あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
boxing

【ボクシング】ウェルター級徹底解説!過去最強ウェルター級ボクサーは?

スポシル編集部

公開日 :2019/03/18

更新日 :2019/03/18

ボクシングといっても、17階級に分かれていて、階級ごとに「平均身長」「体重」など、それぞれ細かく決められています。
ボクシングに興味を持ち始めた人ならば、わからないことが多いと感じるはずです。

特に、ウェルター級は17階級のうち、11番目に軽い階級なので中重量級にあたります。そのせいか、これまでに日本人王者が誕生していません。

今回はボクシングのウェルター級にクローズアップして、ウェルター級の特徴と歴代史上最強王者を紹介します。
ボクシングの試合を観戦する際、ぜひ参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

ウェルター級とは?

ボクシングには現在、17階級に分かれています。そのうち、ウェルター級は11番目に軽い階級にあたります。

平均身長は、175~177センチ。体重(キロ)は、63.50~66.68キロ。 体重(ポンド)だと、140~147ポンドの選手がウェルター級となります。

ボクシングに階級制が誕生したのは、1746年。当時のボクシングは、エンターテイメント性が高いパフォーマンスという位置づけ。 そのため階級も、ヘビー級とライト級の2階級のみ。

2階級から6階級に細分化されたのは、20世紀初頭のこと。 フライ級、バンタム級、フェザー級、ライト級、ミドル級、ヘビー級になりました。

6階級から10階級にさらに細分化されたのが、20世紀半ばのことです。

スーパーバンダム級、スーパーフェザー級、スーパーライト級、ライトヘビー級が新たに誕生。

10階級制でしたが、さらに細分化され現在の17階級制になりました。これは、自分に合った階級で戦えない選手が増えたのが理由だといわれています。

ウェルター級以上はボクシンググローブが違う?

中重量級にあたるウェルター級以上は、使用するボクシングが違うのを知っていますか。

ウェルター級以上の階級は10オンス、ウェルター級より下の階級は8オンスのグローブを使用することが決められています。(1オンス=約28グラム)

これは、ボクシングが17階級に細分化されているからです。 例えば、軽量級の選手と重量級の選手が同じ8オンスのグローブを使用してしまうと、重量級の選手には軽すぎて、パンチによるダメージが高まってしまいます。

そういったことを避けるために、階級によってグローブの重さを変えているのです。

ボクシングのグローブには、8オンス、10オンス、12オンス、14オンス、16オンスの5種類があります。

試合では、8オンスもしくは10オンスまでしか使用しません。12オンス以上はトレーニング用です。

スポンサードサーチ

ウェルター級の歴代史上最強王者紹介!

先述の通り、ボクシングが17階級制になってから登場したウェルター級。

そのウェルター級では、日本人王者が誕生していませんが、過去に数多くの選手が活躍しています。

ここでは、シュガー・レイ・ロビンソンさんをはじめとする歴代史上最強の王者を紹介します。

  • シュガー・レイ・ロビンソン
  • ホセ・ナポレス
  • フロイド・メイウェザー
  • シュガー・レイ・ロビンソン

    シュガー・レイ・ロビンソンさんは、アメリカ・ミシガン州デトロイト出身。貧しい農家の息子に生まれました。

    13歳のときに、警察署のジムでボクシングを本格的に始めたのが、プロボクサーを志したきっかけ。 当時は、ボクシング以外にバスケットボールを楽しむなど、運動神経が抜群でした。

    15歳のとき、高校中退したことがきっかけで、ボクシングに専念することを決意。19歳だった1940年にプロデビューを果たします。

    1952年に一度、現役引退を表明しましたが、1955年に現役復帰。 結局、1965年11月10日、世界ミドル級1位のジョーイ・アーチャーさんと対戦し、10回判定負けを喫したのを最後に再度引退となりました。

    戦績は、201戦174勝(109KO)19敗6分2無効試合

    シュガー・レイ・ロビンソンさんの持ち味は、カウンター。この動画を観るとわかるように、何発も細かく打つカウンターは圧巻です。

    その他にも、常に主導権を握るボクシングが特徴的。テクニック、パワー、打たれ強さを存分に活かして主導権を握っていました。

    ホセ・ナポレス

    ホセ・ナポレスさんの持ち味は、攻防を並行してできること。一般的に、ボクシングというのは相手選手が攻撃していると、どうしても自分からは攻撃できなくなり、守備への比重が高くなりがち。

    この動画だとわかりにくいかもしれませんが、ホセ・ナポレスさんの場合、優勢や劣勢どちらの状況になっても、常に何かしら打ち続けています。 こうすることで、相手のパンチをかわせられるだけでなく、相手への攻撃にもなっているのです。

    左ショートフックのダブル、トリプル、右アッパーなど、ホセ・ナポレスさんのパンチは攻撃だけでなく、防御にも繋がっています

    とにかく、試合開始からKOになるときまで、すべての動きが完璧で流れるような動きなのは、「マンテキーヤ(バターのような)」と称賛されるほどです。

    フロイド・メイウェザー

    フロイド・メイウェザーさんの持ち味は、ディフェンス力。相手選手にジャブを打つと、すぐさま距離感を保つよう、下がるのがフロイド・メイウェザーさんのスタイル。 そのため、KO率が低いです。

    戦績が50戦50勝 27KO 無敗であることからもわかるでしょう

    ボクシングファンからは、「ポイント稼ぎ重視のつまらないボクシング」と言われがちです。

    この動画ではわかりにくいですが、左腕をダラっと下げ、相手に顔面を見せ、右腕でL字ブロック(L字ガード)と呼ばれる独特なスタイルでディフェンスします。

    この構え方は、相手に顔を見せているので、非常にリスクが高いです。相手選手のパンチの打ち方を読んで逃げ切る動体視力がないとできません。

    とにかく、なかなか真似できないスタイルだといえるでしょう。

ウェルター級での日本人の活躍は?

ウェルター級は、ボクシングファンからは人気の階級。それだけ世界的に注目される階級ですが、日本人王者が未だかつて誕生していません

過去には、日本のウェルター級王座を12回も防衛した辻本章次さん、龍反町さん、尾崎富士雄さん、佐々木基樹さんが世界タイトルマッチを行いましたが、いずれも王座獲得失敗。

数年前までフロイド・メイウェザーさんとマニー・パッキャオ選手が君臨。現在も数多くの有名選手が活躍しています。

ウェルター級は、動きやパンチ、ディフェンスがすべて優れている欧米の選手ばかりなので、比較的小柄な日本人選手が戦うのは、難しいといえるでしょう

スポンサードサーチ

まとめ

ボクシング・ウェルター級の平均身長と平均体重、歴代史上最強王者について紹介しました。

ウェルター級が17階級のうち、11番目に軽い階級なので、これまでに日本人王者が誕生していません。

そのため、ウェルター級には馴染みがないと感じるかもしれませんが、世界的に注目される人気の階級です。

ウェルター級の特徴も知っておくと、ボクシング観戦がグッと面白くなるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定