン メガネの上から偏光サングラス オーバーグラス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レンズタイプ 偏光
可視光透光率 20%

メガネの上からかけるタイプの偏光サングラスです。

大きめの設計でメガネの上からかけても窮屈さを感じません。また、視野を狭めないために両端に危険防止レンズという小さいレンズがあります。このおかげで、圧迫感が減り、左右もしっかりと見渡すことができます。

顔とサングラスの間にすきまが殆どできないため、無駄な光をしっかりとシャットアウトでき、日差し対策にはバッチリです。また、顔にしっかりフィットするので動いてもズレたりすることはありません。

レンズタイプ 偏光
UVカット率 100%

偏光タイプのサングラスです。デザインはスポーツタイプのシャープな形をしたサングラスです。登山、ゴルフ、ランニング、釣りと幅広い用途に使うことができます。

レンズは、UVA、UVB、UVCを100%カットします。さらに、偏光の性能が高いため、反射の眩しさを抑えても視界は暗くならず、木陰など明るさが急に変わる場面でも対応できるサングラスです。

SWANS スポーツ サングラス エアレスウェイブ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レンズタイプ 偏光
可視光透光率 27%

偏光タイプのサングラスです。細身でシャープなデザインはすっきりとした印象を持たせてくれます。

エアレスウェイブは空のペットボトルよりも軽い15gで、かけている感覚がほとんどないくらいの軽量サングラスです。

スワンズは日本人の顔の形に合わせたサングラスをデザインしていますが、エアレスウェイブは弾力のあるフレーム素材のためどんな顔の人にもフィットしやすくなっています。

スポンサードサーチ

登山サングラスの売れ筋ランキングもチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

登山サングラスの失敗しない選び方とおすすめ商品をご紹介してきましたが、いかかでしたか?

サングラスと一口に言っても、様々な種類や特徴を持ったものがあります。

自身のレベルや目的に合わせ、より登山が楽しめるサングラスを探してみてください!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定